プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

体験談

テックキャンプ漬けだった1ヶ月間【僕の率直な感想】評判について

投稿日:2019年1月7日 更新日:

通学・オンライン共にOK、教材も分かりやすいことで人気のテックキャンプ。

サッカーの本田 圭佑選手が受講したスクールではないか?

と話題になっていますね。

今回はそんなテックキャンプを受講したA・Kさんに感想・体験談を書いてもらいました。

評判を理解したい人、テックキャンプの受講を考えている人はぜひ参考にしてください。

テックキャンプの概要・特徴を再確認したい人は以下のページを参照ください。

TECH::CAMP(テックキャンプ) | 公式ページ

 

男性 サラリーマン スーツ
フリーライターのM・Kさん

【プロフィール】

ITコンサルタントのA・Kと申します。

外資系のコンサルティングファームにてIT、業務コンサルティングをしています。

大学時代にテックキャンプを受講し、社会人になってからは企業様の業務改善やサービス企画支援、ソフトウェアのシステム導入案件などに参画しています。

仕事ではたまに開発も行っていて、テックキャンプで学んだプログラミング経験を活かすことができています。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)でみっちり勉強した僕の感想

TECH::CAMP(テックキャンプ)への入会を検討している人に向けて、受講を修了した僕の率直な感想を書きます。

受講を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

テックキャンプの良かったところ

まず最初に、テックキャンプの良かったところを何点かピックアップしてご説明します。

問題を解きながら、楽しく学習できる

TECH::CAMP(テックキャンプ)では以下のようなカリキュラムが含まれています。

自由に選択し、終了後別のコースを進めることも、同時並行で進めることも可能です。

なお、1コース受講してもすべて受講しても金額は同じです。(2019年1月時点)

