プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

キャリア

プログラマーがフリーランスになるときのメソッド【失敗しないためには】

投稿日:

自由 手 輝く海面

フリーランスとして生計を立てやすい職業の1つがプログラマーです。

「フリーランスになりたい」という人が増えている中でプログラマーはフリーランスになるための敷居が低く、スキルでのアドバンテージもあるんですね。

  • 外注しやすい
  • リモートワークしやすい
  • 開発案件が豊富(需要がある)

上記の3つがプログラマーがフリーランスとして活動しやすい大きな理由かと思います。

フリーランス化を後押しするかのように、フリーランス支援の人材サービス(以下フリーランスエージェント)やクラウドソーシングも充実してきました。

特に、システム開発系の求人案件や請負案件は他の仕事に比べても高額です。

まさに、プログラマーが個人で稼ぎやすい環境が整ってきていますね。

こんな良い環境が整ってきている中で、「自分もフリーのプログラマーになろうかな」と考える人も増えてきています。

今回は実際にフリーのプログラマーになるにはどうすれば良いのか、プログラマーがフリーランスになる際に気を付けたほうが良い点、事前にやっでおいた方が良い点などをご説明します。

  • 失敗しないためのアドバイス

といった感じですね。

それでは、一緒に見てきましょう。

目次

フリーランスプログラマーの年収・相場感

まずはフリーランスプログラマーの年収・相場感から解説します。

企業に所属していた方がメリットがある人もいますからね。しっかりチェックしておきましょう。

フリーランスエージェントを利用する場合: 案件・言語で相場が異なる

フリーランスのプログラマーとして活躍している人に多いのが、フリーランスエージェントを通して開発プロジェクトに参加する方法です。

ITフリーランスの仲介で有名な企業は「レバテック」「ギークスジョブ」などですね。就職や転職ではなく、フリラーンスの案件を仲介する事業に特化しています。

フリーランスエージェントでは「業務委託契約」という契約方法が主流です。働いた時間を基準にお金をもらう方法で、納品義務や完成義務が無いのが特徴です。

逆に納品義務や完成義務がある場合は「請負契約」という契約を結びます。

業務委託はIT企業に限らず、メーカーや商社などのIT部門でのシステム開発でも頻繁に募集をしているので仕事が見つかりやすいというメリットがあります。

ただ、案件と扱うプログラム言語によって契約の単価が変わってきます。

フリーランス案件が検索できるgeechs.jobによると、PHPの案件は450,000〜600,000円/月ですが、Javaなら700,000〜900,000円/月です。

Java案件だと真ん中の80万円くらいは狙えるでしょう。その仕事を1年続けると960万円くらいの年収になりますね。

会社員をしていたころは年収1000万円と聞くと夢のような数字に見えます。ただフリーランスになると案外すぐ達成できてしまう数字ということですね。

自分で事業をする場合: 最初のうちは収入が安定しない

フリーランスエージェントを利用しない場合は、自分で商品を考えたり営業する必要があります。

当然ですが売れないと売上は下がります。事業が回りだすまでは不安定で大変かもしれません。ただ、売れだすとエージェントを通すよりはるかにたくさんの収入が得られるのが特徴です。

ピンキリなので相場というものが存在しませんが、一人で稼げるMAXの額は年収3000万円くらいが目安です。

それ以上いくには、ブログやYoutubeなどのネットワーク効果が効くものを事業に取り入れないと難しいです。

フリーランスになる前にやっておくべきこと

開業届、青色申告承認申請書の提出

開業届、青色申告承認申請書はフリーランスになるときにセットで税務署に提出するものです。

白色申告という青色申告の簡略版がありますが、税制が優遇される青色申告を提出するのが一般的です。

開業届け関係は会計ソフトfreeeさんのページが参考になりますよ。

開業届とは?知っておきたい6つの基本知識

クレジットカードを作る(審査が必要な契約を済ませる)

