プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

転職で年収UPを考えている女性に稼げる仕事・身につけるスキルを紹介

投稿日:

「女性が稼げる仕事ってなに?」
「転職で年収UPしたい!」

この記事では女性が稼げる仕事に転職する方法についてまとめました。

稼ぎたい!年収UPさせたい!という女性の方の参考になれば幸いです。

女性が稼げる仕事に就く方法

女性が稼げる仕事に就く近道は「手に職」をつけることです。専門的なスキルや資格があれば、専門職への転職や資格手当による収入アップを目指せます。

ここでは、女性が稼げる仕事に就く方法を3つご紹介します。

専門性の高いスキルを習得する

女性が稼げる仕事に就くためには、転職後に即戦力となる専門性の高いスキルを習得する必要があります。たとえばWeb関連の職種に転職したいなら、プログラミング言語を身につけることとWebデザインのスキルは必須です。

また、外資系の企業に転職を考えている女性なら語学力は欠かせません。ビジネス英語はもちろん、中国語も習得しておくと転職時に役立ちます。

専門職ほど給与水準が高く稼げる傾向がありますが、中途採用の場合はスキルがないと転職が困難です。まずは希望する職種・業界で必要なスキルを調べ、習得してから応募することをおすすめします。

 マネジメント、管理職候補の求人に応募する

女性が稼げる仕事に就くためには、マネジメント職や管理職候補の求人に応募するという方法もあります。

役職なしからスタートして徐々にキャリアアップするということも可能ですが、転職後すぐは年収が下がるかもしれません。一般的にキャリアアップまでには早くても数年、長ければ10年以上かかるため、早く稼ぎたいと考える女性には不向きです。

管理職の求人に応募する場合、志望する企業の情報を調べるほか、キャリアの自己分析を行い、自分のスキルや成果を振り返っておく必要があります。未経験の業界に転職したいなら転職エージェントを活用し、コンサルタントからのサポートを受けるのもおすすめです。

資格を取得する

転職を希望する女性は、新たに資格を取得すると稼げる仕事に就くチャンスが増えます。職種によっては必要な資格を持っていないと応募すらできません。また、資格が必要な仕事は誰でも応募できないことから倍率が低く、未経験者でも採用される可能性があります。

企業によっては資格手当がつくこともあり、民間資格でも数千円、国家資格なら数万円の手当も可能です。独立できる資格を取って企業で経験を積んだ後に開業し、男性以上に稼げるようになった女性もいます。

稼げる7つのおすすめ職種【転職を希望する女性向け】

女性が転職して稼げるようになるには、専門的なスキルや資格を取得する以外に、元々給与水準の高い職種の目指すという方法もあります。

ここでは、転職を希望する女性向けの稼げる7つの職種をご紹介します。

ITエンジニア

女性が稼げる職種1つ目は「ITエンジニア」です。ITエンジニアとは情報技術関連の総称を指す職業で、システムの開発・管理やネットワークの運用などを行います。男性と女性の年収差が少なく、スキルや資格があれば男性より稼ぐことも可能です。

ITエンジニアは具体的に「システムエンジニア」「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」「プログラマー」の4つの職種に分類できます。なかでも女性が転職して稼ぎやすいのはシステムエンジニアです。平均年収は30代で520~540万円、40代で570~605万円となっています。

コンピュータ関連の資格を持っている場合や、過去にIT業界で働いた経験があれば、ITエンジニアへの転職を目指すのもおすすめです。

カスタマーサポート

女性が稼げる職業2つ目は「カスタマーサポート」です。カスタマーサポートはお客様からの問い合わせ対応やクレーム対応を行い、問題解決の手助けをします。対面のカスタマーサポートの募集を行う企業もありますが、多くの場合は電話やメールで対応するオペレーターとして採用されて働くことになります。

カスタマーサポートの年収の平均は20代で270~300万円、30代で約320万円、40代以上が約350万円です。なかにはキャリアアップしてSV(スーパーバイザー)の役職につき、年収500万円以上を稼ぐ女性もいます。

カスタマーサポートはほかの職種より年収が大幅に高いというわけではありませんが、求人数が多く安定して働けるのがメリットです。基本的にデスクワークのため、年齢を重ねても長く働きたいと考える女性にも適しています。

