プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

学習方法

プログラミング未経験者が正社員エンジニア転職するためにやること

投稿日:2018年7月24日 更新日:

パソコン コーヒー dream

「プログラミング未経験OKで正社員のプログラマー募集してる会社ないかな?」

そんな情報を探しているうちにこのページにたどり着いたのではないでしょうか。

今回は未経験の方に向けてプログラミング未経験からエンジニアになったS・Hさんに解説記事を書いて頂きました。

プログラマー未経験でこれからIT企業に就職・転職したい方はぜひ参考にしてください。

男性 イラスト 顔 ネクタイ

【プロフィール】
エンジニアのS・Hと申します。

前職はホテル会社に勤めていました。部署移動で広報を担当することになり、自社ホームページの管理や修正をしていく内に、ITって面白いなと思ったのがエンジニアになったきっかけです。

現在は転職してJavaやPHPでアプリケーション開発を行なっています。

よろしくお願いします。

私がアプリケーションエンジニアを目指した理由

今の世の中は「IT社会」と呼ばれ、ITを活用しない企業はないと言っていいほど働く人にとっては無くてはならない存在となりましたね。

パソコンでワードやエクセルが使えるのは当たり前で、さらに社内システムや様々なOA機器を使いこなせるようにならなければいけません。

その中でも、アプリケーションは仕事でも生活でもよく使うものなので、「アプリを開発するプログラマーになったら、将来も食いっぱぐれないし年収も上がるかな…」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

私はあります 笑

そこで、プログラミング未経験である私がどのようにしてアプリケーションエンジニアになれたのか。しかも正社員として転職する事が出来たのか?というポイントをお伝えしたいと思います。

私と同じ様にプログラミングなんかやった事ない、理系分野苦手のゴリゴリの文系、ITとは何にも関係なさそうな企業で働いている…どれか1つでも当てはまり、プログラマーに転身を考えいる人に、少しでも参考になれば幸いです!

日本は特殊な就職環境: 海外ではプログラマー未経験可の募集なんて無い

大学を出て、一応就職はしてみたケド思っていた仕事が出来ない!自分がやりたかった仕事がない!

なんて方は結構多いと思います。

次の仕事はどうしよう?と考えて転職サイトを見ると「プログラマー 未経験可」とか「システムエンジニア 未経験可」などのキャッチコピーで募集している案件が案外ありますね。

探してみると意外と未経験でも募集してるんです。

つまり、やる気があれば未経験者でもプログラマーになれる環境があります。

実はこれ、海外ではほとんど不可能なんです。例えばアメリカなんかだと、シリコンバレーに優秀なエンジニアがたくさんいるIT大国です。

アメリカでシステムエンジニア、プログラマーになるには工科大学などで専門的な勉強をしていなければまず不可能です。理系科目をたくさん勉強してきた一部の人達活躍出来る職種なので年収も非常に高額です。

そんな中では、未経験でいきなりプログラマーになるなんて到底無理でしょう。

しかし日本は、未経験でも文系でも、研修やOJT(オンザジョブトレーニング)で人を育てていく文化があるのでこれが可能なんです。

こういった理由と人材不足という風潮により、未経験で文系出身、他業種からのチャレンジなんてケースでもプログラマーに転職するチャンスはあります。

そんな特殊で恵まれた環境なので、先ほども言った通り「やる気次第」なんです。

プログラマーに転職するために必要なこと: 転職する前

社会人としてのマナーと常識は必要

未経験採用とはいえ、当然企業は誰でも採用してしまう訳ではありません。

やる気はもちろんのこと、挨拶・身嗜み・所作など面接ではまず社会人として最低限のマナーと常識を持っているかは問われます。

髪を染めたり、チャラチャラした格好をして面接に訪れる人なんかは話にならないでしょう。新卒社員とのスキルの座を見せるには、まず最低でも押さえなければならないポイントです。

「実力より見た目とかマナーを重んじるのか、これだから日本は、、」と思うかもしれません。ただ、実力のない未経験者なので「やる気、礼儀、素直さ、今までの経験」を武器にする必要があります。

コミュニケーション能力や事務能力

社会人として勤務経験がある人がある人にとって、新卒入社する、社員との違いは「社会人としての経験」です。

社内での立ち回り、メールのやり取りなどのビジネスマナーはもちろんの事、営業をしている人であれば得意先・取引先との交渉などでコミュニケーション能力が磨かれていくと思います。

