プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

体験談

リナックスアカデミーの感想【Javaを学んで転職成功したよ】体験談

投稿日:

ここ数年、新しいプログラミングスクールが増えてきていますね。

そんな中で、2000年代の前半からプログラミングスクールを運営してきているのがリナックスアカデミーです。

今回はリナックスアカデミー のJavaコースを受講したM・Kさんに体験談を書いて頂きました。

リナックスアカデミーを検討している人はぜひ参考にしてください。

男性 顔イラスト
フリーライターのM・Kさん

【プロフィール】

フリーライターのM・Kと申します。

文系大学を卒業してから、IT企業にてプログラマー、システムエンジニアなどを経験し、現在はフリーライターとして活動しています。

IT業界に転職するときにリナックスアカデミーを利用しました。 

どうぞ、よろしくお願いします。

プログラミングスクールに通おうと思った経緯

僕は文系の大学を卒業してから学校の事務職員として働いていました。

ただ、「何かスキルの身につく仕事をした方がいいよな」「これからの時代は手に職と言えるスキルがないとダメだ」そんな風に考えていました。

自分の将来が不安だったんです。

自分の出来ることや強みを考えてみたところ、「パソコン操作は得意な方だよな」と思いました。

その前向きな気持ちを活かそうと思い、手に職の代表格であるプログラマーを目指すことにしました。

しかし、僕は文系の大学出身です。プログラミングに関する知識も全くありません。

このまま転職してプログラマーとしてやっていけるのか不安でした。そもそもIT企業に転職できるのかどうかも分からない状態です。

そこで、必要最低限の知識を身につけてからプログラマーに転職しようと考えました。

ただ、働きながらだと時間がかかってしまうし、中途半端になってしまうかもしれません。

収入がある状態はおいしいですが、退路を絶って、会社を退職してプログラミングに専念することにしました。

僕がリナックスアカデミーを選んだ理由

数あるプログラミングスクールの中でリナックスアカデミーを選んだ理由をお伝えします。

僕の場合、「質の高い講義」「資格取得」「転職サポート」という自分の中の外せない条件がありました。

この条件に合致したのがリナックスアカデミーです。

条件がそのまま選んだ理由になりました。

  • ライブ講義で授業を受けることができる
  • 資格対策を重視している
  • 転職サポートがしっかりしている

理由1: ライブ講義で授業を受けることができる

最近は「動画学習」「講師がフォロー」といった形式のプログラミングスクールが多いですよね。

リナックスアカデミーでは上のような形式をとっていません。一つの教室に生徒が集まって、講師が授業をするというスタイルをとっています。

学校の授業と同じですね。

しかも、一つのクラスが少人数です。

わからないことや不安なことはすぐに聞くことができます。

少人数なので同期とは仲間意識が芽生えるため、助け合いながら学べると思いました。

理由2: 資格対策を重視している

IT企業への転職を希望していましたが、プログラミングもIT業界も未経験。

何か資格を持っておいた方が、プログラマーを目指す意欲が高いことの証明になるんじゃないかと思いました。

リナックスアカデミーでは、OCJ-P(Oracle認定Javaプログラマー)やOSS-DB(オープンソースデータベース技術者認定試験)といったIT系の資格対策がコースに含まれています。

ちゃんと授業を受ければ資格が取れる点に魅力を感じました。

理由3: 転職サポートがしっかりしている

なんといっても、一番大事なのが就職できるかどうかということですよね。

リナックスアカデミーは、カリキュラムを修了した後にキャリアコンサルタントが転職サポートをしてくれます。求人紹介やカウンセリング、書類作成の指導、面接指導をしてくれます。

転職のための専門家がいるので、安心して就職活動に専念できると思いました。

 

