プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

言語

サーバーエンジニアになれる!インフラ技術が学べるITスクール7選

投稿日:2018年6月6日 更新日:

サーバー

インフラ系の職種として人気のサーバーエンジニア。

サイトを構築、管理する上で欠かすことのできない重要なポジションで、責任感のある仕事としてIT分野での求人情報も多いです。

非常にやりがいのある仕事ですが覚えることも多く、独学でサーバーエンジニアになるのはハードルが高いと言えます。

しかし、スキルや資格を取得することで年収が高くなったり、キャリアアップの道が開ける魅力的な仕事でもあるんです。

今回はサーバーエンジニアを最短で目指すことができる育成スクールを紹介します。1人では理解できないことも、経験豊富な講師がいれば安心ですね。

転職サポートや資格支援が受けられるスクールもあるので、最適なスクール選びの参考にしてみてください。

サーバーエンジニアとは

サーバーエンジニアとは、名前の通りサーバー特化した専門職になります。

IT系の仕事の中ではインフラ系の職種でネットワークエンジニアと並んでWebサービスの土台作りに欠かせない職業です。

サーバーエンジニアには大きく分けて2つの仕事があります。1つはサーバーを構築する業務、もう一つはサーバーを運用、保守をする業務になっています。

サーバーの構築はWebやメールなどの各種サービスを展開するためのサーバー設計を行います。プログラマーと相談しながらサーバーの選定、配線などからOSやアプリケーションのインストールなども担当します。

設定したサーバーでサービスがスムーズに展開できるかを様々な角度から検証し、構築していく仕事です。

サーバーの運用、保守は実際に始まったサービスに対して、サーバーに問題が起こっていないか監視する業務です。

サーバーにエラーが起こっている場合はログ解析を行い迅速に修復し、同じような障害が起きないように対応します。

他者からのウィルス攻撃に耐えられるようにセキュリティチェックを行って強化していくことも業務の1つです。

このようにサーバーに関する構築や管理を行っていくのがサーバーエンジニアになります。

サーバーエンジニアに必要なスキル

サーバーエンジニアにはサーバーの知識だけでなく多様なスキルが必要になります。

サーバーエンジニアとして使うことになるプログラミング言語の習得やデータベースの構築に関するスキルは必須になります。

サーバーとクライアントの双方のコンピュータが繋がることによってサービスを提供するためネットワークの知識も必要になります。

そのためネットワークエンジニアが取得するCCNA試験に合格できるレベルのネットワークに関する基礎知識の習得は必須です。

サーバー構築に使われるWindowsServerやLinuxのスキル、サーバーサイドの作業環境を習得することも大切です。

サーバーエンジニア育成スクール

ここからは独学で勉強するのは難しいサーバーエンジニアのスキルを効率的に学習していくことができるおすすめの育成スクールを紹介します。

各スクールによって異なる特徴を持っています。スケジュールの組みやすさやサポート面などに違いがあるので、スクール選びの1つの参考にしてみてください。

エンジニアカレッジ(プロエンジニア)

【完全無料のインフラ学習スクール】エンジニアカレッジ

エンジニアカレッジ

エンジニアカレッジは、無料で授業が受けられるエンジニア育成スクールです。

IT人材サービスで歴史と実績のあるインターノウス社が主催しています。企業から協賛金を募ることで受講料が無料なんですね。

授業内容は個別研修、通学による授業があり、最後は先輩エンジニアの補佐という形で実際の現場で研修します。

資格取得サポートを行っているのもポイントです。サーバーエンジニア職は資格があるとかなり有利ですからね。

受講生の得意分野に合った就職先を紹介してくれるサポートも魅力です。

有名な大手企業などへの就職支援もあり、提携する企業数は800社、3500件もの求人数があり、ITスクールの中では最大級です。

正社員への就業率も96.2%という実績があるスクールです。

途中退会によるペナルティはありません。

通いやすいスクールですね。

エンジニアカレッジの無料体験に参加する<<公式ページへ>>

KENスクール

パソコン教室・ITスクール | 資格と就職に強いKENスクール

KENスクール

KENスクールは、実践的な授業でサーバーエンジニアになるためのスキルを習得していくことができるスクールです。

授業は個別指導で行われるため、分からないことがすぐに解決できるのも魅力です。

WindowsサーバーとLinuxサーバーの構築講座が用意されており、段階的に知識を身につけていくことができます。

受講生は環境が整った学習室を使い放題で利用できるので、自主的な学習も快適に行うことができます。

就職に有利な資格の模擬試験なども受けることができ、実践的な授業と平行して資格の取得も可能です。

サーバーエンジニアスクール グッドワークス

https://www.good-works.co.jp/se-school/

サーバーエンジニアスクール

「サーバーエンジニアスクール グッドワークス」は、Linuxサーバー構築技術を無料で受講することができるスクールです。

基礎研修を受けた後は、職場と同じ流れで開発体験ができ、即戦力になる人材を目指すことができます。

キャリアカウンセラーの資格を持つベテランSEによるキャリアプランのアドバイスも受けられます。

希望者は運営会社の正社員登用制度も利用できるので、サーバーエンジニアとしてスムーズにスタートを切ることができます。

システムアーキテクチュアナレッジ

http://www.networkacademy.jp/

システムアーキテクチャナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジは、現役エンジニアによる最先端の授業を受けることができるスクールです。

