プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

SEから異業種に転職した男性の成功談と感想【スキルは活かせる】

投稿日:

SEから異業種に転職したH・Rさんに転職活動時の体験談と感想を書いて頂きました。

SEから異業種への転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

異業種転職に成功したH・Rさんのプロフィール

男性 顔 イラスト
   元SEのH・Rさん

【プロフィール】

僕はIT業界からスポーツ業界へと異業種に転職しました。

IT業界では自社開発システムを導入、利用している顧客へのサポート業務を行っていました。他にも要件調整、テストケースの作成、標準化のためのマニュアル作りなどをしていました。

僕のやっていきたい仕事の内容や、性格、特性を分析し、スポーツトレーナーという異業種の道を選択しました。

具体的にどのようなことをして、どのようなスキルが身についたのか、またどうしてスポーツトレーナーという異業種を選択したかと書いていきます。

最後までお読みいただけますと幸いです。

【異業種に転職する前】SE時代の仕事内容

僕は企業向けに自社開発ソフトを提供している会社に勤めていました。

社内では大きく分けて3つの部署に分かれていて、案件を獲得する『営業』チーム、プログラムを書く『開発』チーム、そして僕が配属されていたシステム運用サポートを行う『運用』チームです。

『運用』チームの定義は会社によって大きく変わってくるものかとおもいます。

一般的にはシステムの保守・運用といった形で、お客様のご利用いただいているシステムに異常がないように管理したりする部署を指すことが多いかと思います。

僕のいた会社では『運用』チームは、いわゆる『カスタマーサポート』と『SE』を混合したような職種でした。

僕は経験が長かったことから更に『プロジェクトマネージャー(PM)』として要件調整や全体の案件進捗管理などもしておりました。

SEの仕事を辞めるに至った理由

プロフィールにも書きましたが、現在はIT業界ではなくスポーツ業界に異業種転職しています。辞めるに至った理由はいくつかあって、ここではその理由を書きたいと思います。

  • 会社の体制や方向性に賛同できなくなった
  • IT業界の体質が自分の体質と合わないと感じた
  • しっかりと人と接することのできる仕事がしたくなった

理由1:会社の体制や方向性に賛同できなくなった

勤めていた会社は中小企業でしたが、お客様の要望に対して、開発チームと営業チームと共に結託して
形にしていくことに魅力を感じていました。

しかし、体制が変わって新たに開発が必要な案件は受注せず、簡単な案件をひたすら数をこなしていくようになりました。

その状態では僕自身のスキルも停滞すると思いました。

理由2:IT業界の体質が自分の体質と合わないと感じた

IT業界で働かれる方と一緒にお仕事をさせていただく機会が数多くありましたが、そこで感じたことはホスピタリティが少ないということでした。

責任を負わないように慎重に進めはするものの、逆になにか問題があった場合は他人への責任の擦り合いがお客様に対してですら、あからさまでした。

仕事を進める上でのリスク管理は当然行うべきだとは思いますが、お客様とは寄り添った、パートナーであると考えています。

ドライな感じと、何かと理由をつけてやらないことにギャップを感じました。

理由3:しっかりと人と接することのできる仕事がしたくなった

IT業界で仕事をしていた時は取引先へ訪問することも多かったです。

電話口での対応も非常に多かったのですが、対面できちんとお客様と向き合って、頑張る人を先導し、応援するような仕事をしたいと思っていました。

以上が僕が辞めようと思った理由です。

異業種への転職を考えているSEさんへアドバイス

IT業界はお給料的には良い方だと認識しています。ただ、「精神的に合わないな」「以前から心の中で引っかかってる分野がある」。

そんな風に傾いている人は一度は自分の興味のある分野に進んでみる、試せる時代だと思っています。

「転職活動しようかなあ」と悩んでいる人はぜひ1つでもアクションを起こしてみて下さい。

一回面接したりエージェントと相談したりすると自分の心に火がついてきます。行動して人と接することで感覚が変わりますよ。

簡単なのは転職エージェントに自分の希望する職種を伝えることですね。「へえ、こんな仕事もあるんだ」という発見もあるので面白いですよ。

利用するエージェントですが、オススメなのは「ワークポート」「dodaエージェントサービス」の2つです。

特にワークポートはIT専門エージェントから総合転職エージェントになった会社なので、SEの人にはオススメです。

ワークポートの転職相談サービスを利用する(無料)

dodaの転職サービスに登録する(無料)

