プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

言語

【初心者向け】Javaは難しい言語だけど学ぶメリットがある

更新日:

プログラミング コース

「これからプログラミングを学習しようと思ってるんだけど、プログラミング言語ってたくさんあるんだな。」

「Javaっていう言語が人気みたいだけど、Javaって初心者でも覚えられるの?Javaって難しいの?」

今回はこんな疑問を持っている方に向けて、Javaを学ぶメリットについて解説したいと思います。

それでは、一緒に見ていきましょう。

JAVAが学べるプログラミングスクール

プログラマカレッジ ※無料で受けられるスクール

CodeCamp ※無料体験レッスンあり

Javaってどんなプログラミング言語?

Javaは難しい部類のプログラミング言語

プログラミング言語は現在200種類ほど存在していると言われています。

そのプログラミング言語のひとつにJavaがあります。Javaは世界的にも人気がある言語で、非常に多くのプログラマーが習得しているんですね。

ただ、人気のプログラミング言語とは、覚える事や使う事が簡単であるという意味ではないんです。

プログラミング初心者からしたら、むしろJavaは覚えるのが難しい部類のプログラミング言語です。

HTMLやCSSの方がWeb画面に表示させる事に用途が限られているので初心者が取り組みやすいです。

書いたコードはすぐにブラウザで確認できるので覚えやすくもあります。

では、Javaとはどういう言語なのでしょうか。次から見ていきたいと思います。

Javaは応用力があるプログラミング言語

Javaは私たちの生活の身近なところで使われています。

ちょっと例をあげてみますね。

  • Android
  • パソコンのソフトウェア
  • 企業向けのシステム
  • POSシステム(コンビニのレジ)
  • Blue-rayプレーヤー
  • ゲーム

ものすごくバラエティに富んでいますね。

全く違う製品ですが、全部Javaというプログラミング言語で作られています。Javaは「応用が効いて便利。」「Javaだけでいろんな機能や製品を作ることができる。」とイメージできるのではないでしょうか。

