プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

IT企業と面接する時の服装・身だしなみを解説【基本はスーツです】

投稿日:

結論: IT/Web業界に限らず面接時は清潔感のある服装で挑もう

IT/web業界は私服で勤務できる会社が多いです。

会社によってはかなりラフな服装でもOKな所もあるのではないでしょうか。

しかし、面接もその感覚で行ってしまうと痛い目に合うかもしれません。

というのも服装をまったく気にしない面接官もいます。逆にメチャクチャ気にする面接官もいます。

外部の人間からすると面接官がどちらのタイプか分からないですよね。

なので清潔感のあるしっかりした服装が無難です。

「コイツTPOって言葉知らないのか?」

なんて能力と関係ないところで減点・不信感を持たれると損ですよね。

IT/web業界に限らず、面接時はラフな格好ではなく清潔感のある服装で挑むのが望ましいです。

服装の指定をされなければスーツで面接に行くのが基本

特に服装に関して何も言われていないなら、スーツが行くのが無難です。

何も言われていない = 私服OK

ではないので注意しましょう。

指定がない場合は往々にして「スーツで着てほしい」という意味です。

確かにIT/web業界の場合は面接官は私服であることが多いです。

ただ、こちらはあくまで審査される立場なので、スーツが良いでしょう。

リクルートスーツは控えよう

転職の面接でしたら、リクルートスーツは控えるようにしましょう。

リクルートスーツとは学生が就職活動の際に着るスーツのことを言います。

リクルートスーツを着て転職活動をすると、学生っぽい印象を相手に与えかねません。

リクルートスーツを着ると年齢に合ってない格好であると見なされ、相手に違和感を抱かせてしまうこともあります。

普段から私服で会社に行っている人はリクルートスーツしか持っていないかもしれません。

ただ、転職以外でも着ることはありますので買ってしまった方が良いでしょう。

買うのが面倒だという人は『スーツをレンタルする』という手段もありますが2日で6000円ほどかかります。

青山やAOKIなどの量販店でお安く手に入れた方がコスパが良いでしょう。

しわくちゃなスーツはクリーニングへ

スーツにしわが付いているのはNGです。

しわの付いたスーツはクリーニングに出して、しっかり綺麗にしておきましょう

しわくちゃなスーツですと『だらしない印象』『不潔感』を与えてしまいます。

クリーニングに出した綺麗なスーツを着用すれば、気持ちも自然と引き締まりますよ。

ネクタイ、靴、靴下、ベルト、バッグなどの小物関係の身だしなみ

ネクタイは青や紺のものか無難です。

青や紺のネクタイは『落ち着いた印象』『誠実さ』を表す色です。

IT/Web業界はコツコツと冷静に仕事をこなす感じですので、青や紺が合っていると言えます。

また靴はしっかりと磨いておきましょう。

靴はすぐに汚くなるにも関わらず、結構見落としがちな所です。

おしゃれは足元からと言いますが、面接時もそれは変わりません。

靴下は白い色を避けるようにしましょう。

白い靴下は黒いスーツと相性がよくありません。

靴下が白いとかなり目立ってしまいます。

同じような理由で、ベルトもスーツの色に合ったものを選ぶようにしましょう。

紺色のスーツでしたら茶色のベルトが相性が良いです。

バッグに関しても、色はやはり大人しめの黒や茶色、紺といったものが無難です。

バッグの大きさはA4の用紙が入るものを選ぶのがベストです。

履歴書や会社のパンフレットが入るサイズにしましょう。

寝癖・ボサボサな髪はNG、整えて行こう

寝癖があったりボサボサになっている髪は当然ダメです。

不潔感、仕事ができない印象を与えてしまいます。

髪はきちんと整えてから面接に向かいましょう。

面接前にシャワーを浴びてしまえば、寝癖が残っている心配はありません。

前髪が目にかかっていたりするのもマイナスポイントです。短く切ってしまった方が無難です。

女性のメイクは明るさを出す程度で

女性の場合、面接時は最低限のメイクは必要です。

面接時のメイクは、明るい表情をよく見せるようなものにしましょう。

「盛るためのメイク」というよりも「清潔に見せるためのメイク」を意識しましょう。

現職は私服、スーツだと「転職活動がバレる」場合

IT/Web業界だと現職で私服で通勤している人もいるでしょう。

スーツで通勤すると「転職活動していることがバレてしまうかも」と心配になる人もいるでしょう。

私服だった人がいきなりスーツを着てくる訳ですから「バレる」と思って頂いて良いです。

そういう場合の対処法ですが、スーツはコインロッカーに入れておくようにするのがベストです。

退勤時に私服からスーツに着替えて面接の場所に向かいましょう。

少し面倒ですが、バレたくない場合はこのような処置を取りましょう。

クールビズ期間の服装

夏場のクールビズ期間についてですが、特に指定がない場合はクールビズな格好にするのは止めておきましょう。

クールビズというのは、その企業の社内制度です。

社内の人達も外部に出向するときは上にジャケットを着用します。

面接を受けるのは外部に出向するのと同じなのですから、クールビズな格好で行くのはおかしいのです。

暑くて汗だくになってしまう場合は、面接会場に入るまでジャケットを脱げば良いのです。

手に持つときジャケットにシワが付くのに注意すれば問題ないです。

ネクタイの着用は迷うところです。ただ、迷ったら着用した方が良いでしょう。

