プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

IT業界のキャリアプランを解説|転職活動で活かせる知識と例文

投稿日:

キャリアパス 男性 スーツ

IT業界のキャリアプランについてまとめました。

書類に書く際の例文、どんな職種があるのかをまとめています。IT業界のキャリアプランが分からない、書類にどう書けばいいか分からない人はぜひ参考にしてください。

IT企業に転職後の一般的なキャリアプラン

IT業界には多くの職務があります。未経験でもなれるものから、経験を積んでなれる上級職まであり、仕事内容もさまざまです。

自分がやりたい仕事にあった職務を選択してキャリアプランを考えるようにしましょう。

ここでは各職務の内容や必要なスキルについて解説していきます。

ITスペシャリスト

ITスペシャリストとは、ITの特定分野に特化した専門家のことです。

ITスペシャリストは、それぞれ固有技術の専門家として、システム開発において企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行います。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が定めるITスキル標準(ITSS)では、ITスペシャリストとして6つの専門分野が定義されています。

  • プラットフォーム
  • ネットワーク
  • データベース
  • アプリケーション共通基盤
  • システム管理
  • セキュリティ

ITスペシャリストになるには、その分野に特化したスキルや経験を身につける必要があります。ネットワークやデータベースなど、それぞれの分野を専門に取り扱う企業に転職するとよいでしょう。

SE、プロジェクトマネージャー

システムエンジニア(SE)とは、顧客からの要求を受けて仕様を決め、具体的に情報システムを設計する専門家です。

プログラマーはSEが作成した設計書をもとにプログラミングしていきます。SEは、顧客からの要求から具体的にプログラムに落とし込むスキルが必要ですので、プログラマーとして経験を積んだのち、SEになるのが一般的です。

プロジェクトマネージャーは、前提・制約の中で品質・コスト・納期に責任をもってプロジェクト全体を管理し、プロジェクトを成功に導く職務です。

プロジェクトを成功させるためには、ITスキル以外にもマネジメントスキル・コミュニケーションスキルが求められます。

システム開発プロジェクトでは、多くのSE、プログラマーと協力して行います。リーダー経験が豊富なSEや、管理職の方がプロジェクトマネージャになるケースが多いです。

ITアーキテクト

ITアーキテクトとは、顧客の経営戦略やビジネスプロセスを考慮しながら、システム開発において顧客要件を分析し、システム全体を設計する専門家です。

システムエンジニアの上級職という位置づけであり、プログラマーからシステムエンジニアへと経験し、ITアーキテクトとなるのが一般的です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、企業の経営層から経営戦略や経営課題をヒアリングし、ITを活用してIT投資計画をサポートする専門家です。

仕事内容は、ITアーキテクトと一部重複する部分もあります。ITアーキテクトが技術的な面を重視するのに対し、ITコンサルタントは顧客の経営課題に対してITを活用し解決に導く点を重視しています。

ITコンサルタントはIT技術だけでなく、業務知識、経営戦略について深い知識を求められます。また、顧客の経営層に対して説明するだけの高いコミュニケーションスキルが必要です。

Webディレクター

WebディレクターはWebサイトを制作するチーム全体のリーダーです。システム開発プロジェクトにおけるプロジェクトマネージャと同じ位置づけとなります。

Webディレクターになるには、Webサイト制作の流れを把握するとともに、チーム全体の管理、Webサイトのデザイナーやプログラマーとのコミュニケーションなど、さまざまなスキルが求められます。

プロダクトマネージャーになる

プロダクトマネージャーとは、企業がもつ製品やサービス(プロダクト)についてマーケティング活動全般の権限と責任を持つ管理者のことです。

製品開発から宣伝、販売、流通まで幅広く携わり、顧客満足度を上げて利益を最大化することが目的です。

プロダクトマネージャーとプロジェクトマネージャーは言葉が似ていますが、役割がことなります。プロダクトマネージャーは「プロダクトの立案、生産」をします。

プロダクトを生産するにあたりプロジェクトを計画し、必要な人員、スケジュールからプロジェクトを遂行する責任者が、プロジェクトマネージャーです。

プロダクトマネージャーになるには、システム開発のノウハウ、業務知識が必要となります。まずその製品開発を行うプロジェクトのメンバーとして活動をしてからプロダクトマネージャとなるのが一般的です。

