プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

IT事務に転職 仕事内容や必要スキルを紹介

更新日:

「事務系、ライティング系で良さそうな仕事ないかな」

「未経験でもIT業界に入る方法ってないの」

今回はITでも事務系寄り仕事を紹介したいと思います。

IT企業って未経験だと、なかなか入りにくいイメージがありますよね。

確かにIT企業に就職するには、プログラミングの経験が必要になる場合もあるでしょう。

しかし、全ての職種がそうであるとは限りません。

本記事で紹介する「IT事務」というお仕事は、プログラミングができない人でも就くことができます。

「プログラミングはできないけどIT企業に入りたい。ドキュメント作成なら得意」

このような人にはIT事務という仕事がうってつけです。

IT業界に興味がある方は、IT事務の仕事内容について深く理解し、自分が転職できないかどうか検討してみましょう。

IT事務の求人がある転職エージェント

ワークポート ※IT業界未経験者向け

dodaエージェントサービス ※日本最大級の転職サービス、全国に拠点あり

IT事務の仕事内容

IT事務の仕事は、プログラミングを行ったりサーバーを管理すると言った、いわゆる「専門的な」業務ではありません。

その代わり、様々な仕事を幅広くこなす必要があります。

そしてIT事務の仕事内容は職場によっても変わりますので、一概にこれだとは言い切れません。

そこで本記事では、IT事務の代表的な仕事をピックアップしてご紹介します。

プロジェクトの事務サポート

まず仕事として多いのが、SEやプロジェクトマネージャーの補佐役業務です。

  • スケジュール表の更新
  • 会議の議事録取り

などの業務をこなします。

一件すると地味な業務のようですが、IT企業ではスケジュール管理はとても重要です。

IT製品は仕様が変更されたりするとスケジュールを調整しなくてはならず、スケジュール調整を円滑に行えないと、業務に大きく支障が出ます。

会議の議事録取りも同様です。

仕様の変更があったとき会議の場で共有がされるので、それを分かりやすく纏める人が必要になります。

会議の議事録を元にしてプログラマーは開発を行います。

もし議事録の内容に不備があった場合は、プログラムの作り直しが発生する可能性があるため、議事録は正確にとる必要があります。

開発物の書類作成

開発物の書類作成業務も行います。

自社開発の会社なら、自社製品の使い方を示したマニュアルを作成する必要があります。

いわゆる製品の「説明書」を書く仕事です。

マニュアル作成業務を専門にこなす人もいて、彼らは「テクニカルライター」と呼ばれることもあります。

SIer業務なら、要件定義書や設計書、テストケースのドキュメント作成を行います。

プログラマーはこういったドキュメントを元にして仕事を進めていきます。

SIer業界のプログラマーやSEは激務であることが多く、ドキュメント作成まで手が回らないことも多いです。

そのためIT事務の人がこういった仕事を行うことがあります。

出来上がった作成物はSEやプロジェクトマネージャーがチェックを行います。雛形・テンプレートもあります。「指示に従って書く」といったイメージです。

メール、電話対応

顧客や営業とメールや電話でやりとりしたりするのも、IT事務の仕事です。

製品の主要な中身についてはSEの顧客が話して決める訳ですが、製品の細かい内容については、IT事務の方へ連絡をしてもらうことも多いです。

IT事務の人はSEやプログラマーへと、顧客から言われたことを速やかに連絡する必要があります。

こういったちょっとした伝達業務も、IT事務は行います。

改善業務

手が空いたときや、次のプロジェクトが始まる前の段階などは、普段の業務の改善をすることが多いです。

マニュアルやドキュメントとしいった資料をテンプレート化したり、資料作成そのものをエクセルのマクロや関数で自動化したりします。

このような作業を行うことで、今後のプロジェクトをより円滑に進めることができます。

マクロ作成などは、ある程度スキルが必要になります。

IT事務と一般的な事務職の違い

IT事務に就こうか一般的な事務に就こうか迷っている方はいますか。

一般的な会社の事務職は、次のような仕事を行います。

  • 来客対応
  • 書類の作成・管理
  • 電話・メール対応
  • 郵便物の整理

結構業務内容が幅広いですね。

事務職は会社全体の業務をスムーズに行うためのサポート役。メールソフトやWord、Excel、PowerPointなどを駆使して業務を行っていきます。

対してIT事務の場合、IT製品のマニュアルを書いたり、SEやプログラマーと連絡を取ったり、より『IT』に密接する仕事が多いです。そのため、仕事を通してITスキルを身につけることができます。

