プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

年齢が気になる女性向け|成功のポイントは転職市場を知る事です

投稿日:2019年11月18日 更新日:

年齢は女性が転職を考えた時に気にすることの1つです。

法律では年齢による雇用制限を禁止していますが、目に見えない年齢フィルタが存在しているのも事実です。

参考: [募集・採用における年齢制限禁止について | 厚生労働省]

ただし、『年齢を重ねている = 転職できない』というわけではありません。

年齢に応じた転職方法があります。

今回は年齢を気にされている女性向けの転職方法を書きました。

年齢を気にされている人はぜひ参考にしてください。

女性が年齢を重ねてからも転職するコツ

一般的に、転職は年齢が上がるほど難しくなります。女性が年齢を重ねてから転職したい場合は、これからご紹介する5つのコツを押さえた上で転職活動にのぞむことがポイントです。

未経験の業種よりも経験した業種を狙う

女性が年齢を重ねてから転職に成功するコツ1つ目は、今までに経験した業種を狙うことです。年齢が上がるほど、未経験者を歓迎する求人数は少なくなります。企業が転職者に求めるのは即戦力性です。転職してからスキルを身につけるというスタンスだと、一気に採用率は下がってしまいます。

たとえば、販売職の経験がある女性なら他の業界の販売職に転職するのもおすすめです。今までの接客スキルを活かせば業界が変わっても活躍できます。ほかにも、Web関連企業に勤めていた女性であればパソコンスキルを生かせる業種だと年齢を重ねても転職が可能です。

未経験の業種に転職を希望している場合、自分のスキルの中から応募先の企業で武器になる部分がないか考えてみることが大切です。

転職に有利な資格を取得する

女性が年齢を重ねてからも転職に成功するコツ2つ目は、転職に有利な資格を取得することです。即戦力で活躍できるスキルや資格を習得しておくと、転職活動時にアピールできます。

特に人手不足で求人が多い業種では、必要な資格があれば未経験者を採用することもよくあります。仕事が忙しい女性なら、専門学校や大学を卒業しなくても取得しやすい資格がおすすめです。独学でも取得可能な資格としては、介護関連の資格・医療事務・行政書士・ファイナンシャルプランナーなどが挙げられます。

採用に有利になるとは限りませんが、履歴書の資格欄に書ける資格を1つでも増やすなら英検や簿記の資格を取っておくのも手です。

過去の実績や経験をしっかりアピールする

女性が年齢を重ねてから転職に成功するコツ3つ目は、面接や応募書類で過去の実績・経験をしっかりアピールすることです。転職においてネックになるのは年齢というよりも、年齢の割に経験がない、浅いということです。

多くの業界は人手不足に悩まされていることから、年齢だけで不採用になるケースは少なくなっています。ただ、人手が足りない分即戦力となるスキルや経験が必須です。頑張りたい、やる気があるというだけでは年齢を重ねてからの転職は難しいといえます。

30代の女性が転職するなら、20代よりも長けている部分をアピールすることが必要です。営業スキルは身についている、基本的な事務作業はできるなど、経験やスキルを活かして入社後すぐに活躍できることをアピールします。

40代以降の転職なら、リーダーや管理職のポジションに就けるようなマネジメント能力をアピールすることが重要です。受け持った部下の人数や実績も伝えられると説得力のあるアピールができます。

30代、40代向けの転職エージェントを活用する

女性が年齢を重ねてから転職に成功するコツ4つ目は、若者層向けではなく30代・40代向けの転職エージェントを活用することです。

20代に比べ、30代・40代向けの求人数は少なく、求人倍率も高い傾向にあります。年齢を重ねた女性が転職エージェントに登録するときは「女性向けの求人が多い」「求人数が多い」の2点をクリアしたエージェントがおすすめです。

キャリアに自信のある女性ならハイクラス求人を中心に取り扱うエージェントに登録するとキャリアを活かした転職ができます。一方、キャリアに自信がない女性は総合型エージェントに登録して自分に合った企業探しをすると転職後のミスマッチを避けられます。

転職エージェントを利用しなければ、面接対策や応募書類の書き方もすべて1人で考えることになり、かなりの労力が必要です。それに、応募先の企業の情報は個人では調べきれない部分もあります。