CTOになる

CTOとは「最高技術責任者」と訳されます。

企業を技術的側面から支える立場で、何かを開発するときや研究を進めていくとき技術が適切に利用されるように、関わる社員たちを監督し、その責任を負います。

CTOになるには、高いIT技術力はもちろんのこと、経営やマネジメントにおいて高いスキルが求められます。

社内SEになる

社内SEとは、所属する企業内で稼働する情報システムの開発・管理業務に携わる人をいいます。

通常SEは顧客(社外)の情報システムを設計・開発するのに対し、社内SEは担当するシステムを扱う人が社内の人間である点がSEとは異なります。

社内SEの仕事内容としては、自社内のパソコンや機器のトラブル対応、IT資産管理、社内システムの開発・管理などがあります。

フリーランスエンジニアになる

高い技術力と経験があれば、企業に所属せずフリーランスエンジニアとして活動することもできます。

フリーランスエンジニアは会社員と異なり、以下のメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 働く場所、時間に制約がない
  • 育児や介護などの対応がしやすい
  • 経費が自由に使える
  • 人間関係がシンプル

デメリット

  • 収入が安定しない
  • 社会的信用がない
  • 健康保険は自腹、お金の管理もすべて自分でしなければならない
  • 福利厚生がない

フリーランスエンジニアへの転職を考えても、さまざまな不安を感じる方もおられるでしょう。

そんな方にはフリーランスエンジニアに対して案件を紹介してくれるエージェントサービスの活用をおすすめします。

ITエンジニアがキャリアプランを決めるコツと注意点について

IT業界に転職する際にキャリアプランがあいまいだと書類選考や面接で不利になります。

仮に転職成功したとしても、自分のやりたいことができず不満を感じ「こんなはずじゃなかった」と後悔することも少なくありません。

キャリアプランを決めるコツと注意点について解説します。

ゴールと期間を決めて何年後(年齢)かの自分を意識する

現在の自分から「何年後に○○をする」「何年後に△△になる」というゴールを決め、その目標を意識しましょう。

たとえば、筆者はITエンジニアに転職後「10年後にプロジェクトマネージャの資格を取得する」という目標を立てました。

日々の業務でプロジェクトのメンバーとして参画する中で、プロジェクトマネージャの立場を意識した行動をするように心がけました。

結果、目標を立てた10年後に資格を取得し、プロジェクトマネージャーとしてのキャリアプランを実現できました。

キャリアプランを実現するためには、最初に実現のためのゴールを定めることが重要です。そして、1つ1つゴールを達成していくことで、キャリアプランの実現させることができます。

過去から現在の自己分析をして向き不向きを把握する

キャリアプランを描いても、必ずしも思った通りに進むとは限りません。

無理せずキャリアプランを変更することも考えましょう。たとえば筆者は、プログラマーからスタートしましたが、最初はより多くのことを経験することから始めました。

あるとき過去から現在の自分を分析し、最も自分に向いていると考えた職種を決め、キャリアプランを描いたのです。

IT業界は多種多様な職種があるため、多くのことに挑戦し、自分自分の向き不向きを分析して進むべきキャリアプランを見定めることも大切です。

1人で悩みすぎない

実際に行動に移すとなると、不安を感じる方も多いでしょう。

特にIT業界が未経験の方にとってはなおさらです。そのような場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。

IT業界に詳しいエージェントが、ご自身にあった企業や転職後のキャリアプランを紹介してくれます。

転職エージェントは無料で利用できます。転職の際にはぜひ利用してみてください。

プログラマー35歳定年説は嘘

プログラマー35歳定年説という話もありましたが、実際はどうなのでしょうか。

実際は、35歳を超えてもプログラマーとして活躍されている方はおられます。

理由は以下の3つです。

  • 近年のIT業界は人手不足、幅広い経験をもった30代以上の人材が求められている
  • ITスキル以外にもリーダーシップやコミュニケーションスキルが求められている
  • オンラインスクールや動画など、プログラミングを習得しやすい環境が整っている

現在では、35歳を超えてからプログラマーを目指される方もおられます。

35歳を超えると「新しい技術が身に付きにくい」「体力の低下」「管理職へのスキルチェンジ」といった理由で定年説が叫ばれていました。

しかし今では、35歳以上でも経験やスキルをもった人材が求められているのです。

女性エンジニアのキャリアプランは結婚と出産を考慮に入れる

女性エンジニアの場合は、キャリアプランに結婚と出産を考慮する必要があります。

特に出産〜育児休業では職場を長い間離れることとなり、復帰後も仕事と家庭の両立という大変な時期を迎えます。

最近では出産・育児に配慮のある企業も多いため、結婚・出産を機に転職される方もおられます。キャリアプランを考える際には、あらかじめ出産や育児に理解のある会社を知っておくとと良いでしょう。