フリーランスになると収入が安定しなくなる。収入が安定しないとお金が返済できないかもしれない。という理屈で銀行やカード会社からの社会的信用が下がります。

クレジットカードなどの審査が必要なものは退職前に済ませておきましょう。

保険関係の確認(失業保険、国民年金、国民健康保険(任意継続の方が得になるかも))

企業勤めのとき↓

  • 年金: 厚生年金保険
  • 健康保険: 健康保険

フリーランスになると↓

  • 年金: 国民年金保険
  • 健康保険: 国民健康保険

になります。

任意継続という健康保険の制度もありますので、「任意継続」と「国民健康保険」のどちらがお得か自分の状況に合わせて選択しましょう。

こちらもfreeeさんのサイトが参考になりますよ。

社会保険と国民健康保険の違いと切り替える際の対応

受注契約、業務委託契約

フリーランスエージェントを利用するにしても、自分で事業をするにしても、契約はしっかり取り交わしておきましょう。

「案件がやっぱり無くなった」ということはよくありますからね。

ブログを作る(同時に独自のメールアドレスも取得)

自分のプロフィールや仕事内容、お役立ち記事が紹介できるブログを1つ作っておくと便利です。

ブログが充実すると優秀な営業マンになってくれます。

フリーランスで有名な人をTwitterでフォローする

  • どんな風に活動すればいいのか?
  • ブログはどう書くのが効果的か?
  • 流行りのサービスは何か?

フリーランスで有名な人をTwitterでフォローしておくとこのような情報が手に入ります。

有名な人をいくつか紹介しておきますね。

この2人がフォローしている人の中で自分の為になりそうな人を探して、そのフォローしている人をまた探して・・・という感じで芋づる式に探していく感じです。

Webマーケティングの勉強を始める

最近は「え?これ無料でいいの?」と思えるような情報がTwitterやブログで書かれています。

ホントいい時代になりました。逆に情報に価値は無く、その情報を使って実践しないと価値が無いとも言えます。

個人でも実践できる超優良なWebマーケティングの手法はネット上にたくさん出回っています。

まずは、上で紹介した2人のブログを読んでみましょう。

契約からお金の回収まで全部1人でやってみる(できれば)

フリーランスになると契約から回収まで自分1人でやらなければなりません。

リハーサルという意味合いも兼ねて以下を一通りやっておくとベターです。

  • 見積り
  • 契約
  • 実作業
  • レビュー〜修正
  • 納品
  • 請求
  • 振込確認

知人に経営者がいるとリハーサルしやすいです。

フリーランス1年目で失敗しないために準備しておくこと

実際にフリーランスとしての活動をスタートした際に気を付けたほうが良い点をご紹介します。

初案件は口約束で済ませない【契約書にサインをもらおう】

まず受注や業務委託や派遣などの形態で働く場合、相手先との契約が必要になります。

ここで注意していただきたいのが、必ず「書面」で契約に同意した旨のサインを契約書にいただきましょう。フリーランス活動を始めたばかりの方には、打合せや面接で口約束をしただけで作業に入ってしまう人がいます。

後になって、支払いや待遇で「話が違う」と言っても証拠が無いとウヤムヤにされてしまう可能性があります。また仕事の依頼があり契約したつもりでも、相手先の都合で案件を無かった事にされるケースもあります。

最初はどうしても「お金がほしい!」と焦ってしまいます。

ただ、そこは一呼吸置いて本当に信頼できる企業(個人)かを見定めてから仕事をするようにしましょう。

身体が資本!退職前に健康診断は必ず受けておこう

フリーランスにはサラリーマンと違い有給休暇なんてありません。

怪我をしたり病気になるのはフリーランスにとって致命的です。体調を崩して仕事が出来なくなったら、それだけ収入が減ります。

「何をするにしても身体が資本です」なんて言葉をテレビやネットでよく聞くと思います。フリーランスになると本当に身体が資本になります。

退職前もそうですが、年に一度は必ず健康診断を受けておきましょう。

税務関係の知識を徐々にインプットしよう【経費にできる項目を抑えておこう】

フリーランスは収入だけでなく、お金に関する事は全て自分でやる必要があります。

年末調整なんて会社務めの頃は経理がやっていたからわからない…といってやらないわけにはいきません。下手をすると収入減にもなりかねないので、節税も兼ねて最低限の税務知識を勉強しておきましょう。