転職エージェントなら転職活動から採用まですべてサポートしてくれるため、面倒な手続きや情報収集は不要です。転職活動の時間や労力が大幅に短縮されるというメリットがあります。

パソナキャリア

転職エージェントが支援する転職サイト | パソナキャリア

パソナキャリアを運営するパソナグループは創業40年の老舗企業です。

創業時から女性の就労支援に力を入れてきた会社です。現在も「女性の再就職支援」などの女性の就業に関するセミナー・プロジェクトを積極的に開催しています。

大手企業なだけあって求人数も豊富です。現在(2019年4月時点)で40,000件の求人数を保有しています。

パソナキャリアは親身で優しく対応してくれると定評があり、このあたりも女性にピッタリと言えますね。

>>パソナキャリアの詳細を見る | 公式サイトへ

リブズキャリア

LiBzCAREER(リブズキャリア) | キャリア女性のための転職サービス

リブズキャリア

リブズキャリアは女性の転職に特化した転職エージェントです。

女性ならではの検索条件が充実しています。

例えば、「ママ社員活躍」「育休の復職支援」「病児保育手当」「キッズルーム」「時短OK」「転勤なし」などです。

子育て世代の女性が求める条件での検索が容易なので、自分に合った働き方を選べます。

リブズキャリアのように女性向けの検索条件が整っていないと、1つ1つの求人で「時短OKか?」「働くママは職場に多いか?」などと確認しなければなりません。

それだと求人探しに時間がかかってしまいます。

最初から求める条件を絞って検索できれば、自分に合った求人探しをスムーズに行えます。

まさに女性のための転職エージェントと言えますね。

>>リブズキャリアの詳細を見る | 公式サイトへ

子育てや介護が業務に支障がでないことを面接で説明する

女性が年齢を重ねてから転職に成功するコツ5つ目は、長く働ける理由を面接でアピールすることです。女性の場合、キャリアアップや待遇以外にも結婚・子育て・介護などの都合で転職を希望することがあります。

転職の面接では、ほとんどの企業で子育てや介護が業務に支障をきたさないかを聞かれます。採用後に会社に迷惑をかけない理由を説明し、長く働き続けられることをアピールできるかが重要です。

子育てについて聞かれたら、すでに手がかからない年齢であることや、預け先を確保できていることを伝えます。介護のことを聞かれた場合は、両親の年齢や自分が介護をする必要はないと説明しておけば選考に有利です。

女性が転職できる年齢は何歳までか

女性は何歳まで転職できるのでしょうか。30代・40代以降で転職する女性が増えているとはいえ、年齢が上がるほど不利になる点が出てきます。

ここでは、28歳・32歳・35歳の年齢ごとに女性が転職できるか、年齢関係なく転職可能かについて解説します。

28歳まで説:「若手」と呼ばれる限界の年齢

仕事に就いてある程度の業務を1人前にこなせるまでには、最低でも2年はかかると言われています。30歳までに管理職や一定のポジションを目指すとするなら、28歳がギリギリのラインという考えです。

また、転職市場では「若手」のほうが将来性が高いとしてニーズが高く、実際に求人数も多い傾向があります。新卒で入社して5年程度経った28歳は若手と呼ばれる限界の年齢です。

28歳の女性が転職を考える場合、転職後の働き方について考えておく必要があります。結婚や出産もあり得るなら、福利厚生や勤務時間などを確認し、長く勤められるか検討しておくことが重要です。

32歳まで説:上司が年上であるギリギリの年齢

女性が転職するなら32歳が限界という説もあります。なぜ32歳かというと、上司が年上であるギリギリの年齢だと考えられるからです。ただ、上司が年下でも気にしないという女性なら32歳で転職しても問題ないといえます。

30代はこれまでの経験やスキルを活かして転職しやすい年齢です。30歳を超えてから転職を検討する女性は多く、実際に大部分の業界・企業では30代前半の転職者を歓迎しています。

32歳の転職が難しくなるのは、完全な未経験者であった場合です。中途採用は即戦力性が求められるため、30代以降は特にスキルや経験がないと採用は難しくなります。転職先に選ぶのは同じ業種か経験を活かせる業界となり、20代より選択肢は減ることがほとんどです。

35歳まで説:キャリアアップできる限界の年齢

女性の転職は35歳までが限界と考える人は多くいます。理由は、35歳は定年までにキャリアアップできるギリギリの年齢だということや、企業側が女性の結婚・出産・介護を考えて採用が厳しくなるからです。

