プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

学習方法

プログラミングを独学で覚えてエンジニア転職する方法【挫折しない】

投稿日:

プログラミング 独学 男性

「プログラミングスクールは高いし独学でなんとかならないかな?」

今回はこんな方に向けてプログラミングを独学してエンジニア転職する方法についてまとめました。

「IT業界へエンジニア転職したら年収100万円UPした!」
「自由な働き方ができる!」
「社会的に需要のある仕事!」

転職情報のサイトを見ているとこのような情報がよく記載されているかと思います。エンジニアのステータスは魅力的ですよね。

専門的な知識や技術が必要な為、どうしても一から学習するのに足踏みしてしまうのが難点なプログラミングです。ただ、独学でも一人前のエンジニアになる事は可能です。

それでは、見ていきましょう。

未経験からIT業界にエンジニア転職する人が知っておくべきこと

なんとなくのイメージはあるけど、実際エンジニアってどんなことをするの?など具体的な内容に関しては正直わからない人も多いと思います。

まずはエンジニアの仕事を簡単にご紹介いたします。

IT業界はWeb系とSE系に分かれる

わかりやすい区別をするとITの仕事は2種類あります。

1つ目: Web系

パソコンやスマートフォンでインターネットを閲覧したりアプリを操作する際に画面を操作しますが、この表示される画面・またはその処理の仕組みを作り上げる作業がメインのお仕事です。

PHPやRubyなどのプログラミング言語が代表的で、こうしたWebの利用者は個人である場合も多いです。

もう1つ: SE系

簡単に説明すると、Web系がその名の通りWebを利用したサービスを展開しているとするなら、SE系は企業が利用する業務的なシステムがメインになります。

例えばメーカーが出荷や納品したり、購買部門が発注をしたりする際はほとんどシステム化されている事が多く、こういった業務システムの開発をイメージしていただくと良いでしょう。

他にも機械などの特定のものに対してプログラミングを行う「組み込み系」なども存在します。こちらは個人向けではなく「企業向け」のシステムが主流になります。

エンジニアの年収

転職を考えるとなると、切り離せないのが給与です。

「今の仕事よりは高い年収が条件」「最低でもこれくらいは保証してほしい」など人によって様々な条件になることでしょう。

では実際にのエンジニアの年収はどのくらいなのでしょうか?

ちょっと見てみましょう。

DODA IT職 平均年収

参考: 平均年収ランキング2017

上の数値は転職サイトDODAが調査した平均年収の結果です。

この数値だけを見るとWeb系エンジニアもSEも年収にあまり差はないですね。となると「将来性」や「やっていることが面白いか」など、数値で測れない価値が大事になってきますね。

ここで書かれているのは全体の平均年収であって、年収は会社の規模や売上、利益率によって変わります。人数が少なくてたくさんの売上を出しているWeb系の企業だと平均年収が650万円だったりします。

逆にSES(システムエンジニアリングサービス)系の企業だと平均年収が360万円の会社もあります。

このように会社によって大きな差があることも覚えておきたいですね。

エンジニアの仕事

先程ご紹介したようにエンジニアと言っても仕事内容は様々です。

セキュリティに特化した業務もあれば、ITコンサルタントなどの仕事もあります。これらはエンジニアの中でもさらに専門的な知識・技術・経験が必要です。

基本的には最初はプログラマーやSEからキャリアをスタートさせるのが一般的です。

プログラマーはシステムやアプリケーションの仕様書に基づきプログラムを作っていくのでパソコンに向かう時間が多くなります。

しかし打合せに出たりもしなければならないので、コミュニケーションが上手に取れるかとうか評価の1つになります。また自分が作ったプログラムのテストをしたり、バグを修正したりといった作業があります。

システムエンジニアは、プログラミングの為の要件定義書や設計書を作り、ユーザーや関係会社との打合せ、プロジェクトメンバーのスケジュール管理等を行います。

納期に間に合わないようであればプログラミング開発やテストを手伝う事もあります。他にもオフショア開発をしていれば海外の開発拠点と連携しなければならなかったり、人材の募集をしたり状況により様々な業務を平行して行います。

プログラミング言語よって得意分野がある

プログラミング言語は様々な種類があり、WebならPHP、基幹系ならJavaなど言語によって得意な事や出来る事が違ってきます。

なので自分がどんな仕事がしたいのか、どのようなシステムを作りたいのかを、学習の前に確認しておいた方よいです。

「あれ?想像していた仕事じゃないな」という事態にならないようにしっかり調べましょう。

経験を積んでいけば様々なプログラミング言語を学習していきます。組み込み系でもWebアプリケーションでもなんでも出来るようになれるかもしれませんが、最初のうちは1つの分野に特化して学習することをオススメします。