ちなみにギークスジョブでは確定申告の時期になると税務のセミナーを開催してくれます。

これからエージェントサービスに登録しようとしている人は付随するサービスも考慮に入れて決めましょう。

フリーランスエージェントに相談しておこう

「自分は請負でバリバリやっていくよ」「ブログの広告収入で100万目指すから」と意気込むのは良いですが、フリーランスエージェントには必ず相談しておきましょう。

なぜなら、思い描いたビジネスが上手く行かなかった場合、収入がなくなります。

生活出来なくなってしまう状況だけは避ける為、フリーランスエージェントと仕事に関しての話をしてみましょう。

自分で将来的に起業を目指していたり、フリーで稼いで行くつもりの人におすすめのやり方は、週3くらいは企業と契約して現場で働く。

安定した収入を得ながら自分のビジネスの時間などに使えば無収入になる心配はありません。

プログラマー未経験からフリーランスになる方法

とにもかくにもプログラミングの勉強から

プログラマーがフリーランスになる事情についての事を説明してきましたが、中にはプログラミング未経験でも「フリーランスのプログラマーになりたい」と思っている人もいるでしょう。

そんな方はまずプログラミングを勉強しましょう。プログラミングが人並みに出来なければ話になりません。

まずはProgateでプログラミングをやってみる

ProgateはHTMLやJavaScriptなどの基礎知識や簡単な文法を学習して演習テストまで出来るプログラミング学習Webサイトです。

無料登録で様々なプログラミング言語のレッスンが受けられるので、ぜひ活用しましょう。とにかくやってみる事が重要です。

仕事をくれる人脈作りのためにもプログラミングスクールに通う

「プログラミングスクール?」
「なんで?高いしイヤだよ。」

と思うかもしれませんが、毎日バリバリやってた人がフリーランスのプログラマーになるんですよ。全く経験のない状態から本当にフリーランスになりたいなら、効率がよく密度も濃い学習が必要ですよね。

自分のこれからのキャリアに対してそれなりの投資が必要ということですね。

本当になりたいならですが。

以下でメリットデメリットをサラッと解説しますね。

フリーランスになりたい人がプログラミングスクールに通うメリット
  • プログラミングができるようになる
  • 仕事(開発案件)を紹介してくれる

この2つが大きなポイントですね。

プログラミングができるようになるのは当然。さらに仕事の紹介もあります。

いきなりフリーランスになってもどのように仕事を探して案件を獲得すればよいかもかわからないですよね。たぶん路頭に迷います。

スキルも仕事も無い状態から、自分の頑張りに呼応してキャリアや仕事のサポートをしてくれるのがプログラミングスクールです。

元ディスクユニオン店員33歳がフリーランスエンジニアになるまで | 侍エンジニア塾

こちらの記事が良い例ですね。フリーランスは仕事を持っている人との太い人脈・人間関係を良好に保つ事から徐々に案件を受注していくというケースが1つの成功パターンだと思います。

仕事が獲得できればスクールに投資したお金は回収できるでしょう。

フリーランスになりたい人がプログラミングスクールに通うデメリット
  • 初期投資が必要
  • 勉強時間の確保が必要

この2点ですね。あとはやる気次第です!

