プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

IT業界に強い転職エージェント8社を紹介【非エンジニアもOK】

投稿日:

目次

IT業界に強い転職エージェント一覧

転職エージェント
(公式サイトに移動)
特徴
レバテックキャリア IT業界専門の転職エージェント
ワークポート 転職決定人数No1、IT系求人が豊富
マイナビエージェント×IT マイナビのITに特化した転職エージェントサービス
マイナビクリエイター マイナビのWeb・クリエイター職に特化した転職エージェントサービス
リクルートエージェント 業界最大手の転職エージェント、質・量ともに◎
ギークリー IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント
type転職エージェント ITに強い、関東圏の求人数が豊富
TechClipsエージェント エンジニア専門で高年収の求人に特化

 

レバテックキャリア

IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門 | レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT業界に特化したエージェント

レバテックキャリアはIT業界の求人を専門に取り扱っているエージェントです。

エージェントはIT業界に精通しており、業界や技術の動向についても把握しています。

そのため、特定の技術を使う職場に移りたい、今のスキルでより高収入を狙いたい、といった応募者のキャリア志向に合わせた求人の紹介が可能です。

求人票だけでは分からないような企業の情報に詳しい

求人票に記載されていないような情報も事前に把握することが可能です。

年3,000回ほど企業に訪問して情報収集を行っているほか、業務委託や派遣事業なども手がけている関係上、企業の内情に精通しています。

マネジメントの仕方や多忙期と通常期の業務割合、職場の雰囲気やチームの動き方などを事前に知ることができます。

「社風が合わない会社は嫌だ」「自分の性格とマッチする会社がいい」と考える人にはとても役立つサービスです。

レバテックキャリアの最大の強みの1つと言ってよいでしょう。

面接で失敗しても挽回できることがある

面接でうまく自己PRできなかった場合でも、エージェントが人事にフォローを入れてくれます。

もちろん相応のアピールポイントがあることが前提になりますが、面接の結果を覆して内定が決まったケースもあるとのことです。

実績には自信があるが面接は苦手、という方にはオススメです。

 

【レバテックキャリア】

ワークポート

転職決定人数No1の転職コンシェルジュ | WORKPORT

ワークポート

IT業界には強く、紹介される求人量が多い

ワークポートは元々IT業界専門で人材紹介を手掛けてきた会社です。

SEに絞っても公開求人の数は約7,000件とIT系の求人数がかなり多めです。

エージェントの特徴として短期間に多くの求人を紹介する傾向があるため、多くの求人から検討したい人にはぴったりの転職エージェントと言えるでしょう。

転職用のスケジュール管理システムが利用可能

利用登録後にeコンシェルというツールを利用することができます。

このツールを用いて、応募状況や選考状況、求人検索や面談の予約といった転職活動の管理作業を行うことが出来ます。

管理作業が苦手なのであれば利用を検討してみてもよいでしょう。

コンサルタントの質にばらつきがある

全てのコンサルタントがそうだとは限りませんが、コンサルタントの対応が事務的であるといった評判が目立ちます。

志向するキャリアを説明したにも関わらず全く関係しない求人しか紹介されないこともあるといったレビューもあります。

とはいえ、リクルートが主催する転職決定人数部門で3年連続No1の実績があります。

IT系の求人数も豊富です。この記事を読んでいる読者はエージェント選定中だと思いますが、選択肢から外すのはもったいない気がします。

担当エージェントに違和感を感じたら、すぐにチェンジしてもらいましょう。

 

【ワークポート】

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントIT

豊富な求人量、特に中小企業や第二新卒向け案件が豊富

マイナビエージェント自体はIT業界専門の転職エージェントではありません。

ただし、IT業界向けの特設サイトがあり、実質的にはIT業界専門とみなすことができます。求人件数は公開求人だけで約4,000件、非公開求人を含めると約12,000件と豊富です。