↑ITキャリア相談、校内見学ができます。

リナックスアカデミーで実際に学んだこと

ここからは、僕がリナックスアカデミーで実際に学んだことをお伝えします。授業の内容が気になっていた人はぜひ参考にしてくださいね。

リナックスアカデミーはコースが豊富です。コースごとに学べる言語や技術が異なります。

僕はその中で、プログラミング言語の「Java」とデータベースを操作する言語「SQL」が学べるコースを受講しました。受講期間は約3ヶ月です。

授業のスタイルは以下のようなイメージです。

  • 自分の前にパソコンがある
  • 先生の講義を聴きながら実際に手を動かす
  • プログラムを実行してみる

プログラミング入門ということで、一番最初にHTMLとCSSについて簡単に学びました。

その後にJavaの学習が本格的にスタート。スクールからいただいたテキストをもとに授業が進みました。

はじめのうちは「コマンドプロンプトにJavaのコードを書いて実行する」ということを繰り返しました。if文や、for文など、プログラミングの基本文法を学びました。

コマンドプロンプトが慣れないこともあって少々つらかったですね。

でも、なんとか乗り切ることができました。

基本的なことを一通り学んだあとは「eclipse」と呼ばれる統合開発環境を使用します。プログラミングのための専用ツールを使ってJavaの学習をしました。

ここでは、簡単なプログラミングを作成、その仕組みを理解、徐々に難しいJavaプログラミングに挑戦して行くという流れでした。

最後の方では『クラス』や『継承』などのプログラミング独特の考え方が出てきます。初心者が「難しい」と感じるところらしいです。

僕も例外なくハマってしまい、理解するのに時間がかかりました。

そして、Javaプログラミングのあとは『pgAdmin』というツールを使用して『PostgreSQL』について学びました。

ここでは、データの検索、抽出、挿入、削除などの基本的な操作と構文を学びました。

JavaとSQLのカリキュラムの後は、修了課題として簡単なECサイトを作りました。

ECサイトの制作は二人一組で行います。企画、設計、実装、テストまで実際のサービス開発と同じ工程を経験しました。

どこにどんな技術を利用したのかもあげておきますね。

  • HTMLとCSSでサイトの画面作り
  • Javaで内部処理のプログラミング
  • PostgreSQLで商品の情報の管理

こう見ると、今まで勉強したことがフル活用されていることが分かりますね。

初めてということもあり、ECサイト制作は思った以上に大変でした。

ただ、二人一組だったので、わからない部分はすぐに相方に聞くことができました。システムが完成して動いた時はとても嬉しかったですね。

一緒に制作した相方とも仲良くなり、人脈を広げることもできました。

 

↑ITキャリア相談、校内見学ができます。

リナックスアカデミーを終了して身に付いたこと

  • プログラミングの基礎的なスキル
  • 他人から指示された内容を理解する
  • 頭の中で整理する力

リナックスアカデミーを受講して身に付いたスキルです。

3ヶ月という期間でJavaとSQLを完璧にマスターすることは難しいと思います。ただ、現役バリバリでやってるプログラマーも悩みながらプログラミングをしています。

分からないことは調べて、上手くいくまでやり続ける感じですね。その積み重ねが知恵になりスキルになります。

僕はリナックスアカデミーでJavaとSQLの基礎的な知識を身に付けました。プログラマーとしてスタートラインに立ったところです。あとは実際に現場に出て、仕事をこなしていく中でプログラミングスキルを鍛えていくつもりです。

現役のプログラマーと同じで、問題や課題に頭を悩ませながら知恵とスキルを積み重ねていきたいと思います。

リナックスアカデミーで学んで現在役立っていること

上でも書いた通り、プログラミングの基礎的な知識と考え方が役に立っています。

実務経験を重ねていくと、基本をないがしろにすることがあります。忙しい時なんて特にそうですね。「まあ、動いたしこれでいいか」といった感じです。

ただ、そんな風に仕事をしているとプログラマーとして成長することができません。

「なぜ、そのように動くのか」「どのような文法で動いているのか」といったプログラミングの基本に基づいた考え方が必要です。

リナックスアカデミーで基礎・基本をきちんと学んだことで、変なクセがつかずに済みました。自分自身がプログラマーとしてスムーズに成長するための基礎が身に付いたと思っています。