さらに、Javaは現在も進化し続けていています。奥が深く、ベテランのプログラマーでも新しい技術を日々勉強しています。

このような理由から「Javaは初心者が取り組みやすいプログラム言語」という訳ではないんですね。

JAVAが難しいと言われる理由

JAVAがどうして難しいと言われるのには他にも理由があります。

まずはその理由を整理し、そこから言語の特性を考えていきましょう。

学習環境をそろえにくい

JAVAは学習環境をそろえにくいという問題があります。

最近は動画学習サイトなんかがあり、そこでJAVAを勉強可能です。

しかしそこで学べるものだけでは、中々JAVAをマスターすることはできません。

JAVAは勉強範囲が広く、動画学習サイトも範囲を網羅しにくいのです。

また、JAVAには数多くのフレームワークというものがあって、これも厄介。

フレームワークとは、アプリを作るときに使う要は枠組みみたいなもの。

フレームワークまで習得するとなると、動画学習サイトだけでは結構難しくなります。

勉強しないといけないことがたくさんある

JAVAを扱うにあたって、勉強しないといけないことがたくさんあります。

JAVAの文法だけでなく、ハードウェアやネットワークの知識を知っていないといけないことも。

また、JAVAを学ぶためにはまず「オブジェクト指向」というものを理解しないといけません。

JAVAプログラマーとして一人前になるには、時間がかかります。

他の言語より複雑

JAVAはそもそも文法構造が他の言語よりも複雑です。

同じ処理を他の言語で書くよりも、プログラムのコード量が多くなります。

なので、エラーが起きた場合に、修正が大変なことがあるのです。

phpなんかは、コードの記述量が少ないプログラミング言語と言われています。

難しいJAVAを学ぶ方法:プログラミングスクールを活用

ここまでJAVAが難しい言語ということを説明してきました。

とはいえJAVAは、需要も高く学ぶ価値のある言語です。

せっかく興味を持ったのに、難しいという理由で避けてしまうのはもったいないと言えます。

では、JAVAを学ぶにはどうしたらよいか。

おすすめしたいのが、プログラミングスクールを活用することです。

プログラミングスクールなら、1からプログラミングの基礎をみっちり教えてくれます。

JAVAは学習環境をそろえるだけでも難しく、独学だと苦戦しかねません。

JAVAを学べるおすすめのプログラミングスクールは以下の2つ。

  • プログラマカレッジ
  • CodeCamp

また、以下のページに、他にもおすすめのプログラミングスクールを紹介しています。

プログラマカレッジ

20代のエンジニア転職ならプログラマカレッジ | プロエンジニア

ProEnginner プログラマカレッジ

プログラマカレッジは、無料のプログラミングスクールです。

JAVAをはじめ、需要の高いプログラミング言語を学ぶことができます。

さらには、プログラマーへの転職サポートまで行ってくれます。

優良なIT企業をいくつか紹介してくれるのです。

未経験から転職できるまで、あなたの成長を一括でサポート。

通常プログラミングスクールは、お金を支払わないと利用できません。

なぜプログラマカレッジは無料なのかというと、紹介される企業から紹介料をもらっているから。

転職者からしたらプログラミングを勉強できて、その上仕事まで紹介してくれるなんて、ありがたいですよね。

転職者側、スクール側、企業側、全員が得をする「win-win-win」のサービスといった感じです。

>> プログラマカレッジの詳細を見る | 公式サイトへ

CodeCamp

プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp

codecamp

有料のプログラミングスクールの中ではCodeCampがおすすめです。

CodeCampは個別指導の質が高いのが特徴。

現役エンジニアが分からないところを丁寧に教えてくれます。

JAVAのような難しい言語も基礎から説明してくれるので、心強いです。

今なら無料体験レッスンも行っています。

体験レッスンでは、JAVAを習得する具体的な方法を教えてもらえます。

>> CodeCampの詳細を見る | 公式サイトへ

Java使うメリットは?

勘のよい方はここで1つ疑問が浮かぶのではないでしょうか。

「なんでたくさんのシステムでJavaが採用されてるの?」

この疑問に答えていきたいと思います。

結論としては以下の2点。

  • 環境に依存せずプログラムが動かせるから
  • 処理の速度が早いから

順番に見ていきたいと思います。

環境に依存せずプログラムが動かせる

1つ目の理由が「Javaはシステム環境に縛られずに動かすことが出来る汎用的なプログラムである」という特徴があります。

プログラム言語の中には特定のシステム環境下でしか動かないものもあります。その場合はプログラミングする条件などが限られてしまうこともあり、エンジニアにとっても悩みの種なんですね。

ただ、Javaは違います。

Javaは特定の環境に依存しないんです。パソコンで言うとWindowsでもMacでも動かすことができるんですね。なので、様々なOSでソフトウェアやアプリケーションを作ることができます。

処理の速度が早い

Javaが使われている2つ目の理由は処理の速度が早いことです。

例えば、銀行のATMがメチャクチャ遅かったらどうでしょう?

引き出しボタンを押して金額を入力する画面に行くまでに30秒かかる。引き出しを実行してお金が出てくるまでに1分かかる。こんな感じだと大迷惑ですよね。

システムを作るときはこんなことが起こらないように処理速度をものすごく気にします。

では、どうすれば処理が早くなるんでしょうか?

色々あると思いますが以下の3つの要素が大きいと思います。

  • ハードウェアを高性能な機器にする
  • メモリ消費を意識してプログラムを書く
  • 機械語で実行するプログラミング言語を選ぶ

ここで3番目の「機械語で実行するプログラミング言語を選ぶ」に注目しましょう。

Javaはこれに該当していて、コンパイルという作業で機械語に置き換えないとプログラムが実行できないんですね。

このコンパイルをすることでシステムを動かすのに最適な状態になります。機械が機械語のまま読み込むのでシステムが行う処理が早くなるんですね。

もちろんシステムの規模や扱うデータなど様々な要因によって速度は変わってきますが、処理が早いプログラム言語であるという事がJavaが多く扱われる理由でもあるのです。