また、他社に比べ中小企業や第二新卒向けの案件が多いとの評判があります。

該当する方は利用を検討してみましょう。

各種セミナーが準備されているなど、面倒見が良い。

特定の職種を目指す応募者向けのセミナーを開催するなど、他社のエージェントに比べてキャリアパスをの情報が多く得られる点は特徴の一つです。

コンサルタントの指導や添削が丁寧であるといった評判も多く、総じて面倒見が良いエージェントだと言えます。

どちらかというと若手向けのエージェント

一方で、先述のセミナーも20代から35歳くらいまでの年齢層を対象にしたものが多くなっています。

キャリアパスも固まってきている30代以降からの評判は、20代からの評判と比べると高評価でない意見もあります。

30代以降であれば、他のエージェントとの併用を検討した方がいいかもしれません。

マイナビクリエイター

Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェント | マイナビクリエイター】

マイナビクリエイター

Web・ゲーム業界を専門に、クリエイター向けに作られたサービス

他のエージェントと比べて、IT業界だけでなく、Web業界やゲーム業界も専門としている点が特徴になります。

サービス名にクリエイターと付いているだけあって、エンジニアだけでなくデザイナーやイラストレーターの求人も多く掲載されています。

各業界でどのような特性の人間が求められているかも把握しており、クリエイター寄りの仕事への転職を検討しているのであれば利用してみると良いでしょう。

ポートフォリオの作成支援が充実

クリエイター向きのサービスだけあって、クリエイターの転職に必須なポートフォリオの作成支援が充実しています。

ポートフォリオの添削はもちろんのこと、実績を示す素材さえあれば簡単にポートフォリオを作成できる「MATCHBOX」というサービスが提供されています。

Web系・ゲーム系の転職を考えているのであれば、かなりオススメできるエージェントです。

SEの転職には不向き

SEとWebエンジニアに絞ると公開求人の数は約1,000~1,500件程度しかありません。他の転職エージェントに比べかなり少ない傾向があります。

先述の通りWebエンジニアであればポートフォリオの作成支援といった各種サービスが役立ちます。ただ、SEへの転職となると必ずしもこれらが活用できるとは限りません。

求人がないわけではないのですが、SEにはあまり向かないエージェントと言えます。

 

【マイナビクリエイター】

リクルートエージェント

転職支援実績No1 | リクルートエージェント

リクルートエージェント

圧倒的な求人の多さが魅力

業界最大手のリクルートエージェント。

SE・ITエンジニアに絞っても求人数は現時点で公開求人が約12,000件、非公開求人が約53,000件となっています。

他のエージェントは多くても1万件前後の求人数であることを考えると圧倒的な求人数です。

知名度があり過ぎるがゆえに普通に見えますが、求人の質・量ともに優れた転職エージェントです。

独自に企業を調査・分析した「AGENT Report」が便利

独自に収集した企業に関する情報を「AGENT Report」という形で整理して教えてくれます。

『業界の動向』『業界内での企業の位置づけ』といった求人票には記載されないような情報を収集しています。労働環境といった企業に質問しにくい情報についても収集しています。

転職先を検討する際にはものすごく参考になる情報が得られます。

面接力向上セミナーで面接対策が可能

リクルートエージェントはコンサルタントとの面接練習の他に、面接力向上セミナーという形で面接対策に備える場を提供しています。

面接官が重視するポイントやよくある不採用理由などを整理して教えてくれるため、面接に不慣れなのであれば利用を検討してみましょう。

 

【リクルートエージェント】

ギークリー

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス | GEEKLY

ギークリー

IT・WEB・ゲーム業界に特化し、非エンジニア・クリエイター職も豊富

マイナビクリエイターと同様、IT業界だけでなく、Web、ゲーム業界も専門的に取り扱っている点が大きな特徴の一つです。

クリエイターに特化したマイナビクリエイターに対し、こちらは業界の幅広い職種を取り扱っており、マーケティングや人事、経営といった職種の案件も取り扱っています。

もちろん、これらの業界についてエージェントが精通しており、応募者のキャリア志向に合わせた求人の提案がなされます。

1次面接確約サービスにより登録するだけで面接のチャンスを得られる

Geeklyは1次面接確約サービスを提供しています。

これは、登録した職務経歴書をGeeklyのオフィスを訪れた企業の求人担当者が閲覧し、企業の希望する人材であった場合は1次面接のスカウトが送られてくるというサービスです。

もちろん評価されるだけの実績を積んでいることが前提になりますが、他のエージェントに比べ自分のスキルを求めている企業とマッチングしやすいと言えるでしょう。

求人は東京23区内が中心

Geeklyは東京23区内での求人を中心に取り扱っています。それ以外の地方での就職を検討する場合はあまり向かないエージェントです。

ただし、IT業界の求人が東京周辺に集中しているのは業界全体の傾向です。他のエージェントも求人こそあるものの東京に比べて地方は少ない。という点は留意しておきましょう。

 

【GEEKLY】

type転職エージェント

転職エージェントならtype転職エージェント

type転職エージェント

IT系の求人の数は多め

type転職エージェントはIT業界専門のエージェントではありませんが、「技術系(IT/通信)」の求人は公開、非公開合わせて8,000件に達しています。

老舗のエージェントだけあって、求人の数は多めといえるでしょう。

転職で生じる悩みに対応したセミナーが毎週実施される

『忙しい人の転職活動』『社内SEを目指す場合に注意すべきこと』『書類選考が通らない場合の対処法』といった、転職者が抱える様々な悩みに対応したセミナーが毎週実施されています。