  • Webアプリケーションコース
  • AIコース
  • デザインコース
  • Unity/VRコース
  • IPhoneアプリコース

私が受講したWebアプリケーションコースでは以下のようなカリキュラムとなっていました。

【コード学習系】

  • Ruby
  • Rails
  • HTML, CSS
  • Javascript
  • SQL
  • Git
  • Webデザイン

【アプリ開発系】

  • 映画情報配信メディア
  • Pinterestのような写真版ツイッター
  • ブログアプリ
  • オリジナルアプリ

※ 実際は上記の順番ではなく、学習効率を考慮した順番でカリキュラムが設計されています。

各カリキュラム内の重要な機能に関して、豊富な確認テストが設けられており、自身でプログラミングを書いていきます。

受講者はサンプル解答と照らし合わせながら、自分の解答が正しいかをチェック、必要に応じ修正していくことが可能です。

問題を解き、正解時の喜びをモチベーションに進めることができました。

理解できた箇所にはチェックをつけることが可能で、理解度を可視化して苦手箇所を振り返ることも可能です。

簡単なWebアプリケーションやiPhoneアプリが開発できるようになる

上記に挙げたように、3種類+オリジナルのアプリケーション開発を行えるカリキュラムとなっていました。

アプリケーションを最初から最後まで作ることで、開発の全体像を理解できるようになりました。

仕事でシステム開発の案件に携わった際、どの辺りの内容を話しているのか理解するのに役立っています。

また、現職にてある程度の開発は行うことができるスキルが身につきました。

開発の流れは、Webアプリケーションごとにそれほど変わるわけではありません。

オリジナルのアプリ開発をする際にもかなりスムーズに開発に着手できるようになると思いました。

私の場合はオリジナルのアプリを開発していません。

ただ、それまでに学んだことを理解して、カリキュラムを完了していれば、オリジナルアプリを作れるスキルは十分に身に付いていると思います。

メンターが丁寧に回答してくれる

受講する場所はWeb(オンライン)とオンサイト(教室)の2種類があります。

Webの場合は、Webサイトのカリキュラム上にチャット画面があり、チャットまたはSkype経由でメンターへ質問することが可能です。

画面を見ながらの方がわかりやすいコードに関しての質問もSkypeで行うため、スムーズに質疑応答ができたと思います。

Webであっても対応が早く10分以内に最初の応答が返ってきました。

オンサイトの場合は、新宿や渋谷校など複数校から選ぶことができ、直接メンターへ質問することが可能です。

受講者の数に対して、メンターもそれなりの人数がいます。なので、気になるくらいの待ち時間は発生しませんでした。

個人的にはモチベーション維持やコネクション拡大の観点からオンサイト(教室)で受講するように心がけていました。

メンターからすると、それぐらいの質問はググってくださいというような質問を投げた記憶があります。

ただ、「ググってください」とは言われず、そんな質問にも親切に回答してくれました。

そのような不明点はプログラミング初学者が最もつまずきやすい箇所です。独学であれば私も学習をストップしていたかもしれません。

メンターに進捗を話す機会を定期的に設ける必要があります。

各日程までにどれほど進めるかを共有することでモチベーションを維持することもできました。

 

【テックキャンプの概要】

プログラミング学習したばかりの仲間との繋がりができる

仲間と学習できる点も、独学と大きく異なる点かと思います。

受講者イベントを月数回開催しており、知り合いを増やすことができました。

受講会場にて知り合いと進捗を共有することでモチベーションを保つこともできました。卒業後一緒にサービスを作るような仲間を見つけることも可能かと思います。

普段なら接しない人達とお話をするので、新しくて有益な人脈を構築することもできます。

受講者の中には中学生から中小企業の部長クラスの方など様々な人がいました。メンターで月に複数のシステムを開発するような優秀な方などと繋がることもできました。

卒業後も、Facebookのテックキャンプ卒業生コミュニティに参加することができます。

5000人以上が参加しているそれなりに大きな規模のコミュニティとなっています。

卒業後にローンチしたサービスや地域別コミュニティなども展開しています。このようなコミュニティを利用して、継続してネットワークを広げることも可能です。

仲間を集めて起業を考えている人にはかなり有益なコミュニティだと思います。

テックキャンプの悪いところ・改善して欲しいところ

ある程度のプログラミングスキルがある人向けではない

最初の方は本当に初歩的な内容であるため、例えばWebサイトを1人で作れるような人には物足りないかと思います。

これは、テックキャンプがプログラミング初学者をターゲットとしているためかと思います。

1人でサイトを作れる人、不明点があってもググって解決できるような人は本やWebによる独学でも問題ないと思います。

とはいえ、独学で何となくやっていた人が基本をしっかり学ぶにはとても良いカリキュラムだと思います。

ブロックチェーン講座がない

ブロックチェーンの学習をしたいと考え、再受講を検討していたのですが、ブロックチェーンの講座がありませんでした(2019年1月時点)。

Tech Academyなどではブロックチェーン講座があり、学びたいコースがない場合は他のスクールの方がいいかもしれません。

オリジナルアプリ開発へのサポートが手薄

オリジナルアプリ開発時には、カリキュラム範囲外の質問はメンターにできないなど制限がありました。

オリジナルの開発を行うのであれば、他のスクールの方がいいかもしれません。

テックキャンプ受講中の体験談・僕が勉強したこと

ここからは、テックキャンプを選んだ理由や、受講前から受講後の期間に行ったことをお話します。

プログラミングスクールに通おうと思った理由

独学ではなくスクールを選んだ理由は以下になります。

  • 受講生やメンターがいることによる、モチベーション維持
  • 独学で学んだ際に躓いた

特に以下3点の理由でTECH::CAPM(テックキャンプ )を選びました。

  • 当時Facebookで広告をかなり打ち出しており、受講者が多くコネクションを広げることできるのではないかと思ったこと
  • TechCampサービスの試験段階でありまだ価格が安かったこと
  • 学生向けの値引き(学割)があったこと

テックキャンプに正式入会するまでにやったこと

当時は無料の体験会というものがありませんでした。

Webフォームから応募して、テックキャンプの面接に行ってきました。

今なら体験会がありますので、内容に不安がある方は体験会に行ってみてはいかがでしょうか。

無料ですので気軽に参加する感じで良いと思いますよ。

 