参考:僕の辞め方

転職活動についてはなるべく表沙汰にはしないで、有給や半休などを利用して行っていました。

退職の連絡については内定をいただいた後に、直属の上司に報告する形をとりました。そこからは案件の引き継ぎを済ませるため一ヶ月ほどの時間を使用し、退職をしました。

特に問題なく、円満に退社できたと思っています。

転職活動〜異業種に就職するまで

では、僕が実際どのような転職活動を行ったかを書いていきます。

これから転職を考えている人はよかったら参考にしてくださいね。

自分の経験やスキルを整理

転職活動を行うにあたり、最初に自己分析を行いました。

IT業界での経験から得られたスキルの洗い出しを行い、そこから自分の性格特性をエニアグラムにより
分析し、自身に向いている職業を探すところからはじめました。

職務経歴書、面接対策

職務経歴書についてはワードファイルで作成をしました。

内容は上から順番に「職務概要」「企業での実績」「取得している資格」「自己PR」の順番で書きました。

また、「企業での実績」については勤めていた企業の順番で記載をしていき、具体性を持たせるために実績を数値でしっかりと記載しました。

面接対策ですが、

  • 企業情報をホームページから取得
  • 企業の強みを確認
  • 僕がそこで活かせることを話す

という準備をしました。

僕の場合やりたいことが明確だったので、ブレることなく話すことができたと思っています。

それと、異業種なので、今までの経験がどう活かせるのかは考えておいた方がいいですね。面接時に聞かれる内容でもあります。

実際はまだフワフワしていても、「これがやりたいんだ」というブレないものを持って面接に挑んだ方がいいですね。

希望する企業へ応募

僕はスポーツトレーナーで絞ったわけではなく、「人と接することができる仕事」と「人の力になれる仕事」、そして「人の話をきちんと聞ける仕事」を中心に探しました。

具体的にいうと「スポーツトレーナー」と「キャリアカウンセラー」の両方で探しました。

内定ゲット・内定をもらえた理由

内定をいただいた企業様はいくつかありましたが、内定をいただけた理由はいずれも共通しています。

「人の話をしっかりと聞き、人を引っ張っていける」のが理由でした。

最終的にスポーツトレーナーを選ばせて頂いたのは、自分がやりたいことにより近い職業だったためです。

  • カウンセリングができる仕事
  • 目の前でお客さんのモチベーションを上げることができる仕事
  • 頑張るよう働きかけができる仕事

目の前の人の成長と笑顔が見られる仕事ですね。

【異業種でも活かせること】SEの仕事で身に付いたこと

現在はスポーツトレーナーの仕事をしていますが、前職の経験が全く役に立っていないかというとそうでもありません。

逆に役立っていることが多いです。

ここからは、前職での経験やスキルのお話をしますね。

仕事を進めていく上での基礎スキルが身に付いた

『カスタマーサポート』と『SE』の要素を混合したような立場での仕事をしていました。

加えて『プロジェクトマネージャー(PM)』としての経験をしたことで、色々なスキルを磨くことができたと思っています。

『カスタマーサポート』は主にお客様対応の仕事です。

電話での問い合わせや実際に客先に訪問してシステム説明などを行っていました。事前に説明する際の段取り、要点のまとめ方を予習します。

基本的なことですが、しっかりと相手に理解のできるような話し方や話すスピードなどを配慮することができるようになりました。

IT業界だけに止まらず、社会人としての基礎的な部分であるコミュニケーション能力が向上したと思っています。

要件定義、調整能力、合意を取るスキルが身に付いた

『SE』の要素としては要件調整や定義決め、またお客様との認識のズレを予防する合意形成ととりつつ仕事を進める力がつきました。

本来の『SE』の人であれば、画面やシステム構築の設計まで担当する形になるかと思いますが、その点は社内の開発者と協力し、分担をしておりました。

培われたスキルの中で、特に重要だと思ったのは「お客様との合意形成をとる」という意識付けがされたことだと思います。

要件調整ももちろん大切です。

ですが、今後進めていくプロジェクトの内容をしっかりと双方で抑えながら進めるということは意外と難しいものです。

もしプロジェクトが完了し納品段階で「そう思っていなかった」「思っていたものと違う」などと言われたら、取り返しがつきません。

そういった事態を防ぐためにも、お互いのためにしっかりと合意形成を取りながら進める必要があるのです。

品質評価の仕事で問題の原因を探るクセが身に付いた