サーバーエンジニアに必須の資格でもあるCCNAやLPICを試験に合格するまでサポートしてくれるのも心強いですね。

基礎的なところから講義と実践を繰り返してスキルを習得できるようになっており、就職もスムーズに行うことができます。

忙しい社会人の方にも安心の平日夜間コースもあり、柔軟な受講体制が整っています。未経験から使える人材になるために必要なスキルや資格が身につくおすすめのスクールです。

WINスクール

http://www.winschool.jp/

Winスクール

WINスクールは、豊富な授業の中から目的に合わせて最適な講座を受けることができるスクールです。

受講スタイルも曜日固定、自由予約、事前予約など個々に合わせたスタイルを選択できるようになっています。サーバーの基礎を学べる講座から、本格的にサーバーエンジニアになれる講座まで揃っています。

個人レッスンによる試験対策を受けることができ、難しい試験も一発で合格できるように学習を進めることができます。

実機を使った個人レッスンを積み重ねることで、就職した際に戸惑うことなく業務を進められる人材を目指せます。

リナックスアカデミー

ITエンジニアスクールNo1のリナックスアカデミー

リナックスアカデミー プログラミングスクール

リナックスアカデミーは、日本初のIT教育専門機関として質の高い授業を受けることができるスクールです。

担任講師による少人数制の授業は、同じ目的を持って集まった同期と出会える場でもあります。

実機に触れながら授業を進めることにより、構築・運用・管理スキルを徹底して学べるようになっています。

キャリアアップに直結する資格は、試験に受かるまで無料で講義を受けられる合格保証制度がついています。

プロのキャリアカウンセラーが就職決定まで手厚いサポートをしてくれるのもポイントです。

希望に沿った優良企業の紹介も受けられるので、スキル習得からキャリアスタートまで一貫したサポートが嬉しいスクールです。

無料の学校

http://www.heatwavenet.co.jp/free_academy/

無料の学校は、18歳~38歳までの就職・転職希望者が無料で授業を受けることができるスクールです。

IT転職で年齢による不安を感じている方は30代からプログラミングを学んで転職するポイントは1つだけ【未経験OK!】をご覧ください。

IT業界へのキャリアチェンジに興味がある方には最適なスクールです。3ヶ月の集中レッスンでサーバーエンジニアになるためのスキルを習得していきます。

無料の講義には実機に触れながら行う実践的な授業の他、CCNAの試験対策なども含まれています。

また就活支援やビジネスマナーなど、社会人の基礎的なスキル習得も行えます。

卒業後は連携している企業への就職サポートがあるので、身につけたスキルを活用して新しいキャリアをスタートできます。

おすすめはどこ?

上で紹介したサイトを見ていて、「学ぶことはどこも何となく似てるなあ」という印象を持ったかと思います。

プログラミングと違ってインフラ系の学習はカリキュラムが固定的です。

なので、カリキュラム以外のサービスの良さが判断基準になりますね。

そのような総合判断で一歩秀でているのが「エンジニアカレッジ」。

  • 無料
  • 実践的な学習あり
  • 求人案件3500件以上
  • 転職パートナー企業数800社

この中で「無料」「求人案件を豊富に抱えている」というのはやはりメリットを感じずにはいられませんね。

無料の体験会も実施していますので、気になる方はまずは受けてみましょう。そのあと判断する感じでよいと思います。

エンジニアカレッジの無料体験に参加する<<公式ページへ>>

まとめ

今回は未経験からでもサーバーエンジニアを目指すことができる育成スクールを紹介しました。

専門的な知識や資格取得など、サーバーエンジニアになるためには様々なスキルの習得が必要になります。

特に就職した際に即戦力となる人材になるには、スクールでの学習が必須と言えるでしょう。

転職サポートがついたスクールなら、希望に合った企業の紹介も受けることができます。

何事もキャリアをスタートさせることが大切です。

基礎的な知識はスクールを活用して最短で身につけて、新しい職場でキャリアをスタートさせましょう。

-言語

Copyright© ピーエスワン , 2018 All Rights Reserved.