未経験でプログラマー就職した場合は仕事に慣れるのが大変だと思います。上司からの指示もうまく理解できない人が多いと思います。

僕も同じ未経験でした。ただし、スクールで身につけた知識とスキルがあります。そのおかげで、転職して早い段階から上司の指示を理解することができました。

受講を終了した僕のリナックスアカデミーへの評価・感想

リナックスアカデミーの良かったところ

リナックスアカデミーの良かった点を感想を交えてお伝えしますね。

  • プログラミングの基礎的なことが学べた
  • 資格を取得して就職することができた
  • 人脈を広げることができた

良かった点1: プログラミングの基礎的なことが学べた

プログラミングの基礎的なスキルを習得することができました。

先ほどもお話しましたが、初めて転職した会社でも早い段階で仕事に慣れることができました。現場でちゃんと仕事が出来ているので、プログラマーとしての成長も実感しています。

基礎的な知識・スキルが身に付いていたおかげですね。

リナックスアカデミーの最終課題であったECサイト制作では、企画設計から実装テストまで、システム開発の一連の流れを経験するなど、実際の仕事の予行演習を就職前にできたことは本当に良かったです。

良かった点2: 資格を取得して就職することができた

授業内でも資格対策の時間があります。

そこでしっかり練習したことで、OCJ-P(Oracle認定Javaプログラマー)の資格を取得することができました。

OCJ-Pの資格を取得したことで、学校で学習した内容をもう一度自分で理解することができました。さらなる理解につながり、自信にもつながりました。

また、就職サポートの面でもキャリアカウンセラーが親身になって対応してくれました。

おかげで安心した気持ちで転職活動をすることができたと思っています。

良かった点3: 人脈を広げることができた

授業を受けたクラスでは、様々な年齢やバックグラウンドを持った人たちが多かったです。

席が近くになった人たち同士で仲良くなり、お互いにこれからの目標や悩みなどを話し合ったりすることができました。

もちろん、雑談だけでなくプログラミングのお話や相談もしますよ。授業中であっても、分からないところがあったら隣の人に聞いてすぐに解決することができました。

ECサイト制作では二人一組になって1週間まるまるシステム開発をしていきます。当然、ペアになった人とはかなり仲良くなりますね。

転職してからも連絡を取り合っていますよ。

このように人と出会ったことが一番良かった点と言ってよいかもしれません。

動画で受講するタイプのプログラミングスクールでは得られないことだと思います。

 

