副業

40代の初心者がプログラミング副業で稼ぐ最短ルート3ステップ

更新日:

公務員にも副業が解禁されるなど、徐々に副業が認められるようになりつつあります。

しかし、年齢を重ねると、

  • チャレンジするのが面倒
  • この年齢から習得できるのか疑問
  • 周りの目が気になる

といったことで現状維持な思考になります。チャレンジすることに難しさを感じてしまいます。いま話題かつ需要がある「プログラミング」は難しい部類のチャレンジなのでしょうか?

今回は「40代でもプログラミングで副業は可能なのか?」について解説します。

 

▼7日間もの無料体験あり▼
テックアカデミー 副業コース バナー
>> テックアカデミー公式サイトへ

40代の初心者でもプログラミング副業で稼げます

プログラミング パソコン コーヒー サボテン コーディング中

結論から言うと40代のプログラミング初心者でも副業で稼ぐことは可能です。

月1万円程度はいうに及ばず、スキル次第で5万円から10万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

高収入な副業案件が多い

プログラミングは、ほかの副業と比較して基本的に高収入な案件が多いのが特徴です。

副業を任されるようなジャンルの仕事は誰でもできる簡単な仕事ほど収入は安く、逆に知識や経験が必要な仕事であれば報酬が高くなります。

プログラミングは全くの素人がいきなり無勉強で稼げる仕事ではありません。知識や経験が求められる分、高収入になりやすいのです。

プログラミング副業に年齢制限はない

プログラミングが副業に向いているもっとも大きな根拠は「年齢が関係ない」ということです。

会社員として働くのであれば年齢は若ければ若いほど就職・転職しやすいのは間違いありません。

一方の副業であれば、クライアントとしても注文した通りの成果物ができあがってくれば年齢は関係ないのです。

慢性的なプログラマー不足

エンジニアやプログラマーは人気の職業のように感じますが、実は慢性的に不足しています。

一例として、転職サービスdodaが調査した有効求人倍率をみてみましょう。

  • IT・通信: 5.58倍
  • メディア: 1.16倍
  • 金融: 1.39倍
  • メディカル: 1.45倍
  • メーカー: 1.59倍
  • 商社/流通: 0.80倍
  • 小売/外食: 0.74倍
  • サービス: 1.88倍

参考:転職求人倍率レポート(2021年3月)| doda

有効求人倍率は「仕事を求める1人あたり何件の求人があるか」を表す数値です。

数字が大きいほど多くの仕事が見つかりやすい売り手市場であることを示しています。なかでもIT業界は5.58倍と、突出して高い数字になっているのが分かるでしょう。

40代にもなるとさすがに未経験から正社員として転職するのは厳しいのですが、副業として外注してもらう分には十分に可能です。

クラウドソーシングやSNSに副業案件がたくさん

プログラミングに限った話ではありませんが、最近はさまざまな仕事をクラウドソーシングサイトで探すことができます。

クラウドソーシングとは「企業や個人が不特定多数の群衆に業務を外注できる仕組み」のことです。「クラウドワークス」「ランサーズ」が2大巨頭ですね。

あくまでも一例ですが、以下のような仕事を外注したいクライアントがワーカー(働き手)を募集しています。

  • プログラミング
  • データ入力
  • Webデザイン
  • Webライティング
  • イラスト・音楽制作
  • アンケート・感想・モニター

働き手のスキルと企業の募集内容がマッチしていれば契約を結ぶことができます。

さらに「SNS」を利用する手もあります。たとえば「Twitter」や「Facebook」が有力です。

Twitter上には匿名・実名問わずさまざまなアカウントが存在し、なかにはIT企業社員や個人事業主アカウントでプログラミングの外注を募集していることもあります。

このように、気軽に仕事を得られる仕組みが整っているのも副業に向いている理由です。

 

プログラミングってどんな感じ?