メーカーの技術職

女性が稼げる職業3つ目は「メーカーの技術職」です。技術職と一言でいっても、生産管理・研究・品質管理・設計などなどさまざまな職種があります。技術職は総合職に比べると専門的な知識が必要でハードルも高くなりますが、転職に成功すれば女性が男性以上に稼ぐことも可能です。

技術職の年収は働く部門によって異なりますが、平均すると404~484万円となります。メーカーの中でも電気・電子・IT分野は給与水準が高く、大企業なら平均年収が500万円を超えることがほどんどです。食品・医療分野はメーカー技術職の中では給与水準が低めですが、それでも平均して400万円以上をキープしています。

メーカーの技術職は女性が稼げる一方で激務になりやすく、日常的に残業が発生する職種です。長期間の出張や転勤が発生する可能性もあるため、仕事に打ち込んでキャリアアップを目指したい女性におすすめです。

マスコミ系

女性が稼げる職業4つ目は「マスコミ系」です。マスコミ系には放送、新聞、出版、広告
つの業界があります。放送業界ならアナウンサー・プロデューサー・AD、新聞業界なら記者・編集者といったように、転職する業界によって職種や年収はさまざまです。

マスコミ系で女性が最も稼げるのは放送業界です。地上派民放キー局の平均年収は約1,300~1,600万円で、他の業界よりもかなり水準が高くなっています。マスコミ系で2番目に稼げるのは出版業界となっており、平均年収は670~1,390万円です。

マスコミ系は新卒採用が高倍率で転職者にはハードルが高いように思われますが、実は中途採用を行っている企業も多数あります。マスコミ系未経験者が応募できる求人が出ることも多く、なんらかの社会経験があれば転職可能な業界です。

不動産営業

女性が稼げる職業5つ目は「不動産営業」です。不動産営業の仕事は、主に「不動産販売」「不動産販売仲介」「不動産賃貸仲介」の3種類に分類できます。不動産販売はマンションや戸建て住宅を販売する仕事です。不動産販売仲介は代理店として不動産を販売し、仲介料を得ています。不動産賃貸仲介は賃貸住宅の提案を行うのが仕事です。

不動産営業の平均年収は310~830万円と幅があります。営業実績による昇給やインセンティブなど成果主義な面が強く、年収に個人差が出やすい職種です。高額な契約を続けて取ると一気に年収が上がるケースもあり、実力があれば女性でも男性以上に稼げます。

不動産営業への転職にあたって特定の資格は必要としません。未経験から不動産営業に転職する人も多く、入社してから現場でスキルを磨きたい女性にもおすすめです。

管理職

女性が稼げる職業6つ目は「管理職」です。企業の役職は基本的に「トップマネジメント」「ミドルマネジメント」「ロワーマネジメント」の3つに分けられます。管理職はミドルマネジメントに位置し、部長・次長・課長クラスを指すことが一般的です。

管理職の中で一番役職の低い課長の場合、平均年収は男性で520万円、女性で470万円となります。20代女性の全職種での平均年収は320万円、30代女性で380万円のため、管理職に転職できれば女性の平均年収を大きく上回ることが可能です。

ただし転職後すぐに管理職に就くことは難しく、主任・係長の役職を経てキャリアアップを目指すことになります。管理職は経者サイドに近い立場で仕事をしていくため、責任感の強さとマネジメント能力が必須の仕事です。

トラックドライバー

女性が稼げる職業7つ目は「トラックドライバー」です。女性ドライバーの割合はトラック運転者全体の中でもわずか2.4%と少ないですが、近年は徐々に増加傾向にあります。

女性トラックドライバーの平均年収は、大型貨物で388万円、普通・小型で327万円です。従業員1,000人以上の大企業であれば平均年収は400万円以上となりますが、トラック運送事業者の99%は1,000人以下の中小企業です。つまり女性が大企業に転職して稼ぐのは難しいといえます。

しかし業績や仕事量によって収入が変動しやすいため「残業が多くても構わない」「長距離の運転でも大丈夫」という女性は平均年収より稼ぐことも可能です。近年、運送業界は慢性的な人不足で女性トラックドライバーの採用が増えています。運転免許を取得すれば未経験の女性でも転職しやすい職業です。