↑ITキャリア相談、校内見学ができます。

リナックスアカデミーの悪い・直して欲しいところ

ここからはリナックスアカデミーの悪い・直して欲しいところを感想を交えてお伝えします。

  • 授業の進捗が早く、難しい部分もあった
  • 授業時間は柔軟性に欠け、時間も長かった
  • 就職サポートはしてくれるが、結局は自分次第

悪かった点1: 授業の進捗が早く、難しい部分もあった

リナックスアカデミーは先生が目の前で講義をでしてくれるタイプのスクールです。わからないことはリアルタイムですぐに聞くことができます。

授業タイプのプログラミングスクールの良いところでもあります。

ただ、全体的に授業の進捗が早く、困ったことが多々ありました。

先生としては普通のペースで授業をしているみたいですが、未経験である生徒は簡単なことでも理解するのに時間がかかります。

授業のペースはもう少しゆっくりしてほしいなと思いました。

また、授業が進むにつれて難易度が上がっていきます。難易度が上がればペースは落とすべきだと思いますが、逆に授業のペースも早くなっていきました。

授業についていけず、何回も質問する生徒も増えていきました。

「プログラミングは初心者にとってはとても難しい」

この前提を考慮して、テキストをもっとわかりやすくしたり、難易度を優しくしたり、スピードを調整してくれれば良かったです。

悪かった点2: 授業時間は柔軟性に欠け、時間も長かった

僕の通った平日昼間コースは3ヶ月と短い期間でした。

授業は平日の月曜〜金曜まで。9時半〜17時までみっちり行います。普通の会社員と同じ時間帯をまるまる使ったカリキュラムでした。

実際に働いている会社員と同じような時間帯に授業をするのはいいのですが、授業を聞く生徒側は想像以上に頭を使っています。

9時半から17時の講義時間はかなり疲れました。

また、1日の講義が長いので1日欠席するとそのカバーが大変でした。

会社員として働きつつ通う方は夜間の授業がオススメです。時間の使い方を柔軟にしたい方にはオススメしません。

悪かった点3: 就職サポートはしてくれるが、結局は自分次第

悪かった点と言いますか、あまり期待しすぎてはいけないなと思ったのが就職サポートです。

就職サポート自体はしっかりしていたのですが、実際に転職活動をするのは自分です。あまりキャリアカウンセラーさん任せではいけないと思いました。

キャリアカウンセラーさんは求人の紹介はしてくれるのですが、そこへ行けば必ず採用というわけではありません。その企業が自分に合っているものとも限りません。

就職活動のスケジュールも自分で組まなければなりませんし、やっぱり最後は自分で判断して行動することが大事です。

僕もキャリアカウンセラーさんから紹介された求人以外に自分で何社か応募していました。

リナックスアカデミーの就職サポートは「1つの手段」として利用するくらいの感覚が一番良いです。

リナックスアカデミーに向いている人

リナックスアカデミーに向いている人は、きちんとサポートしてくれる環境で学びたい人だと思います。

授業は少人数のクラス制で行われるので、わからないことがあればすぐ質問できます。

辛い時には同じクラスの人にも相談することができます。

学習するためのサポート環境がしっかり揃っています。そういった環境で学びたいという方にはぴったりだと思います。

また就職サポートもキャリアカウンセラーさんが個別で担当してくれるので安心感があります。

 

↑ITキャリア相談、校内見学ができます。

リナックスアカデミーに向いていない人

リナックスアカデミーに向いていない人ですが、時間の融通が効かない人や、自分でやりたい人はあまり向かないかもしれません。

授業も先生のペースで進みますし、学びたい範囲も限られます。

「自分のペースで学習したい」「学びたいと明確にある」ような人には向いてないです。

リナックスアカデミーのレッスン受講までの流れ

  1. 個別カウンセリングに参加
  2. 受講料の支払い
  3. 授業スタート
  4. 少人数のクラス制で授業が進んでいく
  5. 授業終盤は修了制作
  6. 資格を取る方は、授業終了後に資格試験を受ける
  7. キャリアカウンセラーからの就職サポートを受ける

リナックスアカデミーの受講の流れは上記の通りです。

最初の個別カウンセリングで今の悩みなどをいろいろ聞いてくれます。安心して受講コースを決めることができますよ。

個別カウンセリング時に校内の案内もしてくれます。まずは個別カウンセリングに行って、いろいろ聞いた上で受講するかどうか決めましょう。

 

↑ITキャリア相談、校内見学ができます。

リナックスアカデミーの受講に必要なもの

受講に必要なものは特にありません。

インターネット環境、パソコンも全てリナックスアカデミーの校舎にありますし、テキストも配布してくれます。

まとめ

リナックスアカデミーで学んだプログラミングの知識・スキルは今でも役に立っています。

いろいろな悩みが相談できる仲間とも出会えて良かったです。「オンラインスクールではなんだか不安」という人や「学校のような授業スタイルでしっかりと学びたい」という人にはおすすめのスクールです。

「どちらかというと授業スタイルがいいな」と思っている人は個別カウンセリングに行ってみましょう。

 

↑ITキャリア相談、校内見学ができます。

-体験談

Copyright© ピーエスワン , 2018 All Rights Reserved.