【テックキャンプの概要】

受講開始 〜僕が学習したこと〜

言語としては、Webアプリケーションコースに含まれるRubyやRails、HTML、JavaScript、CSS、SQLといった言語を学びました。

現在はAI、VR、iPhoneアプリコースなどもあり、PythonやUnity、C#、Swiftなどの言語も学習可能となっていますね。

ご自身の興味のある分野を学ぶのが良いかと思います。

僕はWebアプリケーションコースのカリキュラムを1ヶ月間受講しました。

どれほどの理解度を目指すかによりますが、1ヶ月でiPhoneやVRなどを含むすべてのコースを学習するのは現実的でないと思います。

交流イベントで話を聞くと多くの受講者が数ヶ月間は受講している印象を受けました。

当時は学生で時間もあったことからWebアプリケーション開発コースを最後まで受講できました。

ただ、学生でも忙しい時や、社会人にもなると1ヶ月で修了するのは少し難しいと思います。

せっかく学ぶ訳ですので、ちゃんと修了できる期間で学習した方が良いです。

夜中しか学習できないような方は数ヶ月間の受講をオススメします。

逆に学生の夏休みや仕事で長期休みを取れる期間に集中して受講するのもオススメです。

実際、コンサルタントの人でプロジェクトの間に1ヶ月近く休みがあるという人も来ていました。

長期にしろ短期にしろ、中途半端に学習するような感じにならなければOKだと思います。

参考: テックキャンプで勉強するときの僕のタイムテーブル

【平日の例】

  • 7:00 起床
  • 10:00 大学へ
  • 11:00-12:00 授業の合間にプログラミング
  • 18:00 教室へ到着
  • 5時間ほどプログラミング学習
  • 23:00 退出

【休日の例】

  • 7:00 起床
  • 10:00 教室へ到着
  • 11時間〜12時間ほどプログラミング学習
  • 23:00 退出

受講修了後の流れ

受講終了後は、再受講するならどうすればよいかの説明がメールできました。

選考がありますが、テックキャンプのメンターになることも可能です。メンターになりたいかどうかの希望確認の連絡もありました。

あとは転職の案内もあり、テックキャンプの紹介を利用して転職することも可能です。

自力で転職活動するよりアドバンテージがあると思います。

エンジニア転職したい人はぜひ活用してみてください。

もう一度テックキャンプでプログラミングを学ぶならどう学習するか?

当時の受講生やメンターが起業したり面白いプロジェクトを行っています。

もしもう一度学ぶなら、もっといろんな人とお話して、コネクションをさらに広げたりすると思います。

受講後にメンターになってプログラミングを継続していれば、今は全く違うことをしていたかなとも思います。

テックキャンプの受講に必要なもの(あるとベターなもの)

Macbookを新規に購入するのであれば、画面が広い方が作業はしやすいです(私は11インチでした)。

また、パソコンと別にディスプレイがあると作業が捗るかもしれません。

※受講中に必要有無を判断していいと思います。

まとめ: プログラミング初心者ならテックキャンプ

テックキャンプはプログラミング初心者の人なら物凄く利用しやすいプログラミングスクールです。

教材も分かりやすく、メンターも親切です。

料金も他のスクールに比べてるとリーズナブルですので、お申し込みのハードルも低いかと思います。

とはいえ、いきなり申し込むのは危険だと思います。いったん体験会に行ってみることをオススメします。

実際に体験してみて判断するのがベストですね。

 

【テックキャンプの概要】

【関連記事】

work computer
テックキャンプの評判・中身を受講者に全部聞きました【価値あり】

目次1 TECH CAMP(テックキャンプ )の評判・カリキュラムを実際の受講者にインタビューしました1.1 TECH CAMP(テックキャンプ)を受講したY.Iさんのプロフィール2 受講者にインタビ …

続きを見る

-体験談

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.