転職先の企業に産休制度や介護休暇があっても、勤続年数や勤務条件を満たさないと利用できないこともあります。たとえ制度を利用できたとしても、35歳から入社してブランクができると復帰して元のポジションに戻るのは容易ではありません。

35歳以降は即戦力になれるだけでなく、マネジメント能力や実績がありリーダーとして活躍できる人材が求められます。

何歳でも問題ない説:人手不足の業界なら年齢関係なし

最近では少子化による労働人口の減少、団塊世代の定年退職などで人手不足が深刻化し、何歳でも転職者を受け入れる企業が増えてきています。また、定年退職の年齢も年々上がっていることから、以前よりミドル世代の転職を歓迎する風潮があることも確かです。

30代以降だと未経験の業種への転職は難しくなりますが、人手不足の業界を狙えば採用される確率は高くなります。厚生労働省の調査によると、2018年1年間で有効求人倍率が高いのは、建設躯体・保安・建築・医療・生活衛生サービスの業界です。また、10位以内には入りませんが販売・運輸・電気工事の業界は有効求人倍率が3倍を超えています。

(参考:一般職業紹介状況(職業安定業務統計) 一般職業紹介状況 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

30代・40代以降の女性が転職するなら人手不足の業界を狙うか、中高年でも未経験歓迎の企業を探すのが転職成功のカギです。

女性が転職活動をするときの知識

転職に成功しやすい年齢や、年齢を重ねてからでも転職しやすい方法を知っておくと今後のキャリアプランを考えるときにも役立ちます。

ここでは、女性が転職活動をするときに知っておきたい基礎知識をご紹介します。

転職成功平均年齢は29歳

女性の転職成功年齢の平均は29歳です。30歳と29歳はたった1歳差ですが、企業によっては「未経験者の採用は29歳まで」と決めていることもあります。今後転職を検討している女性はできれば20代のうちに転職しておくのがおすすめです。

ただし、29歳までなら誰でも転職できるわけではありません。転職回数が多い、正社員として働いた経験がないという女性は若くても採用されにくくなります。転職して安定した仕事に就きたいなら、自分の強みやこれまでの経験の振り返りなどの自己分析をしっかりとおこなうことが重要です。

基本的に29歳までは求人数が豊富で、未経験の業界でも採用されやすくなっています。転職後に長く働くためには、できるだけ多くの業界・職種に目を向けることが大切です。

年齢が上がるにつれて厳しくはなっていく

人手不足によって何歳でも転職しやすくなっているとはいえ、年齢が上がるにつれて転職が厳しくなることは確かです。年齢が上がるほど正社員での採用は難しくなり、派遣やパートの求人が増えていきます。

今勤めている会社よりも条件の良い会社がすぐに見つかるとは限らないため、退職せずに働きながら転職活動をするのがおすすめです。理想の会社がなかなか見つからないときは、派遣やパートから社員登用を目指すという方法もあります。

年齢を重ねるほど転職が難しいことを理解し、将来のキャリアプランを考えながら慎重に転職先を考えるのがポイントです。

スキルとマッチング次第で何歳でも転職は可能

本人のスキルとマッチング次第では、年齢に関係なく転職に成功する女性もいます。30代以降で転職先が決まらない場合、企業が求める人物像と転職者の持つスキルが合っていないことが考えられます。転職者と企業のミスマッチを防ぐためには、自己分析と企業の情報収集が重要です。

自己分析によって自分に足りない部分がわかれば資格を取得したり、応募先の企業に合わせたアピールポイントを考えられたりします。転職活動がスムーズに進まないときは、転職エージェントにマッチする求人を紹介してもらうのもおすすめです。

 

【PR】

TECH::EXPERT

  • 主催: 株式会社div
  • 期間: 10週間 or 6ヶ月
  • 料金: 30,000円〜(24分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

TECH::EXPERT(テックエキスパート)は転職保証付きのプログラミングスクールです。もし転職できなかったら受講料を全額返済する保証サービスが付いています。コースは「10週間の短期集中スタイル」と「半年間の夜間・休日スタイル」があります。ご自身のワークライフに合わせて受講期間を選ぶことができます。本気でエンジニア転職したい人のためのプログラミングスクールです。

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.