夏場は暑いですので家から着用していくのではなく、持参して『面接前に身につける』くらいでOKです。

夏場に転職活動をするときの持ち物

夏場はハンドタオル or ハンカチが必携アイテムです。

面接場所まで結構歩く場合もあります。暑い中歩いていると当然汗をかきますよね。

汗だくの状態で面接に挑むと集中できません。面接官にも余計な心配をさせてしまいます。

なので夏場の転職活動はハンドタオルを持参することを忘れないようにしてください。

プラス、面接会場の最寄りに早めに着くようにしてクールダウンしておくことをオススメします。

「服装自由」「私服でお越しください」のような指定があった場合

「服用自由」、「私服でお越し下さい」などの指定が企業から入る場合もあります。

「自由で」なんて言われたら、どういう感じで行けばよいのか逆に迷ってしまいますよね。

そんな場合には、どう対応したら良いのかについて解説していきます。

「服装自由」な場合はオフィスカジュアルで

「服装自由」と言われた場合は、オフィスカジュアルで行くのが良いでしょう。

オフィスカジュアルは、私服の一種ではあるものの、特に相手に不快感・不信感を持たれることがありません。

また一部の企業では「服装自由」とは、オフィスカジュアルのことを指している場合もあります。

ですのでオフィスカジュアルで行けばどんな企業でも対応ができます。

「私服OK」な場合もオフィスカジュアルで

「私服OK」と言われるときもありますが、こちらの場合もオフィスカジュアルで行くのが基本です。

「私服OK」と言ってくる企業は、ありのままのあなたの姿を見たい、という意図があります。

しかしありのままでと言っても、どんな格好をしても良いという訳ではありません。

オフィスカジュアルなら、ある程度TPOをわきまえている格好になるのでおすすめです。

「スーツNG」と指定された場合もオフィスカジュアルで

エンジニアの中にはスーツを嫌っている人もいます。

スーツ嫌いなエンジニアが面接官の場合「スーツNG、私服で来てください」と指定されることもあります。

そんなときは十中八九ラフな服装(ジーパン、Tシャツ)でも問題ないですが、念のためオフィスカジュアルで行きましょう。

面接時のマナー【マナーは相手への気遣い】

面接する場所には30分前には到着しておこう

面接の場所には遅くとも30分前には到着しておくようにしましょう。

「早すぎない?」って思うかもしれませんが、何かトラブルが起きたときのことを考えると、余裕を持って行く方が良いです。

面接の場所まで行くのに道に迷ってしまったり、電車が大幅に遅れてしまった場合のために、30分余裕を持っておきましょう。

なお、電車が遅延し過ぎてどうしても時間に間に合わないときは、連絡をしておくことをお忘れなく。

また、よくありがちなのが、会社でビルの上層階にある場合、エレベータで上がるきに時間がかかるんですよね。

エレベーターを待っていて遅刻をしてしまってはいけません。

なのでやはり30分は余裕を見て到着しておくのがベストです。

ひとつひとつの挨拶を丁寧に行おう

基本的な挨拶ができない人もいます。

入室時は「失礼します」

座るときも「失礼します」

終わるときは「本日はありがとうございました」

などですね。

ひとつひとつの挨拶を丁寧に行うことで、印象がアップします。

「こんな基本的なこと出来て当然」と思うかもしれませんが、今一度ひとつひとつの挨拶・動作を意識して面接に挑みましょう。

名刺は両手で受け取ろう

名刺の受け取り方もきちんと基本を守りましょう。

名刺を出されたときは、必ず両手で受け取るようにしましょう。

また、相手が差し出した位置より必ず低い位置で渡すのが肝心です。

自社開発のプログラマーをやっていた方などですと、名刺の交換経験がほとんどない人もいるかもしれません。

これを機にしっかりと覚えておきましょう。

目を見て敬語で話そう

面接時にどこを見て話せば良いのか分からないという方は、相手の目を見て話すようにしましょう。

目を見て話すことで、誠実な印象を相手に抱かせることができます。

また、社会人ですので敬語はしっかりと使いましょう。

いくら面接で話している内容が素晴らしくても、敬語がなってないと台無しになる恐れがあります。

敬語の基本は、尊敬語、謙譲語、丁寧語です。

この3つはしっかりと使い分けるようにしましょう。

退室時まで気を抜かず

最後の最後まで気を抜かないことが肝心です。

その場から退室するまでが面接だと思っていて下さい。

退室する際は、「失礼致します」と言ってお辞儀をします。

そして軽く微笑みながら席を離れます。

最後にドアの前でもう一度会釈をして退室します。

退室した後もまだ気を抜いてはいけません。

間違っても「はぁ疲れた」なんて言いながら上着を脱いだりはしないで下さいね。

まとめ: 相手が話しに集中できる服装が良い

面接時の服装とマナーについて解説しました。

清潔感があった方がよい。

ひとつひとつの挨拶をしっかりした方がよい。

などのアドバイスをしました。

ただ、面接は『人物像』と『能力』が会社にマッチングするかどうかを見定める場というのが本来の姿です。

服装やマナーでいちいち気を取らせない。お互いが話すこと、聞くことに集中できる状態が望ましいです。

そのためには清潔感のある服装でマナーがしっかりしていた方が良いですよね。

『人物像』『能力』を焦点とした面接が出来るような服装・マナーを心がけましょう。

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.