ハイクラス求人が掲載されている求人サイト

女性が稼げる職業に転職を希望する際は、自力で求人を探すよりも求人サイトや転職エージェントに登録してサポートを受ける方が効率的です。

ここでは、ハイクラス求人が掲載されている求人サイトやおすすめの転職エージェントをご紹介します。

ビズリーチ

選ばれた人だけのハイクラス転職サイトBIZREACH

ビズリーチ

過去に管理職の経験があったり専門性の高い資格を持っている女性なら「ビズリーチ」への登録をおすすめします。ビズリーチは高収入を狙う人向けのハイクラス求人が多数掲載されている求人サイトです。

「ヘッドハンティング型」という制度があり、転職者のプロフィールや経歴を見た企業から直接スカウトを受けられます。気になる求人に応募しつつ、企業からのスカウトを待つことで効率的な転職活動ができるのがメリットです。

ビズリーチで全てのサービスを受けるには有料会員になる必要があります。有料会員は2つのランクに分かれており、ハイクラス会員が月額4,980円、タレント会員が月額2,980円です。会員属性は審査によって決まるため自分で選べませんが、ハイクラス会員になれば年収1,000万円以上の求人が見つかりやすくなります。

ハイクラス求人を求めている管理職出身の女性や、専門職の経験がある女性におすすめです。

>>ビズリーチの詳細を見る | 公式サイトへ

type女性の転職エージェント

転職エージェントならtype転職エージェント

type女性の転職エージェント

「type女性の転職エージェント」は年間5,000人以上へのカウンセリングを行い、毎年数百人以上の採用実績を持つ転職エージェントです。結婚・妊娠・出産といった女性特有の悩みに重点を置き、女性が働きやすい企業への紹介を積極的に行っています。

キャリアアドバイザーは転職を希望する職種ごとに専門的な知識を持つ人が担当となります。業界の裏話や面接のコツも聞きやすく、未経験から異業種へ転職して稼ぎたい女性にもおすすめです。

type女性の転職エージェントはハイクラス求人に応募したいが「仕事と家庭を両立したい」「出産でブランクがある」といった女性に適しています。

>>type女性の転職エージェントの詳細を見る | 公式サイトへ

リブズキャリア

LiBzCAREER(リブズキャリア) | キャリア女性のための転職サービス

リブズキャリア

「リブズキャリア」では女性の採用に積極的な企業が見つけられます。社会経験が浅い若年層向けの求人からハイクラス求人まで幅広く保有しており、全年齢の女性におすすめできる転職エージェントです。

リブズキャリアは自分で希望するコンサルタントを選べるため、コンサルタントとの相性が悪く転職活動が進まないという事態を避けられます。

対象地域は全国となりますが、特に紹介してもらいやすいのは東京都の求人です。都心部の稼げる求人を探している女性や、地方から都市部への転職を考える女性に適しています。

>>リブズキャリアの詳細を見る | 公式サイトへ

WomanWill

営業、エンジニア、経理などのスペシャリストを目指すあなたに|Winな女性の転職 WomanWill

WomanWill

専門職に特化したハイクラス求人を探している女性は「WomanWill(ウーマンウィル)」を利用するのがおすすめです。WomanWillは大手転職サイトの「マイナビ」が運営しており、豊富な求人から自分に合った稼げる転職先を見つけられます。サポートも手厚く、転職活動に不安のある女性も安心です。

ほかの転職エージェントや求人サイトでは取り扱いのない地方の求人も多く、在住地域に関係なく利用できます。全求人のうち約80%は非公開求人のため、待遇の良い企業が見つかりやすいのもポイントです。

クリエイティブ系の職種やメーカー技術職の求人が多いため、前職のスキルを生かして転職したい女性に適しています。

>>WomanWillの詳細を見る | 公式サイトへ

 

【PR】

TECH::EXPERT

  • 主催: 株式会社div
  • 期間: 10週間 or 6ヶ月
  • 料金: 30,000円〜(24分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

TECH::EXPERT(テックエキスパート)は転職保証付きのプログラミングスクールです。もし転職できなかったら受講料を全額返済する保証サービスが付いています。コースは「10週間の短期集中スタイル」と「半年間の夜間・休日スタイル」があります。ご自身のワークライフに合わせて受講期間を選ぶことができます。本気でエンジニア転職したい人のためのプログラミングスクールです。

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.