「実際にちょっとやってみたい」という人にはTechAcademy(テックアカデミー)がおすすめです。

なんと1週間もの体験期間があります。体験はもちろん無料、期間中は講師に質問し放題です。

独学より講師がいた方が楽ですよね。

プログラミングについて調べているこの機会に無料体験の予約だけ済ませておきましょう。

>> テックアカデミーの無料体験に参加する|公式サイトへ

40代でもプログラミングは習得可能?

40代でのプログラミング副業は簡単ではありません。

本業がどんどん忙しくなる年齢であるだけでなく、子育てもピークになります。新しいことに挑戦するにしても若い方が吸収も早いでしょう。

それでも、40代からプログラミングの習得は可能です。

SNSやブログなどの情報を漁ってみれば、「45歳でプログラミングを覚えました!」といった情報はたくさん見つかります。

さらに2017年には御年82歳(当時)の女性がプログラミングを習得してアプリをリリースし、あのAppleから表彰されています。

今やプログラミングを学ぶハードルはどんどん下がっており、40代でも十分に習得は可能なのです。

あとは本人のやる気次第でしょう。

40代の副業にプログラミングはおすすめなの?

結論から言うとおすすめな部類の副業です。

上でご説明した通り稼ぎやすい環境が整っています。

・高収入
・手堅い
・案件豊富

とメリットがたくさんですね。

その他、収入以外のメリットを簡単に紹介したいと思います。

在宅ワークOK!家庭と副業を両立できる

プログラミングは難しいイメージを持っている方が多いでしょう。しかし、労働環境自体は非常にシンプルです。

パソコンとインターネット環境(Wi-Fi)さえあれば、いつでもどこでも仕事ができます。

在宅でも問題なく仕事をすることができることから、通勤が難しい主婦(夫)であってもチャレンジしやすいのです。

職場でプログラミングスキルを活かすことができる

プログラミングを学習することで、本業での日々の繰り返し作業を自動化することができます。 

たとえば仕事には欠かせないツールである「Microsoft Excel」

Microsoftが提供する「VBA」というプログラミングのほか、初心者にも人気の「Python」というプログラミングを使って自動化することが可能です。

自動化できれば、何時間もかけて行う作業を一瞬で正確に終わらせることもできます。

特に中小企業ではプログラミングの知識をもった社員はほとんどいません。職場の業務効率化に大きく貢献できるでしょう。

40代からプログラミング副業するための最短手順

ジョブ サーチ

プログラミングの独学はおすすめしない

プログラミングを学習するのにあたって、以下の2つの方法が考えられます。

  • 書籍を購入して独学
  • プログラミングスクールに通う

結論、独学はおすすめできません。

多くの人は「お金をかけたくない」「身につくか分からない」からと独学で学習をしますが、独学ではスクールでプロから学ぶのに比べて習得に当然時間がかかります。

自分の学習時間を時給換算してみると、プログラミングスクールのほうが効率的なこともあるのです。

40代では会社の仕事も多忙で休みの時間も多くありません。

さらに子どもが小学生~中学生であれば部活動の送迎などの家族サービスに充てる時間も増えるでしょう。

独学でゆっくり学習するのがそもそも向いていない年齢なのです。

できるだけスピーディーに習得するなら、プログラミングスクールがおすすめです。 

副業向けのプログラミングスクールを探す

ひとくちにプログラミングスクールといっても、得意とする領域はスクールごとに異なります。

転職に強いスクールや独立開業に強いスクールではなく、副業としてスキルを得るのに向いているプログラミングスクールを選ぶのが必須です。

具体的なプログラミングスクールの選び方は以下のリンクでも紹介しています。

関連記事: 副業に強い未経験向けプログラミングスクール3選|副業で稼ぐって無理?