独学は無理?プログラミング学習を途中で挫折しないためには

プログラミング学習を独学で始めると9割の人が挫折すると言われています。

という訳で挫折しないための方法はとても大事ですね。

ここでは挫折の原因とその対策を紹介したいと思います。

参考書に書いてあることが分からない

意気込んで参考書を買ってみたものの、開いて読んでみると英語やカタカナがいっぱい。「アノテーションって何だよ、もっとわかりやすく説明しろよ。」とキレたくなります。

こんなことが続くと確実に途中で挫折してしまいますね。

対策: もっと分かりやすい教材で学習する

参考書ってしっかり正確に書かないといけない(間違いが許されない)のでどうしても難しい表記になってしまうんですよね。

間違ってはないけど分かりづらい。初心者にとっては学習しづらい教材になってしまいがちです。

そんな初心者の方にオススメする教材はProgateという学習サイトです。こちらの教材は初心者向けに体系化されていて、進行もナビゲートしてくれます。

Progateで学んでから書籍で勉強という流れが良いと思います。

エラーが解消できない

書いてある通りにやったのになぜかエラーが出る。解消を試みるも時間がかかるしエラーも解消されない。イライラが積もり積もってそのままやめてしまうパターンですね。

エラーの原因はプログラムを動かしている環境であったり、バージョンの問題であったり、ただのタイプミスであったりと様々です。

自分でログを見ながら着実に解消できればよいですが、初心者には難しい作業です。

対策: 遠慮せずに人に聞く

自分で全部やろうとしがちですが、自分だけでは限界があります。そんなときはプログラミングに詳しい友人がいたら聞いてみる。「teratail」で質問してみることをオススメします。

teratailはプログラミングに特化したQ&Aサイトです。誰でも質問と回答をすることができます。下記のヘルプが分かりやすかったのでリンクを貼っておきますね。

3分でわかるteratail

構文の勉強で飽きる

何か呪文のような文章を書いて実行してみる。結果をみる。こんな作業を延々と繰り返しているとイヤになってきますよね。どんな勉強でもそうですが基礎の勉強はつまらないものです。

「スマホアプリを作りたいのに何か全然違うことをしている」そんなギャップを感じることも要因じゃないでしょうか。

対策: 飽きない仕組みがある学習サイトで学ぶ

書籍で基礎の勉強をしているとだいぶ苦痛を感じてきます。なので、対策としては飽きない工夫がしてある教材を使うこと。

これだけでだいぶ変わってくると思います。

その教材は2つあって、1つ目は先ほど紹介した「Progate」です。1つの章がほどよい長さで飽きを感じません。たくさん進められたという達成感も味わえます。

もう1つが「ドットインストール」です。こちらは動画でプログラミングを解説する学習サイトです。1コマ3分なので集中力を切らさないで最後まで見ることができます。

こちらも、たくさん進められたという達成感が味わえます。

プログラミングを独学で勉強する方法

それでは具体的に独学でプログラミングを勉強する方法に関してご紹介していきます。

これらは一例なので人によってはもっとやりやすい進め方があるかもしれません。どうしたら良いかわからない人は是非参考にしてみてください。

覚えたい言語を決める

先述したように、自分がどんなエンジニアになりたいのかによって覚えるべき言語が変わってきます。

Web系なのか、SE系なのかをまず明確にしておきましょう。そして、独学でやるのであればマイナーなプログラミング言語は避けましょう。

JavaやPHPなどのインターネットで調べるだけでもかなりの情報量が手に入るものがおすすめです。学習で困ってしまった時もメジャーなプログラミング言語であれば調べて解決するのに短い時間で済むことがあります。

転職する際には「どんなプログラミング言語の経験があるか」が結果に大きく関わってきます。Javaであれば仕事が沢山ありますが、「haskellが書けます!」といっても使う現場が無ければ仕事がありません。

マイナーではなくメジャー、古いものでなく新しい技術を学びましょう。

学習サイトProgateで基礎を覚える

Progateはオンラインでプログラミング学習ができる学習サイトです。

基本的なプログラムの解説と簡単なテストを進めていくと、一つのアプリケーションの動きを確認できるようになっています。

プログラミング言語の種類もJavaやJavaScript、HTMLとCSS、jquery、PHPなど一通りのものを選ぶ事ができます。会員登録するだけ無料で学習できるようになりますが、しっかり学ぶ場合は有料会員になることをオススメします。

とにかくアプリかWebサービスを作ってみる

基本を覚えたら実践してみる。

これが一番の上達方法なんじゃないかと思います。

何を作るかはお任せしますが、インターネットで調べると環境構築から実際にシステムを作るまで一連の流れが解説してあるWebサイトもあります。

最初はそんなWebサイトを参考にしながらやることをオススメします。やり方がわからないで時間だけが経過するとそのまま挫折しますからね。

話をちょっと戻します。例えばログイン画面からログインして、データの検索、登録、更新、削除を行うシステムを作ってみたとしましょう。世の中に会員登録制のシステムやアプリケーションは沢山ありますが、どれも最初はこういった基本的な機能を実装するところからスタートしています。