ITスキルを身につけたい方はIT事務、事務員としてのスキル全般を身につけたいなら一般的な事務職を目指すのが良いです。

IT事務におすすめの転職エージェント

未経験の人、経験者の人、どちらであっても転職時は転職エージェントを利用した方がお得です。

なぜなら『選択できる企業が増える』からですね。

転職エージェントなら転職サイトには載ってない企業を紹介してもらうことができます。求人案件は転職サイトの2〜4倍です。

2〜4倍選択肢が増えるなら、利用しない手はないですね。

ワークポート

転職決定人数No1の転職コンシェルジュ | WORKPORT

ワークポート

ワークポートはIT業界に強い転職エージェントです。

豊富な求人数と全国に拠点があるのが特徴です。

転職サイトを見てみると、IT業界以外の業種も扱っているのがわかるかと思います。ただし、IT業界専門としてサービスをスタート、その後いろんな業種に横展開していったという経緯があります。

事業のスタートがIT業界専門ですので、現在もIT関連の求人に強く、IT業界の求人案件が豊富にあります。

ワークポートでは「事務員に転職するにはどうすべきか」専門家の目線からしっかりアドバイスもしてくれます。

調べたところ、IT事務職の求人はワークポートだけで1,700件ほどありました。これに加えて「非公開の求人」もあるので、合計して相当な数になると推測されます。

未経験OKな求人に強みを持っているため、IT未経験で転職したい人におすすめです。

 

【ワークポート】

doda

転職総合サービスDODA | 転職エージェントサービス

doda-agent-service

国内最大級の求人数を保有するdoda。

上場企業、転職者満足度No1の実績がありますので、信頼性、ブランド力は抜群です。インターネットに公開していない非公開の求人数を合わせると、なんと10万件もの求人情報を保有しています。

全国に拠点がありますので、地方の人でも利用しやすい転職エージェントです。ワークポートはIT業界限定ですが、こちらは色々な業界の求人が揃っています。

事務職に転職したい場合は、事務職に精通したアドバイザーが転職をサポートしてくれます。なので今まで事務職になったことがない人も、安心して転職活動可能です。

履歴書の添削や面接練習にももちろん対応しています。有名なエージェントなので利用者の数が多いのも特徴です。

 