逆にコンパイルを行わないプログラミング言語は以下のようなものがあります。

  • JavaScript
  • Python
  • PHP
  • Ruby

どれもWebサービスでよく利用されているプログラミング言語で、「スピーディな開発ができる」などの特徴があります。Web系のスタートアップでよく利用されている言語です。

Pythonについて

PythonはJavaと同等に人気のあるプログラミング言語ですが、最近Javaを抜いて1位になりました。

参考: PythonついにJavaを抜く | ASCII.JP

AI・機械学習の需要が伸びた。初心者でも学びやすいというのが大きな理由だと思います。AIエンジニアやデータサイエンティストなどの道も切り開けます。

こちらの言語もぜひチェックしてみてくださいね。

AI Python
Pythonスクールおすすめ10選|プログラミング内容・料金など

目次1 Pythonが学べるプログラミングスクール一覧2 PythonとAIが学べるスクールを紹介します3 Pythonの話題・トレンド4 AI領域ではPythonが主流な理由5 プログラミングスクー ...

続きを見る

参考: Javaを勉強中の学生の紹介

Javaのメリットのお話からちょっと脱線。Javaを猛勉強している学生に記事を寄稿してもらいました。

プログラマカレッジというスクールに通っています。Javaをメインに学習するスクールで、受講料が無料のプログラミングスクールです。

学生目線の記事ですが、社会人の方でもとても参考になる記事でした。Javaを勉強してみたい方はぜひご一読ください。

学生 スマホ タブレット パソコン
生の体験談-大学生がプログラマカレッジを受講するメリットデメリット

「プログラミングスクールの料金は高いな。。社会人はまだいいけど、大学生には厳しい出費。。てか払えない。」 「でも、ネットで調べてみると無料でプログラミングが学べるスクールがあるぞ。中でもプロエンジニア ...

続きを見る

Javaを学習するメリット

Javaは幅広く需要あり【就職・転職に困らない】

先述した通り、Javaは私たちの周りのたくさんのシステムで使われています。

色んな業界のいろんな製品で使われているので、Javaができればまず仕事に困ることがないと言えるでしょう。

銀行や電子マネーなどの比較的規模が大きいシステムや、GmailなどでもJavaを使っています。その運用・保守、または新しくシステムを作る為にはJavaプログラマーが必要になります。

現在は常にIT人材不足が叫ばれており、そうした状況下でJavaプログラマー募集は非常に多いです。

国内でも需要があり、また海外でもJavaは多くの場面で使用されているので、海外で就職したいという方もJavaを学習する事はメリットが大きいです。

Javaは学習環境が充実している【本・スクール・Webサイトで学べる】

最新の技術を学習すれば、確かに時代の流行に乗ることが出来て楽しい要素がたくさんあると思います。

しかし新しいプログラミング言語は、いざ学習をしようと思っても学習方法など選択肢が少ない事が多いです。今だとブロックチェーン技術がまさにそれですね。

特定の人間しか知らない技術では、学習内容が網羅出来ているのか不確定な部分も多く、困った時に質問する相手を探すのに苦労したりします。

Javaはその心配が不要で、プログラミング言語の中でも歴史があり、改良されてきたものです。書籍も多く、プログラミングスクールやセミナーなども至るところで開催されています。

インターネットで調べるだけでもJavaの技術や情報について深く知れるサイトがたくさんあります。

動画などを見てオンラインで学習出来る環境も数多くありますので、自分に合った学習の方法を選択することが可能です。

学習で困った時にもJavaプログラマーに聞く事が出来る機会は他にも比べて多いです。インターネット上では「teratail」など技術に関しての質問サイトなるものも存在しています。

Javaに限らず様々なプログラミング言語についてのコミュニティはあります。ただ、Javaは人気の言語なだけありJavaに関してのトピックがたくさんあります。

現役プログラマーが技術についての情報共有をしている「Qiita」というサイトもあるんですね。そこから問題を解消できるケースもありますよ。

要約すると、豊富な情報が世の中に蓄積されているので、他の言語に比べて学習しやすいということになります。

Javaを勉強すると他のプログラミング言語が学習しやすくなる

Javaは「オブジェクト指向」という概念のプログラミング言語です。

この「オブジェクト指向」が何なのかという点については学習を進めるなか理解していきますのでここでは紹介しませんが、他のプログラミング言語(Ruby,PHP,javaScript等)も同じオブジェクト指向の概念を持っています。

