プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

JAC(ジェイエイシー)リクルートメントの口コミと評判

投稿日:

「マネージャー・管理職をたくさん扱っているエージェントはないかな?」

「外資系に強いエージェントがなかなか見つからないなあ。。」

管理職、外資系

ニッチですがこだわりがある人には需要が強い分野です。

そんな需要を満たしてくれるのが、JACリクルートメントです。

JACリクルートメントはハイキャリアを目指す方におすすめしたいエージェントです。

外資系の転職サポートも得意としております。

本記事ではJACリクルートメントの、メリット・デメリット及び、口コミについてご紹介します。

読んでみて「探してたエージェントはこれこれ」と思った方はぜひ利用してみてください。

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントの基本的な特徴についてまずは説明していきます。

JACリクルートメントは他のエージェントに比べて優れた点がいくつか存在します。

特徴1: 業種ごとに担当者が別れている

JACリクルートメントは、業種ごとに担当者が別れています。

外資系を目指すなら、外資系専門の担当者があなたについてくれます。

そのため、その分野の専門知識を持った担当者がアドバイスを的確に行ってくれます。

また、専門知識を持っている人の方が、よりマッチングしやすい会社も探してくれます。

外資系などは非常に合格難易度が高い業種なのですが、しっかりと専門家にアドバイスを聞くことによって、合格へと近づくことができるでしょう。

更には、JACリクルートメントは、面接対策や提出書類の確認にも力を入れています。ハイキャリアを目指したい意思の強い方に対しては、担当者は全力で応援してくれるでしょう。