キャリアパスや転職に関して情報が足りない若手の方は積極的に利用してみましょう。

業界に詳しくないコンサルタントにあたることも

老舗大手ではあるものの、IT業界を専門としているわけではないためか、最新の業界や技術の動向について明るくないコンサルタントが担当者となることもあるようです。

エージェントとの相性の問題もあるので、おかしいと思ったら自分の希望や考えを主張していくことが大事です。

 

【type転職エージェント】

TechClipsエージェント

ITエンジニア専門・高年収&高待遇に特化 | TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

現役ITエンジニアがコンサルティングするIT専門のエージェント

現役のITエンジニアがコンサルティングにあたることがTech Clipsの最大の特徴です。

そのため、IT業界や技術の動向に詳しく、またITエンジニアが抱える悩みについてもよく理解しています。

他のエージェントに比べ、よりキャリア志向にあったコンサルティングを受けることができます。

高年収・好待遇の求人に特化

紹介企業の82%が年収500万円以上の求人であるなど、他のエージェントに比べ高年収・好待遇の求人に特化しています。

実績に自信があり、年収アップを狙いたいのであれば積極的に利用したいエージェントと言えます。

求人数は少なく、東京都近郊のみ

反面、取り扱っている求人数は1,000件以上とされており、他のエージェントに比べると求人の数は多くないようです。

また、取り扱っている求人は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に限定されており、地方での就職を希望する場合は利用することが出来ません。

 

【TechClipsエージェント】

未経験の人がIT業界に転職する方法

『IT業界』と聞くと「プログラミングなど専門性のあるスキルを持っていないと転職できないんじゃないか」と思いますよね。

この感覚は半分正解で半分ハズレです。

というのも全職種にプログラミングスキルが必要な訳ではありません。プログラミングスキル不要な職種もあります。

なので、ご自身が目指している職業種によります。

  • ITエンジニアを目指している
  • とにかくIT業界に入りたい

の2パターンでご説明しますね。

ITエンジニアを目指している

ITエンジニアを目指している場合はプログラミングスキルが必要です。

なぜなら仕事で使うからですね。

仕事でプログラミングをするのにプログラミングが出来ないと仕事になりません。

上のような簡単な理屈ですがエンジニアを目指している場合はプログラミングスキルが必須です。

では、プログラミングはどのように覚えれば良いのでしょうか。

簡単に説明したいと思います。

独学で勉強する

ひと昔前に比べて、プログラミングを独学しやすい環境が整っています。

昔はプログラミングするための環境構築で挫折することもありました。現在はユーザー登録するだけでプログラミングの学習ができたりします。

良い時代になりましたね。

オススメのプログラミング教材はProgateドットインストールです。

Progateは無料のプログラミング学習サイトで、一部のカリキュラムが有料になっています。覚える ⇒ 課題をこなす を繰り返してプログラミングを学んでいきます。

ドットインストールは無料のプログラミング動画サイトです。全動画を閲覧するには有料プランに申し込む必要があります。

どちらも基本無料ですので、時間のあるときに閲覧してみてください。

プログラミングスクールを利用する

上で独学する方法をお伝えしましたが、実は時間がかかる方法なので余裕のある人向けの方法です。

且つ独学だと途中で挫折する可能性があるため、本当にITエンジニアになりたいならプログラミングスクールの利用をオススメします。

プログラミングスクールを修了すると、そのままエンジニア転職向けの転職サービスが受けられたりします。

どこまで学習してどんな勉強をしたのかも明確になるため、独学より転職のハードルが低くなります。

スクールに興味がある人は本サイトのトップページを参照ください。

トップページへ

とにかくIT業界に入りたい

とにかくIT業界に入って、実務をこなしながらスキルや知識を身に付けていくのも賢い選択です。

前述のように、IT業界はプログラミングスキル不要な職種もあります。

  • テクニカルサポート
  • ヘルプデスク
  • 運用エンジニア
  • 評価エンジニア

などですね。

まずはこの辺りの職種を狙ってみましょう。

方法は簡単。本記事で紹介した転職エージェントの中から何社か登録して、『あとは行動あるのみ』といった感じです。

求人数が多い転職エージェントがオススメです。

本記事で紹介した転職エージェント

転職エージェント
(公式サイトに移動)
特徴
レバテックキャリア IT業界専門の転職エージェント
ワークポート 転職決定人数No1、IT系求人が豊富
マイナビエージェント×IT マイナビのITに特化した転職エージェントサービス
マイナビクリエイター マイナビのWeb・クリエイター職に特化した転職エージェントサービス
リクルートエージェント 業界最大手の転職エージェント、質・量ともに◎
ギークリー IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント
type転職エージェント ITに強い、関東圏の求人数が豊富
TechClipsエージェント エンジニア専門で高年収の求人に特化

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.