【doda】

未経験からIT事務に就くためのスキル・有利な資格

IT事務職は未経験からでも就職しやすい仕事の1つです。

ただし転職する際には、ある程度スキルを身につけておいた方がよいです。

IT事務職に必要なスキル・知識

まずは必要なスキルについて解説します。

事前に必要なスキル、入社してから身につけるべきスキルがありますので、混同しないようにご注意ください。

一般的なビジネスマナー

一般的なビジネスマナーは事前に必要なスキルです。

  • 電話対応の方法
  • 名刺交換の仕方
  • メールの書き方
  • 挨拶、喋り方
  • 報・連・相

特にIT事務職は顧客とやりとりすることが多いので、応対マナーは必ず身に付けておきましょう。

ITに対する一般教養

「ITに関する一般教養を身につける」と言っても幅広いためすぐに覚えるのは難しいです。

IT業界への転職を考えたあたりから勉強するのが良いでしょう。

ここでいう一般教養とはプログラミング技術などではなく、パソコンの使い方、IT業界の用語など基本的なことです。

こういったIT知識に自信が持てないという方は、入社後に身に付けても特に問題はありません。

実際に業務をこなしていくうちに分かることも多いです。※さすがに1回もITに触れたことがないという人はまずいかもしれませんが

パソコンやスマホを使いネットで検索ができて、今この記事を見ることができているなら大丈夫でしょう。

Microsoft Office製品の操作スキル

Microsoft Office製品の操作スキルは必須です。

エクセルやワードといったものは、IT事務の仕事で必ず必要になります。

また、パワーポイントで資料が作成できるようにもなっておいた方が良いでしょう。

できることなら、エクセルのマクロを使って資料作成を自動化できる所までできると良いです。

また、Microsoft Office製品の中ではマイナーなのですが、「Access」というものがあります。

Accessはより大規模なデータを扱うときに使うものです。

会社によってはAccessを使って製品のデータを管理している所もあります。

できれば、Accessも使えるようになっておくと良いでしょう。

自社製品、開発物への理解

自社開発の会社である場合は、製品や開発物に関する理解も重要です。

こちらは入社後に覚える知識です。

IT事務職は、製品のマニュアルを書かなくてはならず、そのためには製品の理解が必要不可欠だからです。

その製品が、どのようなことをできて、どのようなことに気をつけて使えば良いのか、簡潔な言葉で説明できる必要があります。

ただし、自社製品が関する知識は、入社前だとなかなか身に付けにくいです。

開発物への理解に関しては、実際業務をこなしながら培っていけば良いでしょう。

IT事務職に有利な資格

IT事務職に有利な資格についてご紹介します。

IT事務職は資格が必ず必要という訳でもないですが、持っておくと採用担当者から好印象を受けることもあります。

これらの資格を持っておくと、採用される可能性が更に高まります。

ITパスポート

ITパスポートとは、情報リテラシーやセキュリティーといった、ITの基本的なことが身に付いているかどうかを確かめる試験です。

エクセルやワードといったオフィス製品に関する問題も出されますので、IT事務所を目指す方も役に立つ資格です。

IT業界でよく使われる用語も覚えることができます。

勉強は動画講座と書籍の併用がおすすめです。動画で一通り学習して全体感を掴みます。その後に書籍で細かい所を学習すると効果的です。

動画講座はオンスク.JPがおすすめです。月額980円で受け放題のオンラインサービスです。

>> オンスク.JPの詳細を見る | 公式サイトへ

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストはMOSと略されることが多いです。

MOSはワードやエクセルの実技試験であり、問題の指示通りに資料を修正していきます。

オフィス製品に特化した資格であり、こちらも取得しておくことをおすすめします。

実技試験のため、取得すると実践的なスキルが身に付いている証明になるでしょう。

日商PC2級

日商PC2級はエクセルやワードを使って、文章作成やデータ分析を行う試験です。

MOSより更に実践的な内容になっており、試験では一から資料を作成する必要があります。

更には、エクセルやワードを両方使って文章を作成する、といった応用的なことも求められます。

MOSを取得して更にスキルを高めたいという方は日商PC2級にも挑戦してみて下さい。

IT事務職の平均年収

IT事務職の年収は職場によって大きく異なりますが、だいたい平均して、300万~500円前後が普通です。