無料のプログラミング学習サイトで事前勉強する

せっかくプログラミングスクールに通うのですから、限られた時間内で効率的に学習したいものです。

簡単な部分はわざわざ時間をかけてスクールで学ばずとも、自分である程度学習を進めておきましょう。そうすれば、スクールの貴重な時間は本当に一人では習得が難しい部分に集中できます。

HTMLなど入門編にあたる簡単な部分については、独学でもある程度のレベルまで習得はできます。最近ではYouTubeでも無料で講義を見ることができるなど、独学の環境も整っています。

できるところまでは、無料サイトを活用して自分で進めてしまいましょう。分からない部分はメモしておけば、スクールが始まったあとにすぐに質問できます。

プログラミングスクールで勉強する

学習開始になったら、さっそくプログラミングスクールでの学習を開始しましょう。

このとき副業に強いプログラミングスクールをきちんと選んでいれば、年齢に関係なく「個人での案件受注」などについてカリキュラムを通してサポートを受けることが可能です。

できれば卒業後にスムーズに仕事ができるように「提案分の書き方」「ポートフォリオの組み方」まで教えてくれるスクールが望ましいでしょう。

クラウドソーシングで簡単な案件を受注する

プログラミングを学習したあとは、月5万円あたりを目標に早速副業で稼いでみましょう。

最初に仕事を獲るならランサーズやクラウドワークスなどの「クラウドソーシングサイト」がおすすめです。

匿名でやりとりできるほか、初心者向けから上級者向けまであらゆる仕事が揃っています。

40代がプログラミング副業をするときの注意点

あくまで副業目的で!エンジニア転職は難しい

エンジニアとして本格的に転職したいという人もいるかもしれませんが、残念ながら40代未経験での転職は難しいのが現状です。

理由は簡単で、いくら人材不足のIT企業とはいえ未経験の40代を雇用するメリットがないためです。

また一念発起してフリーランスとして独立するのも、おすすめはできません。

40代まで会社員でいるなら会社内でそれなりの地位・待遇を得ているでしょう。会社を辞めて未経験の仕事で生計を立てるほどの収入を得られるかは不透明です。

40代でプログラミングに携わって稼ぐのであれば、請負いで副業するのが現実的な選択肢です。

プログラミングスクールではポートフォリオ作りに重点を置く

企業がプログラミングを外注するとき、誰に依頼するかを決めるのは年齢ではなく「実績・経験」です。

転職活動をする時の履歴書や職務経歴書を埋めるようなイメージで、まずは自分の実績を作ってアピールすることを考えましょう。

プログラミングスクールで成果物を作ることができれば、それを実績として企業に売り込むことができます。「知識はあるけど成果物をつくった経験がありません。」という人よりも、客観的に成果物がある分だけ有利になります。

最初は少額で簡単な案件を選択する

ポートフォリオを作成したら、クラウドソーシングに登録して案件に応募していきましょう。

ここで大切なのは、最初は「ポートフォリオの充実」を目的に安価で仕事を受けることです。スクールで作ったポートフォリオ以外に経験がない初心者が案件を取るには、安く提案することはどうしても必要です。

成果物をきちんと納品して能力を認められれば、徐々に報酬を上げていくことも可能です。

 

【関連記事】

プログラミング副業 言語 アイキャッチ
副業向けプログラミング言語はコレ【需要が全て】Web制作系がおすすめ

副業が解禁になる流れのなかで、プログラミングを使って副業をしたいと考える人も多いのではないでしょうか? しかし、ひとくちにプログラミングといってもさまざまな種類があり、副業に向いた言語もあれば向いてい …