実際に簡単なシステムを作ってみて、上手くいった箇所といかなかった箇所を確認します。どうすればもっと効率的に出来るか、ユーザーが使いやすいかなど考えながら進めることでプログラミングの技術は向上していきますよ。

ポートフォリオになる実績を作る

ポートフォリオとは、その人の実力を評価する為の実績の事を指します。

今回でいうと、どんなアプリ・システムを作ったかを他の人に見せて「自分はこれだけプログラミングが出来ます」とアピールする事が目的です。

ポートフォリオは複数あればなお良いですが、まずは1つしっかりとしたシステムを作ってみましょう。

こだわるポイントも様々で、ユーザーが使いやすいように細かいデザインや効果にも力を入れたり、複雑な検索機能やajaxなどひと工夫した技術を取り入れたり等をして高品質なものをつくると評価されやすいですよ。

転職の際に実績を提示することで、スキルを客観的に評価してもらえます。

補足: 完全無料で覚える方法

無料のプログラミングスクールを利用する

プログラミングを学習するための費用が気になる方には無料のプログラミングスクールをオススメしています。

無料といっても基礎学習からサービス開発まで経験できます。仕事でもちゃんと通用するスキルが身に付けられますよ。

また、独学なら自分で揃えるべき教材やサーバーも無料で利用できるというメリットもありますね。

無料のプログラミングスクールでおすすめなのが「プログラマカレッジ」と「GEEK JOB」です。両方とも通学形式のスクールで、プロの講師から教えてもらうことができます。

ProEnginner プログラマカレッジ
プロエンジニアの無料プログラミングスクール!プログラマカレッジの特徴・評判

プログラミングスクール「ProEngineer(プロエンジニア)のプログラマカレッジ」をより詳しく知りたい人向けにスクール情報を網羅的にまとめました。 転職サポートや身に付けられるスキルなど、ProE ...

続きを見る

Geek Job プログラミングスクール
無料で学べる!95%がエンジニア転職!GEEK JOBの特徴・評判

プログラミングスクール「GEEK JOB(ギークジョブ)」をより詳しく知りたい人向けにスクール情報を網羅的にまとめました。 身に付くスキルや転職サポートなど、GEEK JOBの詳細をプログラミング初心 ...

続きを見る

ただし、受講制限を設けていて以下の条件をクリアする人だけが受講可能です。

  • 就職の意思がある
  • 30歳未満である
  • 関東圏に住んでいる

ITエンジニアに転職したい方は検討してみてください。

20代のエンジニア転職ならプログラマカレッジ | プロエンジニア公式ページ

GEEK JOB(ギークジョブ ) | 社会人・学生の無料エンジニア就職

お伝え忘れましたが、スクールに通うときはWebサイトの情報だけで決めないでくださいね。やっぱり雰囲気とか進め方とか個人によって合う合わないがあります。必ず体験学習や相談会などに出席してから決めるようにしましょう。

転職活動は総合力で勝負

転職活動をしている人はわかると思いますが、業界未経験や職務未経験でもOJT等を通して採用するという企業は少なくありません。

中でもIT業界は人材不足が深刻で、一人でも多くエンジニアが欲しい状況です。

なので未経験から転職する場合でも、学歴や社歴よりも今の実力が重視されます。プログラミングがどのくらいできるのかはもちろん、社会人としての常識・マナーやコミュニケーション能力があるかどうかで判断されるケースが多々あります。

例えば前職が営業などであれば、自分はこれだけ交渉能力がある、リーダーとしてチームをまとめる力がある、という点もアピールポイントになります。

また時間に余裕があれば、ポートフォリオを見直したり、作品を作り直したりなどして自分の長所を良く見せるようにしていきましょう。

独学かプログラミングスクールか

独学で学習しエンジニアになる事は不可能ではありません。

しかし、可能であれば現役エンジニアの講師に教えてもらった方が効率的に学ぶ事ができます。キャリア相談や転職サポートも受けられますので、自分で全部やるより確実に効率的です。

なので本気でエンジニアになりたい場合はプログラミングスクールの方が良いと思います。先ほど紹介した「プロエンジニア」や「GEEK JOB」などの無料スクールもあるので、条件をクリアしている方は積極的に活用してみましょう。

まとめ: まずはやってみよう!

独学にしてもスクールに通うにしても、ちゃんと基礎を学んで実力をつけたらiTエンジニアに転職できます。

ただ、自分に合う仕事かどうかは今の段階ではわからないですよね。実際プログラミングをしてみたら苦痛でしょうがないと思うかもしれません。

なので、最初はProgateなどである程度やってみることをオススメします。

独学かスクールに通うかは、いったんちょっと学んでから考えればよいと思います。

まずは無料で学習できるところから始めてみてくださいね。

-学習方法

Copyright© ピーエスワン , 2018 All Rights Reserved.