他にもテストケースの作成とテストの実施、マニュアル作りなども行っていました。

テストケースの作成については、課題発見能力が向上しました。対象の行動や事象について細かに分析を行い、一つ一つを課題として項目化し、クリアしていきます。

一般業務でも行えるようになりました。それにより、なぜ事象が起きるのかといった物事の本質を見ることができるようになりました。

さらには課題をクリアするための考察や、ノウハウを蓄積した作業手順をマニュアル化します。誰でも同じ作業ができるよう作業レベルの底上げを図ることができるようにもなりました。

プロジェクトマネジメントができるようになった

最後の要素が『プロジェクトマネージャー(PM)』です。

こちらは主にはプロジェクトを管理するといった内容になりますので、作業上における視野の広さが向上したかと思います。

案件の難易度から全体的な作業の流れを棚卸し、作業毎にかかる時間を概算で算出し、スケジュールを立て、進捗の確認や未完了タスクの把握できるようになりました。

さらに次回アクションへの必要な準備を指示するなどといったプロジェクトが発足し、無事に完了するまでのリードも行えるようになりました。

一方でリスク管理もする必要があり、トラブルが発生しそうな状況を生まないよう作業についてもタスクを細かく分解します。

万が一トラブルが発生しても、影響範囲を明確化し、いつ時点までの作業に戻せばいいのか、また影響のないタスクは先に進めるよう対応を進めるといったこともできるようになりました。

プロジェクトマネージャーは自分の仕事を抱えながら、エンジニアや営業との調整があるので大変なものでした。

一時期は家に帰れないほどの業務圧迫を受けました。

その経験を通し、並大抵のことでは焦ることはなくなり、冷静にタスクに優先順位をつけ、完了させていく力がつきました。

SEの仕事でストレスを感じたこと

業務を通してストレスを感じたことは大きく分けて社内でのストレスと社外でのストレスがありました。

社内では業務量過多でストレスを感じていた

大型プロジェクトの運用及びプロジェクトマネージャー兼任や、その他案件対応、さらには社内リソース調整などがあります。

一手に引き受けなければならない状況がとてもストレスでした。

能力を買っていただいていると理解すると非常に喜ばしいことではありましたが、やはり業務量が集中をしてしまう状況は負担が大きいと感じていました。

社外では顧客対応でストレスを感じていた

お客様都合でスケジュール通りにいかないことが多かったです。

それも見越し、バッファをとりながらスケジュールを引くも大きくずれてしまうことは珍しくありませんでした。

スケジュールが後ろ倒しになるだけであれば問題はないですが、期限は決まっているため作業を圧迫されるのは最終的には僕たちになります。

非常に苦しい状態となりました。

また、土壇場での要件調整依頼など、契約書や制約をかわしてもなお対応を迫られることもあり、そのような案件についてのストレスは大きいと思いました。

まとめ

僕の転職は異色の転職かとは思いますが、上記で書いたIT業界で培った経験は業種を選ばず活かせるのが強みだと思います。

お客様対応では電話での問い合わせや実際に対面で話をする際に、しっかりと相手に理解のできるような話し方や話すスピードなどを配慮することができるようになりました。

また、要件調整や定義決めを行ってきたことにより、お客様が考えていることや望んでいることを理解するためのヒアリング力が向上しました。

他にもテストケースの作成やテストの実施を通して課題発見力が養われ、さらにその後の課題を踏まえたマニュアル作成による標準化対応ができるようになりました。

そして、全体的な流れをもとに作業の棚卸しが行えるようになり、タスクの明確化ができるようになりました。そこからスケジュールを立て、進捗の管理ができるようになりました。

もしIT業界から別業種への転職は難しいと考えているのであれば、自身の行ってきた業務の強みを前面にアピールすることが転職成功への鍵だと考えております。

SEをしているときは気づかないかもしれませんが、IT業界での業務、特にSEは社会人で必要とされる力が満遍なく盛り込まれています。

「転職しようかなあ」と悩んでいるSEさんに足りないのは行動力かもしれません。自分が思っている以上にSEのスキルはハイスペックです。

やってみると案外楽勝かもしれません。

まずはやってみるのがベストですね。

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2018 All Rights Reserved.