続きを見る

40代の副業におすすめなプログラミングスクール3選

TechAcademy Web制作副業コース

テックアカデミー 副業コース ヘッダー

現役エンジニアからレベルや目的に合わせた授業を受けることができるTechAcademy。

週2回マンツーマンで講師と面談することで効率的にスキルアップしていくことができます。

毎日15時〜23時までチャットによるレビューサポートを受けられます。常に講師と授業をするわけではないので、スキマ時間で学習を進められるのもポイントです。

Web制作副業コースではWeb制作(ホームページ制作、LP制作)に必要なスキルを学びます。

「Web制作の実案件に挑戦」という内容がカリキュラムに組み込まれています。実務経験・副業獲得の方法を教えてくれるのが大きな特徴です。

7日間もの無料体験も付いています。プログラミング副業を検討している人はまずは無料体験を受講してみましょう。

>> TechAcademyの詳細はコチラ | 公式サイトへ

CodeCamp

コードキャンプ

オンライン完結型のCodeCampは受講生の満足度94.2%の信頼の高いプログラミングスクールです。

7時〜23時40分の間で授業を開講しており、仕事との両立も無理なく行えます。

授業は1レッスン40分で、PCの画面を共有して講師の指導を受けながらコーディングしていきます。気になったことや疑問点をその場で解決できるのは未経験者にとっては嬉しいポイントですね。

数あるコースの中でも「デザインマスターコース」が副業での収入を得たい会社員から人気を得ています。

>> CodeCamp デザインマスターコースの詳細はコチラ|公式サイトへ

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は最短1ヶ月のプログラミング習得を可能にしたマンツーマン指導専門のプログラミングスクールです。

現役のエンジニアが週に1回(1時間)マンツーマンで講義をしてくれます。

未経験者でも無理なく学べるフルオーダーメイドカリキュラムが特徴です。オリジナルサービスの開発に学習期間の50%を割くことで、実践的なプログラミンススキルを身に付けることが可能です。

>> 侍エンジニア塾の詳細はコチラ|公式サイトへ

40代でもプログラミング副業で稼げる!

「プログラミング」というと敷居が高く感じるかもしれませんが、近年は副業のためのスキルを習得するためのハードルはどんどん下がってきています。

40代からプログラミングを習得して副業で稼ぐことは十分に可能です。まずは。副業に強いプログラミングスクール選びをしましょう。

関連記事: 副業に強い未経験向けプログラミングスクール3選|副業で稼ぐって無理?

それでは、この記事の最後にもう一度ポイントをおさらいします。

  • 40代未経験でもプログラミングを習得して副業することは可能
  • ただし、未経験からの転職や独立は現実的ではない
  • まずは副業に強いプログラミングスクールを探すのが大切
  • クラウドソーシングを使って安価に仕事を受注して経験を積む

スクール選びに迷ったら安価なCodeCampがおすすめです。

中でも「HTML」「CSS」「JavaScript」がいっきに学べるデザインマスターコースがとても人気です。

まずは無料体験を受講してみましょう。

>> CodeCampの無料体験に参加する | 公式サイトへ

 

\ 人気スクールの割引状況はコチラ /
sale 割引 キャンペーン
>> キャンペーン一覧ページへ

 

【PR】

TECH CAMP エンジニア転職

  • 主催: 株式会社div
  • 期間: 10週間 or 6ヶ月
  • 料金: 19,600円〜(分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

『TECH CAMP エンジニア転職』は転職保証付きのプログラミングスクールです。もし転職できなかったら受講料を全額返済する保証サービスが付いています。コースは「10週間の短期集中スタイル」と「半年間の夜間・休日スタイル」があります。ご自身のワークライフに合わせて受講期間を選ぶことができます。本気でエンジニア転職したい人のためのプログラミングスクールです。


DMM WEBCAMP

  • 割引: 最大56万円OFF
  • 主催: 株式会社Infratop(DMMグループ)
  • 期間: 3ヶ月〜
  • 料金: 38,706円〜(分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

DMM WEBCAMPは転職保証付きのプログラミングスクールです。3ヶ月間のプログラミング学習と転職を支援するキャリアサポートで未経験からのエンジニア転職を実現します。HTMLからRubyまでWeb系開発に必要なプログラミング言語を総合的に学ぶことができるカリキュラムです。キャリアチェンジしたい人にオススメのスクールです。

 

-副業

Copyright© ピーエスワン , 2021 All Rights Reserved.