プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

リクルートエージェントの口コミ・評判を調査

投稿日:

リクルートエージェント

業界最大手のエージェントサービス「リクルートエージェント」について調査しました。

リクルートエージェントって実際どうなの?

と思っている方はぜひ参考にしてください。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントはどのような転職エージェントなのでしょうか。その特徴を見てみましょう。

求人数が圧倒的に多い

リクルートエージェントと言えば、業界トップクラスの規模を持つ転職エージェントです。

そのため、求人数が圧倒的に多く、公開求人は3万件以上、非公開求人は10万件以上と言われています。

最も知名度が高く、ほとんどの転職者が利用していると言われる転職エージェントです。

扱う業種・職種が幅広い総合型エージェント

リクルートエージェントの求人数は他のエージェントに比べて圧倒的に多いですが、求人の業種や職種が幅広いことでも知られています。

ほぼ全業種、全職種の求人を扱う、総合型転職エージェントになります。

一方で、扱う業種や職種が限定されている特化型エージェントもあります。IT系の業種に特化している、

営業系の求人が豊富などの特化型エージェントが存在します。

総合型と特化型の両方に登録してみて、どちらが良いかを比べてみても良いでしょう。

日本全国の求人を扱っている

関東圏や関西圏など、特定の都市部限定の求人を扱っているエージェントとは違い、日本全国の求人を取り扱っています。

そのため、都市部に在住の方はもちろん、地方で求人を探している方にもおすすめのエージェントです。

リクルートエージェントの口コミ・評判

次に、実際のリクルートエージェントに関するTwitterでの口コミを見てみましょう。

良い口コミ・評判

良い口コミには、やはり大手の強みについてのコメントが多く見られました。

書類添削のサポートが充実している、担当者の質が高いなど、大手エージェントならではのメリットが得られるようです。

転職エージェントであるにもかかわらず、転職しないことを進められたという書き込みも見られました。

リクルートエージェントの担当者の提案力の高さがうかがえます。

悪い口コミ・評判

悪い口コミには、自社説明会の案件を強く推してくる、資格の勉強の方針に介入してくる、紹介された求人が正社員向けではない、などがありました。

大手エージェントになると担当者の数がかなり多いため、担当者の質に差が出ます。

そのため、中には望まない案件やミスマッチ案件を押し付けてくる強引な担当者もいることが、口コミからもわかります。

合わない担当者だと思ったら、担当者の変更を願い出る必要があるでしょう。

>> リクルートエージェントの登録ページを開く | 公式サイトへ

リクルートエージェントを利用するメリット

業界最大手のリクルートエージェントですが、転職エージェントは他にもたくさんあります。

その中でリクルートエージェントを利用するメリットは何でしょうか。

調査した中ですと、以下の2点が特に強みであることが分かりました。

  • 求人数がとにかく多い
  • 担当者の提案力が高い

以下で深掘りして説明したいと思います。

求人数がとにかく多い

リクルートエージェントを選ぶ最も大きなメリットは、やはりその求人数の多さにあります。

求人数が多いということは、転職者にとって非常に大事なことです。

多くの求人を比較することで求人情報の良し悪しを判断する基準ができ、より良い求人を選ぶことができるようになります。

もちろん、求人数が多ければ、それだけ自分に合った求人が見つかる可能性が高まります。

さらに、リクルートエージェントには非公開求人が10万件以上と非常に多いという特長があります。非公開求人は求人サイトでは公開されていない求人のことです。

企業が非公開にする理由は2点あります。

1点目が企業側のコスト削減です。求人サイトに掲載するには広告料がかかります。相場はだいたい50万(月額)くらいですね。

例えば、3ヶ月掲載して1人も採用できないと150万を浪費しただけになります。コストをかけたのに成果が上がらないのは企業として避けたいところです。

2点目がマッチング確度をあげることです。エージェントを経由することで、自社に合う人材をピンポイントで応募してもらうことができます。

非公開求人はエージェントに登録しないと紹介してもらえません。

担当者がその求人にマッチしていると判断した場合に、紹介してもらえる仕組みになっています。

リクルートエージェントには非公開求人が10万件以上も登録されているため、良い求人に出会える可能性が高いのです。

このように、リクルートエージェントはその求人数の多さから、多くの転職希望者が利用しているエージェントです。

担当者の提案力が高い

リクルートエージェントには、業界トップラスの提案力を持つ担当者が数多く在籍しています。

日本で最大級の転職エージェントなので、優秀な担当者が集まっているのです。

転職者にとって転職エージェントの担当者は非常に重要な存在です。担当者は最初の転職者のカウンセリング時に、転職者のスキルや経歴、転職希望を細かくヒアリングします。

そして、条件に合った求人の紹介や書類作成や面接のアドバイス、企業との年収交渉までしてくれるのです。

そのため、転職エージェントの担当者の質は転職活動の結果に大きく関わってくると言われています。

リクルートエージェントの担当者は質が高いことで知られています。求人情報や業界の知識、転職ノウハウに詳しく、企業側との交渉力も高いため、非常に頼りになるでしょう。

リクルートエージェントのデメリット・弱み

質の悪い求人も混ざっている

リクルートエージェントの最も大きな強みは求人数の多さですが、中には質の悪い求人も存在すると言われています。

数ある求人情報の中にブラック企業の求人が混ざっているということもあり得るので、注意が必要です。

求人情報を細かく確認する、他の転職サイトや転職エージェントの求人情報も参考にするなどの対策を講じると良いでしょう。

担当者の対応がドライな場合もある

リクルートエージェントは業界でもトップクラスの担当者がいるとお話ししました。ただし、担当者はみんな忙しいため対応がドライな場合もあると言われています。