一般的な事務職と比べると、少し高い給与であることが多いです。

IT企業自体の給与が平均より高めなのと、より製品に近い所で働いているということが大きいでしょう。

ただしプログラマーやシステムエンジニアと比べると、給与は低い傾向があります。

IT事務職の志望動機の書き方

IT事務職の志望動機の書き方ですが、ただに「ITが好きだから」というだけでは勿論いけません。

「自分の文章力を生かしてマニュアル業務をこなしていきたい」など、自分を雇うことで会社にどのようなメリットがあるかを示すような志望動機がベストです。

またIT事務職は、SEや補佐役を担う場合も多いので、サポート業務が得意であることをアピールするエピソードも用意しておいた方が良いでしょう。

IT事務職のメリット・デメリット

ここからはIT事務職のメリット・デメリットについて説明していきます。

IT事務職は未経験でも可能という魅力的な仕事ではありますが、良い面、悪い面があります。

どちらの面もしっかりと把握して、自分が本当にIT事務職を目指して良いのかしっかり見極めましょう。

IT事務職のメリット

IT事務に転職するメリットを紹介します。

  • 一般の事務より高い給料が望める
  • IT技術職へキャリアアップが可能
  • IT業界は福利厚生が充実している

一般の事務より高い給料が望める

IT事務職のメリットとしてまず、一般事務よりも給料か高いというのが挙げられます。

求人票を見る限り、IT事務の方が時給が数百円高い場合が多いです。

事務職は他の職種よりも一般的には給料が低いですが、IT事務に関してもそれなりに高いのが特徴。

IT技術職へキャリアアップが可能

IT事務から他の仕事へキャリアアップができます。以下の職種に目指すことが可能です。

  • プログラマー
  • SE
  • プロジェクトリーダー
  • インフラエンジニア

プログラマーに転職するのが難しい方は、まずはIT事務職に就いてみるのを検討するのも良いです。

IT事務でマクロ作成などを行いつつ、プログラミングの勉強もしてスキルをアピールすれば、プログラマーへのキャリアアップは十分望めます。

プログラマーになれば、システムエンジニア、プロジェクトマネージャー……と更にキャリアアップを目指すことも可能です。

インフラエンジニアとは、ITインフラの設計構築、運用保守を担当する人のこと。IT業界における「縁の下の力持ち」で、欠かせない仕事です。

IT業界は福利厚生が充実している

IT企業は福利厚生が充実している会社が多いです。社会保険や有給休暇もきちんと完備されています。

加えて、リフレッシュ休暇など長期の休みが設けられているところも。

他にも社員食堂が利用できたり、住宅補助が出たり、魅力的な福利厚生があります。

ただし、全ての企業がそうだとは限りませんので、福利厚生は入社前に確認しましょう。

IT事務職のデメリット

IT事務職に就くのはデメリットもあります。

  • 一般事務より高いスキルが求められる
  • 文章力も求められる

これらも加味した上でIT事務職に就くかを決めましょう。

一般事務より高いスキルが求められる

IT事務職は一般の事務に比べたら、少し高い技術が求められます。

エクセルのマクロやAccessといったツールを使いこなしていかないといけません。

これらのスキルに関しては、就職してからも勉強し続ける必要があります。

仕事しつつ勉強するのがつらいという方は、あまりIT事務職向きではないかもしれません。

文章力も求められる

IT事務職はドキュメント作成の際に文章力も必要です。

ここでいう文章力とは、「いかに分かりやすく簡潔に書けるか」という意味。

小説を書くときのように、表現力を活かした文章は全く求められていません。ここは勘違いされやすい所なので、要注意。

文章を書くのが好きな方でも、「自分を表現したい」とか「人の心を動かす文章が書きたい」などの希望がある方は、IT事務職タイプではないかもしれないです。

IT事務職に向いている人

  • コツコツと仕事に取り組める
  • 細かい部分に目が届く
  • パソコンやIT製品に抵抗がない

IT事務職に向いている人は、コツコツと仕事に取り組むことができる人です。

IT事務職の仕事は、単調な作業にどうしてもなるときがあります。

単調な作業を苦にしないだけの忍耐力が必要になってきます。

また細かい所に目がいき、積極的な業務改善ができる人も向いています。

SEやプログラマーの人が気が付かないような細かい部分を指摘し、スケジュール管理などを行うことができると良いでしょう。

また、業務内容に効率が悪いと思う箇所があれば、テンプレートやマクロを作成して自動化できないかを考えることも大切です。

基本的には真面目にコツコツと取り組み、ときどきは意見を出して業務改善を行っていける人材が、最もIT事務職に向いていると言えるでしょう。