管理職・マネージャー希望の人を相手にしますので、コンサルタントに対する教育体制が非常に充実しています。

新入社員研修から、中途入社研修、英語学習支援制度など様々な教育制度があります。

コンサルタントはそれらの教育を受けているため、サポート力は非常に高いレベルを保っています。

そのような企業努力もあり、JACリクルートメントはハイキャリアを目指す人から支持を受けています。

特徴2: 他にはないハイキャリア案件を紹介してくれる

JACリクルートメントは他のエージェントに無いハイキャリア案件を紹介してくれることが多いです。

現状の給料や福利厚生に不満がある方、今よりもっとキャリアアップしていきたい方には利用して損は無いエージェントです。

JACリクルートメントの利用者は、既にそれなりのキャリアを得ている人が多いです。

年収で言うと500万円以上が目安になるでしょう。

こういった人でないと、JACリクルートメントに掲載されているようなハイキャリア案件には応募ができません。

JACリクルートメントは、既に高収入を得ていて、かつこれからもっと上を目指したい人が適しています。

特徴3: 外資系企業に強め

JACリクルートメントの様々な企業への転職に対応してくれます。

しかしその中で最も力を入れているのが、外資系企業に対する転職です。

元々JACリクルートメントは、イギリスで創業されたエージェントです。

そのような経緯もあり、海外の求人が多めに扱われているのです。

外資系への転職は非常に難しいと言われています。

まず高い英語力が必要になります。面接は英語で行われ、提出書類も全て英語で書かないといけないからです。

ですが、JACリクルートメントでは英語での模擬面接を行ってくれます。

他のエージェントではまずできないことですね。

また、提出書類の翻訳サポート及び、英語の使い方が正しいかの添削も受けることが可能です。

jac

.JACリクルートメントの口コミ・評判

JACリクルートメントの口コミ・評判について見ていきます。

JACリクルートメントは利用者のキャリアやエージェントに求めるもにによって、評価が大きく変わってきます。

良い評判、悪い評判それぞれ纏めたので、参考にして下さい。

良い口コミ・評判

JACリクルートメントの良い口コミはこのようになっていました。

エージェントが個人事業主のような働き方をしており、担当が直接企業側と交渉できるメリットがあるようです。

直接交渉できると話をスムーズに行うことができるというメリットがありますね。

また、やはり海外勤務案件がJACリクルートメントは多いようです。

特にヨーロッパの案件は他のエージェントには少なく、ここを使うのが良いようですね。

やはり元々ハイキャリアだった人や、外資系や海外企業を目指している方は、高評価をつけることが多い印象でした。

コンサルタント直々の面接対策があったり、書類通過率が高かったり、JACリクルートメントの良さを語っています。

悪い口コミ・評判

悪い口コミはこのような感じのものが並んでおりました。

目立っていたのは、「ハイクラス求人が多すぎて自分には難しい」という意見です。

ある程度のキャリアを持っている方以外からは、JACリクルートメントは評価がそこまで高くはありません。

また、担当者によってはエージェントの質があまり高くないという評価も多かったです。

JACリクルートメントを利用する方はそれなりに社会経験がある人が多いため、担当者に対しても社会経験を求める人も多いのでしょう

更には担当者の質問が、やや的外れであるという意見もありました。

在学中の就活の実績とか、会社に入社した理由とか、今更聞いてどうするという意見です。

これに関しては、質問の内容うんぬんよりも、担当者の聞き方に問題があったのかもしれませんね。

後述しますが、JACリクルートメントの担当者は対応が淡々としていることも多く、それが嫌な人も多いようですね。

jac

JACリクルートメントのデメリット・弱み

ハイキャリアではない案件が少ない

JACリクルートメントのハイキャリアの案件は多いですが、それ以外の案件は殆どありません。

管理職に就いていたたり、現時点で既にそれなりのキャリアを得ていなければ、案件を数多く紹介してくれない傾向があります。

これはエージェントの方針的に仕方がないと言えるでしょう。

全てのキャリアの人に合わせたサポートはなかなか難しいです。

また大手企業の求人が多く、ベンチャー企業は少なめです。

「ベンチャー企業でバリバリ今後は働きたい」というタイプの人もあまり向いていません。

また現時点でキャリアが低い人に対しては、担当者があまりちゃんとサポートしてくれないという口コミもありました。

ただし公式ホームページによると、理系大学院を卒業している方の場合、キャリアが浅くても応募可能な求人もあるとのことです。

大学院を卒業してる方は、応募時に研究概要なども知らせておくと良いでしょう。

転職する意思が弱いと担当者が冷たくなるときがある

JACリクルートメントの担当者は転職希望者に対して、高いレベルと熱意を求めてきます。

転職する意思が弱い方に対しては、ハイキャリアを得ている人であっても、冷たく対応されることがあります。

エージェントに登録したときの頃は求人を数多く紹介してくれたのに、しばらくしたらほとんど紹介してもらえなくなる、というパターンが多いです。

職務経歴書の添削や模擬面接も、熱意を感じる人に対してでないと、アドバイスをしてこない傾向があります。

JACリクルートメントを利用する方は、それなりの覚悟を持つようにしましょう。

もし「もっと優しくサポートして欲しい」という方は、リクルートなどの別のエージェントを選ぶ方が良いです。

担当者が変わるときがある

JACリクルートメントは、業種ごとに担当者が変わるのが特徴です。

その業務専門の担当者を付けてもらえるのは良いですが、実はこの仕組みにはデメリットも存在します。

希望業種が変わると、転職活動途中であっても担当者が変わってしまいます。

担当者が変わると、また一から同じ説明をしなくてはいけなかったり、面倒なことも多いです。

また担当者によって対応に差がある場合もあり、担当者の質が下がってしまうこともあります。

上手く担当者の間で業務内容を引き継いでくれると良いのですが、引き続きが上手くいってないと思われる場合もあります。

ある程度どの業種に転職するか決めている人の方が、JACリクルートメントは利用しやすいかもしれません。

JACリクルートメントの求人情報

取り扱いが多い業種

金融、IT・通信

取り扱いが多い職種

営業、ITエンジニア、コンサルティング

対応地域

全国、海外

JACリクルートメントの登録から内定までの流れ

申し込み・登録

申し込みはJACリクルートメントの公式ホームページから登録できます。

JACリクルートメントの場合は、郵送で登録をすることもできます。

応募時に履歴書や職務経歴書を輸送して応募するとになります。

ただし、担当者とのやり取りはメールを使って行うため、いずれにせよネット環境は必要になります。

カウンセリング

会員登録後に担当者との面談で用意されています。

カウンセリングでは、希望の業種や経験などを掘り下げて聞かれることになります。

JACリクルートメントは全国に9店舗存在するため、お近くの店舗に出向くことになります。

  • 東京本社
  • 北関東支店
  • 横浜支店
  • 名古屋支店
  • 静岡支店
  • 大阪支店
  • 京都支店
  • 神戸支店
  • 中国支店

求人紹介

面談後は、ご自身が希望する年収や仕事内容に応じた求人を紹介してくれます。

JACリクルートメントの場合は、業種によって担当者が変更されます。

各業種のプロフェッショナルが、幅広く求人を紹介していきます。

書類応募

応募する企業が決まったら、エージェント側が応募を代行してくれます。

また、書類関係もエージェントが添削してくれます。

外資系企業の英語の書類に関しても、専門家で丁寧に見てくれます。

英文が文法や形式について指摘してくれるので、書類審査が落とされる確率を下げることができます。

面接

書類審査が通れば面接を受けます。

面接に不安がある方は、模擬面接のサービスも受けることができます。

JACリクルートメントでは、英語での模擬面接にも対応しています。

また、企業側がどのような人材が欲しいか教えてくれるため、それに合わせて面接練習を行うことができます。

内定

内定後は、担当者から連絡がきます。

入社日の調整や給与交渉などはエージェントが代行してくれます。

また円満退職のコツについてもアドバイスがもらえます。

入社前に不安な点がありましたら、積極的に相談するのが肝心です。

JACリクルートメントが向いている人・オススメな人

JACリクルートメントに向いている方は、キャリアアップを目指す人、管理職を目指す人です。

今よりもっと上に行きたいという熱意を持った方に対しては、担当者も熱心でサポートしてくれます。

ただし、現状でそれなりのキャリアを得ている人でないと、紹介される求人数が少なくなってしまう恐れがあります。

現職である程度の役職を持っている、年収500万以上あることが1つの目安です。

とはいえ、転職先の候補を増やすことは良いことです。

「求人案件を知りたい、見てみたい」という気持ちで気軽に応募しても良いかと思います。

>> JACリクルートメントの詳細を見る | 公式サイトへ

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.