その中でもJavaはオブジェクト指向のプログラムを効率的に使っている言語なので、よほどひどいコードでない限りオブジェクトをどのように使うのかが実際のプログラムを見ていくことでわかるでしょう。

なのでJavaを一通り学習して、「簡単なプログラムは書けます。」というレベルまで行けば他の言語の学習が楽になります。

書き方は違えど、条件分岐やループ処理などはとの言語でも使うので、他の言語でプログラムを作る時も「ここではこんな形でプログラムを書けばいいのかな」と判断するスピードも速くなります。

何よりもJavaは色々な事が出来ますので、たくさん学習した分だけプログラミングの実力が上がります。

データの「型」やエラー1つについても細かく定義されているので、Javaの学習の後にPHPなどの勉強をすると簡単に思う人が傾向として多いです。

まとめ

Javaを学ぶメリットについて解説しました。

PHPやRubyなどのプログラミング言語と比べると難しいため、習得までに時間がかかることは確かです。

ただ、習得するとそれなりに大きなメリットが得られますね。

  • 色んな業種に活かせる
  • 就職・転職しやすい
  • 応用が効く

最初は本やWebサイトでさらっとやってみることをおすすめします。やってみて「合わない」「難し過ぎる」と感じたら違うプログラミング言語に切り替えるといった感じですね。

逆に「面白い!」「もっとスキルを磨きたい!」と思ったら有料のWebサービスやプログラミングスクールを検討してみてもよいかと思います。

プロエンジニアが主催するプログラマカレッジは無料でJavaが学べて転職サポートも付いているスクールです。

プログラミングを学ぶだけじゃなく、IT業界に転職したいと思っている方は是非チェックしてみてください。

ProEnginner プログラマカレッジ
プロエンジニアの無料プログラミングスクール!プログラマカレッジの特徴・評判

プログラミングスクール「ProEngineer(プロエンジニア)のプログラマカレッジ」をより詳しく知りたい人向けにスクール情報を網羅的にまとめました。 転職サポートや身に付けられるスキルなど、ProE ...

続きを見る

パソコン プログラミング 男性
Java講座があるスクールを初心者向けに5つ紹介【料金・口コミ情報比較】

「Javaを独学で勉強し始めたけど、スクールで本格的に勉強したい」 「プログラミングスクールでJavaを覚えて転職・就職に活かしたい」 今回はこのような目的でJavaスクールを探している方に向けておす ...

続きを見る

 

【PR】

DMM WEBCAMP

  • 特記事項: オンライン受講も可能です
  • 主催: 株式会社Infratop(DMMグループ)
  • 期間: 3ヶ月〜
  • 料金: 26,000円〜(分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

DMM WEBCAMPは転職保証付きのプログラミングスクールです。3ヶ月間のプログラミング学習と転職を支援するキャリアサポートで未経験からのエンジニア転職を実現します。HTMLからRubyまでWeb系開発に必要なプログラミング言語を総合的に学ぶことができるカリキュラムです。キャリアチェンジしたい人にオススメのスクールです。


RaiseTech(レイズテック)

  • 主催: 株式会社RaiseTech
  • 期間: 4ヶ月
  • 料金: 261,800円〜
  • 主な言語・技術: Java、PHP、AWS、WordPress

RaiseTech(レイズテック)はオンラインのプログラミングスクールです。週に1度(2時間程度)のビデオチャット講座、自習課題の取り組み、不明点のオンラインサポートでカリキュラムを進めていきます。「習得する」でなく「エンジニアになる」ことを目標とした講座内容です。プログラミングの他に現場で必要な周辺技術も同時に学ぶことができます。プログラミングを職業にしたい人のためのオンラインスクールです。

 

-言語

Copyright© ピーエスワン , 2020 All Rights Reserved.