後は、最低限パソコンやIT製品が嫌いではないことが求められます。

IT事務職は就職する前はそこまでIT知識を必要としませんが、就職してからは日々勉強する必要があります。

今の所はIT知識がなくても、将来的には身に付けていきたい意欲のある人でないといけません。

まとめ:IT事務職に転職するなら転職エージェントを活用しよう

本記事ではIT事務について解説しました。

IT事務は

  • ITスキルを身につけられる
  • IT技術職へキャリアアップが可能
  • 一般事務よりも給料が高い

といったメリットがあります。

需要もある仕事ですので、興味がある方はIT事務を目指す道もおすすめ!プログラマーやSEと違い、プログラミングができなくても転職可能です。

IT事務に転職したい方は転職エージェントを利用するのが近道。

IT事務職は求人数がどうしても少ないのが現状です。そのため、転職エージェントに登録して、できるだけ多くの求人を見つけられるようにしておくのが肝心。

転職エージェントは複数登録しておくのがおすすめです。複数登録しておけば、その分より多くの求人に触れられます。

IT事務の求人がある転職エージェント

ワークポート ※IT業界未経験者向け
dodaエージェントサービス ※日本最大級の転職サービス、全国に拠点あり

【関連記事】

女性エンジニア プログラミング
未経験でITエンジニア転職したい女性に向けた情報【業界選び大事】

ITエンジニアに興味がある女性に向けて記事を書きました。 IT業界の仕事 エンジニアの種類 女性エンジニアのメリット・デメリット を解説していきます。 「失敗した」「なんか違う」と後で後悔しないように ...

続きを見る

エンジニア プログラミング言語
2020年版|IT業界に強いオススメ転職サイト7選

目次1 IT業界に強い転職サイト一覧2 IT業界での転職方法は3つ「転職サイト」「エージェント」「人脈」2.1 転職サイト2.2 転職エージェント2.3 IT転職で転職サイトの利用が向いている人3 I ...

続きを見る

Webライター
未経験からWebライターになるには【まずは書く】必要スキルも解説

目次1 未経験からWebライターになる方法1.1 Webライティンングの練習【まずはブログで】1.2 Webライターとして仕事を受注する1.3 Webライターは調査して文章が書ければOK1.4 単価を ...

続きを見る

高卒 IT 未経験
高卒で未経験でもIT業界に転職する方法【狙いやすい職種がある】

IT業界に入りたいけど、 高校ではIT系の勉強してないし、 未知の世界で未経験だし、 プログラミングできないし、 こんな自分でもIT業界に入れるのかな? 「ダメかもなあ」と思ってしまいますよね。 結論 ...

続きを見る

IT 仕事
あなたにぴったりの仕事が見つかる!IT系職種を一挙紹介!

目次1 IT系の職種一覧を一挙公開【平均年収も掲載】1.1 グラフ化してみました2 就職・転職を考えている人は職種と会社を慎重に選ぼう2.1 職種の選び方2.2 会社の選び方3 エンジニア系3.1 シ ...

続きを見る

 

【PR】

DMM WEBCAMP

  • 特記事項: オンライン受講も可能です
  • 主催: 株式会社Infratop(DMMグループ)
  • 期間: 3ヶ月〜
  • 料金: 26,000円〜(分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

DMM WEBCAMPは転職保証付きのプログラミングスクールです。3ヶ月間のプログラミング学習と転職を支援するキャリアサポートで未経験からのエンジニア転職を実現します。HTMLからRubyまでWeb系開発に必要なプログラミング言語を総合的に学ぶことができるカリキュラムです。キャリアチェンジしたい人にオススメのスクールです。


RaiseTech(レイズテック)

  • 主催: 株式会社RaiseTech
  • 期間: 4ヶ月
  • 料金: 261,800円〜
  • 主な言語・技術: Java、PHP、AWS、WordPress

RaiseTech(レイズテック)はオンラインのプログラミングスクールです。週に1度(2時間程度)のビデオチャット講座、自習課題の取り組み、不明点のオンラインサポートでカリキュラムを進めていきます。「習得する」でなく「エンジニアになる」ことを目標とした講座内容です。プログラミングの他に現場で必要な周辺技術も同時に学ぶことができます。プログラミングを職業にしたい人のためのオンラインスクールです。

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2020 All Rights Reserved.