リクルートエージェントは大手なので利用者が多く、一人の担当者が担当している転職者の数も多くなります。

そのため、担当者は常に忙しく、転職者一人一人への対応がドライになりがちです。

質問や要望に対する返信が遅い、転職者から連絡がないと連絡しなくなるなどということが、よくあるようです。

転職者側から積極的に質問や要望を出せば対応してくれますが、受け身の状態だと連絡が来なくなってしまうかもしれません。

リクルートエージェントの登録から内定までの流れ

申し込み・登録

リクルートエージェントのサイトから、まずは登録します。

>> リクルートエージェントの登録ページを開く | 公式サイトへ

申し込みフォームに転職希望時期、希望勤務地などの転職希望条件とプロフィール情報を入力すれば、登録は完了です。

エージェントサービスは全て無料で利用できますのでご安心ください。

10分〜15分くらいあれば登録できます。

ここで入力した情報をもとに担当者が紹介可能な求人を調べますので、できるだけ細かく正確な情報を入力した方が良いでしょう。

この時、同時に「リクナビNEXT」のスカウトサービスにも登録できます。

登録すれば、希望条件にマッチした企業からのオファーが届きます。

カウンセリング

カウンセリングは対面か電話で行われます。

担当者が転職希望者の過去のキャリアや強み、弱みなどについて細かくヒアリングを行います。

転職のプロのヒアリングを受けることで、自分でも気づかなかったアピールポイントをはっきりさせることができ、キャリアの棚卸しができます。

また、希望の転職条件の詳細なヒアリングも行われ、転職方針を明確化させます。

さらに、希望の転職時期から逆算して、転職スケジュールをおおまかに決めていきます。

今後の転職活動を決める重要なポイントなので、事前に話したい内容や質問などをまとめておくと良いでしょう。

求人紹介

カウンセリングで決まった方向性をもとに、求人情報の紹介が始まります。

転職者一人一人の年収や仕事内容、希望条件にマッチした求人情報を担当者が紹介してくれます。

また、求人情報だけでなく、リクルートエージェントが独自に収集し分析した企業レポート「AGENT Report」も提供してくれます。

大手のエージェントならではのサービスです。

書類応募

応募したい転職先がある程度決まれば、書類を応募します。基本的には担当者が企業に推薦するという形になります。

その際には、応募書類の添削や企業側との面接日程の調整、内定時期の調整なども担当者が行ってくれます。

もちろん、応募するかしないかは転職者の意思で決めますが、応募する意思を担当者に伝えれば応募処理を行ってくれるので忙しい人にぴったりです。

面接

書類選考を通過すると、いよいよ面接です。

リクルートエージェントでは模擬面接のサービスも提供しています。

転職事例を数多く手がけてきた転職のプロである担当者による、面接のアドバイスを受けることができます。

模擬面接を受けることで、面接通過率をアップさせることができるでしょう。

内定

内定が決まった後も、エージェントからフォローを受けることができます。

退職時に円満退職するためのアドバイスなどを受けることが可能です。具体的には、退職のための手続きや引継ぎなど、内定後にやるべきことについて、エージェントからサポートを受けられます。

また、転職先の企業との年収や待遇についての交渉、入社日の調整などのフォローを受けることもできます。

面倒な交渉事を担当者に任せることで、退職準備に専念できるでしょう。

リクルートエージェントが向いている人・オススメな人

リクルートエージェントは業界トップクラスの規模を持つ人気の高いエージェントなので、基本的にはどんな転職者にも向いていると言えます。

しかし、リクルートエージェントの良さを最大限に引き出すためには、その性質を知り自分に合っていると判断してから登録するのがおすすめです。

そこで、リクルートエージェントが向いている人・オススメな人とはどんな人かをご説明します。

実績のある大手エージェント豊富なサポートを利用したい人

リクルートエージェントは求人数が最大級で提案力の高い担当者が数多く在籍する、実績のある大手エージェントです。

そのため、豊富な求人の中から希望の求人を選ぶことができますし、経験豊富な担当者のサポートを受けることもできます。

さらに、リクルートが主催する説明会やセミナーに参加できますし、応募書類の添削や模擬面接などのサポートも受けられます。

大手エージェントならではの、豊富なサポートを得たい人におすすめです。

積極的に転職活動を進めたいと考えている人

リクルートエージェントの担当者は担当している転職希望者が多く、なかなか連絡できないケースもよく見られます。

そのため、積極的に担当者に連絡するような、転職に対する意思が強い人の方がサポートを受けやすい傾向があります。

逆に、受け身の体勢でこちらから連絡せず担当者からの連絡を待っていると、十分なサポートを受けられない可能性が高いでしょう。

リクルートエージェントの担当者は忙しくドライな対応であると言われています。

そのため、丁寧なサポートを受けたい人はサポート体制が厚い他のエージェントも併用するのがおすすめです。

早めに転職を決めたい人・転職への意志が固い人

リクルートエージェントは登録者が多く担当者が非常に忙しいため、できるだけ早く転職先を転職者に紹介したいと考えているようです。

漠然と転職したいと考えている人や転職するかまだ決めていない人は、転職する気がないとみなされて連絡が来なくなることもあります。

ですから、早く転職を決めたいと考えている人や、転職時期や転職先のめどがついていて転職する意思が固い人などにおすすめです。

リクルートエージェントには優秀な担当者が多いため、素早く話をまとめてくれるでしょう。

もし、まだ転職を決めていない場合は、リクナビNEXTなどの転職サイトに登録し、求人情報や転職ノウハウなどの情報を得ることをおすすめします。

>> リクナビNEXTの登録ページを開く | 公式サイトへ

そして、転職する意思が固まり転職情報を見る目が養われてきたら、満を持してリクルートエージェントに登録するという流れが良さそうですね。

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.