相手の求めている情報を聞き出したり、自分の要求をどうやって納得させるかといったの能力は、実は様々なシチュエーションで発揮する事が可能なんです。

プログラマーはプログラミングだけやっていれば良いのかというと、実はそうではない場合がほとんどです。

毎週定例の打合せにも出席しなければならなかったり、時にはユーザーなどへプレゼンする機会なども発生することもあります。

もちろんメインの仕事はプログラミングなので、コミュニケーション能力があればなお良いです。

ITとは関係なくない仕事をしているひとでも、営業やマーケティングをしている人には転職の際に大きなアピールポイントに出来るでしょう。

そうしたコミュニケーション能力を発揮するのがメインの仕事ではない人。事務系の仕事をしている人は転職の際に強みになる要素が無いのではないかと思うかもしれません。

実際はそのような人達も大丈夫です。

事務系の人はパソコンでワードやエクセルを使って資料をまとめたりすることがあると思います。

こうした業務もプログラマーには必要になってくるのです。

なので、ドキュメントを見やすい形でまとめる。必要な情報が網羅されている資料を作る。エクセルの関数やマクロなどの便利機能で業務を効率化させる事が出来る。

このような能力も立派なアピールポイントになるでしょう。

未経験で転職する際にも、前職で何をしていたかは面接で大切な判断基準になります。

上述したように少しでもアピール出来るような実績を作っておきましょう。「仕事が出来る社会人だな」という印象作りが大事です。

プログラマー転職するために必要なこと: 転職する時

プログラマーに転職をしよう!

と思ったはいいけど、実際に何から始めたら良いのかわからないという方はたくさんいると思います。では実際何から始めたら良いのでしょうか。

まず、自分で出来る限りの行動はしておきましょう。今ではインターネットで調べれば、ある程度の情報は収集出来てしまいます。

自分がプログラマーとして、どんな仕事をやりたいのかを具体的に調べておくと良いでしょう。

アプリを作りたいのか、ロボットを作りたいのか、またはAIなど最新技術に触れたいのか…などをざっくりイメージ出来る様になっておきましょう。

面接でプログラマーとしてどんな仕事がしたいのか?なんて質問はよくありますので、何がしたいのかは言えるようにしておきましょう。

そして、実際にプログラミングを始めてください。

始めている人は、見せられる作品を作ってください。

最初は、簡単なHTML・CSSなどで構いません。Webブラウザーで文字や画像を表示させたり、色を変えてみたりなど、遊び感覚で良いので触ってみましょう。

上手く動かなかった時には原因を調べて、参考書やインターネットなどで検索して、思い通りに動くようになった時はとてと達成感が味わえる事でしょう。

おすすめは遊び感覚で始めること。プログラミングはいきなり仕事にしようと意気込んで始めるより、遊び感覚で始めてみた方が学習を継続することが出来ます。

こうした行動が必要な理由は2つあります。

  • 「プログラマーとして転職したい気持ちは本気です。」と応募する企業に今の本気度を理解してもらうため
  • プログラミングをやってみることで少なからずスキルが身に付くため

ここでちょっと考えてみてください。

面接時に「プログラマーの仕事に就くために何かされてますか?」と聞かれたときに、「いえ、何もしてないです!でもなりたいんです!」と回答をしたとしましょう。

全く説得力がないですよね。

「ホント転職したいのかな?」と思われておしまいです。

なので、職業にすると決めたら独学でも何でもいいので実際にやってくださいね。

やる方法はこの下のまとめに書いてあります。

まとめ: まずはプログラミングの勉強から

今回はS・Hさんの経験を踏まえて未経験者がプログラマーになるためにすることを解説して頂きました。

記事中にもあった通り、まずはやってみないと転職はできなさそうですね。すでにやっている方はポートフォリオ(実績)を作った方が良さそうです。

記事中にもありましたが、初めての方には「Progate」がおすすめです。初心者向けに作られています。躓くことなく進めていけますよ。

「やってみる程度じゃない!IT業界へ転職するんだ!」とやる気満々な方もいますよね。そんな方は転職サポート付きのプログラミングスクールがおすすめです。

転職サポート付きでオススメなのは以下の2校。

  • TECH BOOST(テックブースト)
  • プロエンジニア

おすすめする理由は両方とも転職に強いプログラミングスクールだからです。

テックブーストを運営している会社はITエンジニアに特化した人材サービスを行なっている会社です。ITエンジニアのフリーランス案件の支援もしています。

プロエンジニアも同様にIT人材に特化した人材サービスを行なっている会社です。

こちらはなんと10年以上もIT人材を支援し続けていて、IT業界との繋がりが強い会社です。3500社くらいと取引があるようですよ。

IT業界は今後も右肩上がりで成長する産業の1つです。「プログラマーになりたい!」というのは時代の流れに乗った正しい選択ですよ。

未来の自分に先行投資するつもりで、プログラミング学習を頑張ってくださいね。

プログラミング未経験でも正社員募集している転職サイト

未経験可でプログラマー・エンジニアを募集している転職サイトをピックアップしました。

ご参考程度に活用ください。

※下記のリンクは絞り込み条件をかけた結果をリンク先に指定しています。時期によっては0件になるかもしれません。

念の為、転職エージェントも記載しておきますね。

-学習方法

Copyright© ピーエスワン , 2018 All Rights Reserved.