クラウドソーシングで受注してみる

プログラミングスクールに通っていくうちにプログラミングやWebサイトが作れるようになってきたらクラウドソーシングにチャレンジしてみましょう。

クラウドソーシングではプログラミングに関する簡単な案件も多く、初心者歓迎という内容のものもあるので勉強も兼ねて受ける事が出来ます。

スクールに通ってある程度の実力がついたら試してみましょう。

フリーランスエージェントに相談してみる

利用するつもりは無くても、保険という意味合いも兼ねてフリーランスのエージェントには一度相談をしておきましょう。

こちらのスキル・経験を踏まえて実力に見合った案件を紹介してくれます。自分の実力が客観視できる良い機会でもあります。

ポートフォリオがあるとベターです。

在宅フリーランスプログラマーとして仕事をするためには

フリーランスとして活動するのであれば、理想は自宅で仕事をする形態の「在宅ワーク」を希望する人も多いでしょう。では実際にフリーランスエンジニアは在宅ワークが可能なのでしょうか。

フリーランスエージェントの案件は基本的に企業常駐

フリーランスで多いパターンは業務委託契約や請負契約などで、基本的には企業に常駐するタイプの案件です。

これはシステム開発会社など協力会社も同様で、契約している企業の中で働く事によって効率的に進める事が出来るからです。

なので基本的には企業常駐ですが、業務を進める中で企業側から実力を認められ必要とされていれば在宅ワークが許可されるケースもあります。

ただし、企業の開発環境と同じ環境を自分のPCに整える必要があったり、打ち合わせで会社に行かなければならないこともあります。

完全な在宅ワークは難しいのが現状です。

クラウドソーシングで案件を獲得する

先述したクラウドソーシングも多くのフリーランスエンジニアが働いています。規模が小さいものから大きいものまで数多くの案件がありますが、単発で終わってしまうものもあります。

しかし中には運用案件で継続して契約してくれる案件もあります。出来る限り長期的で単価の高い案件を狙いましょう。

クラウドソーシングは相手の顔や声がわからない状況で契約交渉をします。なので、登録しているプロフィールやポートフォリオが特に重要しされます。

条件交渉時に「ポートフォリオ、または実績を見せてください」と発注元から言われる事はよくありますので、Web制作・ホームページ作成などを受注したい場合は架空の企業サイトやオウンドメディアを作成さておきましょう。

ポートフォリオには色々なWebサイトを閲覧し、一覧ページや応募フォームなどよく使われるコンテンツを入れておけば相手先とのやり取りで参考にできる事もあります。

在宅フリーランスプログラマーになるための筋道

フリーランスになって、いきなり自分の力だけでバリバリ活躍出来るケースは稀です。

元々色々なコネクションがあったり得意先を持っている場合を除いて、駆け出しの時は仕事探しに苦労するでしょう。

なので最初は以下のような流れがオススメです。

  1. フリーランスエージェントの案件
  2. 徐々に在宅ワークにシフト

フリーランスエージェントを頼り、案件を紹介しつもらい仕事の進め方や流れを経験しましょう。慣れてきたら自分で仕事を開拓し始め、徐々に在宅ワークが出来るようにしていく事をおすすめします。

まとめ

プログラマーがフリーランスになって失敗しないためのポイントを解説しました。

最後に、これまで解説してきた失敗しない方法について箇条書きでまとめますね。

  • 「エージェントの案件」と「自分の事業」の兼業がオススメ
  • 契約書は大事
  • 身体が資本
  • ブログを始める
  • Webマーケティングの勉強を始める

フリーランスエージェントは先ほども少し紹介した「レバテック」か「ギークスジョブ」がおすすめです。

申し込みしたら営業電話がうるさいと言ったこともありません。

フリーランスを考えている人は、ちょっと相談する程度の気持ちで申し込んでみてくださいね。

あ、最後になってしまいましたが、以下のページからなら1分くらいで登録できます。

面倒くさがりな人はぜひ活用してくださいね。

ギークスジョブ | 申し込みページ

-キャリア

Copyright© ピーエスワン , 2018 All Rights Reserved.