この場合も転職エージェントの利用をおすすめします。企業のカルチャーや内情を教えてくれるからです。

IT転職する際のキャリアプランの例文

ITエンジニアに転職するとしても、さまざまな職種があり、未経験からの転職は難しい職種も存在します。

上級職への転職方法も踏まえ、ここでは、IT業界に転職する際のキャリアプランの例をいくつかご紹介いたします。

SE、プログラマーのキャリアプランと例文

プログラマー キャリアプラン例

システム開発を経験し、上級職へとキャリアチェンジしていくプランです。

システムの設計を極めるならITアーキテクト、システム開発プロジェクト全体を管理するならプロジェクトマネージャー、というようにご自身がやりたいと思う職種へ転職を考えましょう。

例文

たとえば、最終的にプロジェクトマネージャーをめざすキャリアプランであれば、以下のような形となります。

キャリアプラン例文

プログラマーとして開発経験を得た後、3年後には設計を担当し、5年後には開発チームのリーダーを担当したいと考えています。7年後には開発経験とリーダー経験を活かしてプロジェクトマネージャーになり、多くのプロジェクトを成功させたいです。

Web系エンジニアのキャリアプランと例文

webプログラマー キャリアプラン例

Web制作のエンジニアであれば、まずWeb制作のプログラマーを経験し、Webディレクターへ転職していくキャリアプランが一般的です。

管理の仕事は望まず、より活躍の幅を広げるためにフリーランスエンジニアとして活動する人もいます。

例文

たとえば、Webディレクターをめざすキャリアプランであれば、以下のような形となります。

キャリアプラン例文

WebプログラマーとしてさまざまなWeb制作を経験し、開発経験を得た後、少しずつ規模の大きなWeb制作にも挑戦していきたいと考えています。将来的にはWebデザイナーやライター、編集者からなるチームを結成し、チームを統括するWebディレクターとして活躍していきたいです。

IT企業と面接する際のキャリアプランの伝え方

IT企業と面接する際にキャリアプランを伝える場合は、以下の点をしっかり伝えましょう。

  • IT企業が自分のキャリアプランを活かせる場であると考えた理由
  • 自分がなぜそのキャリアプランに決めたか
  • そのキャリアプランを進める中で、IT企業にどのような貢献ができるか

企業は成長意欲や将来性について知りたいと考えています。

将来性について説明するためには、キャリアプランをしっかり伝える必要があります。自分がなにをしたいのか、それが企業にとってどんなメリットがあるかを伝えることで、採用担当の方に好印象を与えることができるでしょう。

IT転職で何故キャリアプランを考える必要があるのか?

IT業界は大変な人手不足です。

2020年4月以降は全体的な人材需要が落ち込みました。その中でIT業界は高水準の有効求人倍率をキープしています。

IT企業は優秀な人材を欲しがっています。しかしキャリアプランを明確に考えなかった場合、転職後に自分が考えていたイメージと異なり「こんなはずではなかった」と転職に失敗するケースも少なくありません。

キャリアプランをしっかり考え、IT企業との面接でそれを伝えることは、IT企業にとっても、転職する自分自身にとっても大変重要なことなのです。

キャリアプランの書き方、伝え方のサポートを受けたい場合

IT転職でキャリアプランの書き方、伝え方をチェックしてもらいたい場合はIT業界に強い転職エージェントがおすすめです。

以下のページに詳細、エージェントの口コミをまとめています。

IT業界への転職を必ず成功させたい!という人はぜひチェックしてみてください。

IT転職エージェント9選|職種ごとの比較表あり・IT未経験向けの情報あり

 

 

【PR】

DMM WEBCAMP

  • 特記事項: オンライン受講も可能です
  • 主催: 株式会社Infratop(DMMグループ)
  • 期間: 3ヶ月〜
  • 料金: 26,000円〜(分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

DMM WEBCAMPは転職保証付きのプログラミングスクールです。3ヶ月間のプログラミング学習と転職を支援するキャリアサポートで未経験からのエンジニア転職を実現します。HTMLからRubyまでWeb系開発に必要なプログラミング言語を総合的に学ぶことができるカリキュラムです。キャリアチェンジしたい人にオススメのスクールです。


TECH CAMP エンジニア転職

  • 主催: 株式会社div
  • 期間: 10週間 or 6ヶ月
  • 料金: 35,000円〜(24分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

『TECH CAMP エンジニア転職』は転職保証付きのプログラミングスクールです。もし転職できなかったら受講料を全額返済する保証サービスが付いています。コースは「10週間の短期集中スタイル」と「半年間の夜間・休日スタイル」があります。ご自身のワークライフに合わせて受講期間を選ぶことができます。本気でエンジニア転職したい人のためのプログラミングスクールです。

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2020 All Rights Reserved.