プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

大手IT企業への転職を検討中の人に向けた注意点・デメリット

投稿日:

IT 大企業 ビル イラスト

「大手のIT企業に転職して安定したい」
「大企業に転職して大きなITプロジェクトに携わりたい」

このような希望があって大手IT企業への転職を検討されている人は少なくありません。

ただし、大企業への転職にはいくつか注意しなければならない点があります。

大手IT企業に転職して「失敗した」とならないためにも、デメリット・注意点を先に確認しておきましょう。

大手IT企業に転職する際の心構え・注意点

SIer大手はエンジニアとしてのスキルが伸びない

SIerはシステムインテグレーターのことであり、システム開発に関するすべての業務を引き受ける企業のことを表します。複

数のサブシステムをまとめ上げ、最終的に一つのシステムとして正しく動作するようにシステムの開発を行います。

SIer大手の場合は、ほとんどが上流工程を担当することになり、下流工程になるほど下請け企業に任せる場合が多いのです。そのため、エンジニアとしてプログラミングやシステムの開発・構築を直接担当する機会が多くありません。

システムという「モノづくり」に仕事の楽しさを感じている方には、エンジニアとしてのスキルが伸びづらいためおすすめしません。

反対に、プロジェクトマネージャーなどの管理職を目指している方には最適といえるでしょう。

幅広いIT業務、ITスキルは身に付けづらい

大手IT企業では、既存のシステム構築手法に基づいてシステム開発を行うことが多くなります。

なぜなら、失敗することを特に避ける傾向にあり、以前に成功した方法を用いる傾向にあるからです。ベンチャー企業などと比べると、新しい開発手法を試すなどの挑戦的な方法はあまり用いられません。

また、規模の大きなプロジェクトに携わることが多く、数年単位でプロジェクトを担当することもあります。そのため、「特定分野のスキル以外が身につかない」といったことになりやすいのです。

さらに、先ほどもお話ししたとおり、実働部分は下請け企業に依頼することが多くなるため、エンジニアとして担当する業務の幅は広くないのです。

大手IT企業に転職すると幅広い業務スキルは身に付けづらいといえるでしょう。

中小IT企業の場合は、下請け企業としてさまざまな現場で幅広い業務スキルを身につけることが可能です。たとえば、プログラミングだけでなく、サーバーの構築やネットワークの構築など、実働部隊として働くことでさまざまなスキルを身につけることができます。

ただし、特定分野の強みを持ちたいと考えている場合は、大手IT企業でじっくりと大きな規模のプロジェクトに参画することで、後のキャリアに役立てることができるでしょう。

やりたい仕事をすぐにできるとは限らない

大手IT企業ともなれば、従業員数は1,000人以上の企業も多いものです。

大手IT企業のなかでは多くのプロジェクトが同時進行していますが、あなたがどのプロジェクトに割り当てられるかは、はじめのうちは自身で決めることができない場合が多いでしょう。

大手IT企業の場合は業務が細分化されていることも多く、あなたのやりたい仕事ができるかどうかはわからないのです。

さまざまなプロジェクトのなかで実績を認められることで、あなたのやりたい仕事・プロジェクトへの参画の決定権が得られます。

中小IT企業であれば人材も限られているため、ある程度は自由に仕事ができるでしょう。しかし、大手IT企業の場合、はじめは割り当てられた仕事をしっかりと対応し、成果を出し続けることが重要といえます。

物事をすすめるのに時間がかかる、調整能力も必要

大きな企業になるほど、物事の決定に時間がかかるものです。大手のIT企業も例外ではありません。

たとえば、システム変更作業の承認を得るだけでも上長→課長→部長→品質保証部門の順で許可を得る必要がある、などが考えられます。

そのほかにも「新しいシステムの導入に際して稟議書を提出して決済されるまでに時間がかかる」といったこともあるのです。

中小企業やベンチャー企業では、上長の承認さえもらえればすぐに作業に取りかかれることもありますが、大手IT企業の場合は簡単ではないことを覚えておきましょう。

物事を円滑にすすめるための調整能力・人間関係スキルも求められます。

たとえば、1週間後にシステム変更を行うため今日中に課長の承認を得る、その後部長の承認を得るためスケジュールを押さえておく、などの調整が必要です。

エンジニアとしてのスキル面だけでなく、マネジメント面としてスケジュールなどの調整能力も求められます。

評価では優秀な人材との競争になる

大手IT企業は、新卒者は数百人・数千人規模の応募者から選ばれた人材であり、転職者でも他社で成果を認められた人材であることから、優秀な人材が集まっている企業と言えるでしょう。

つまり、要求される仕事の質が高く、良い仕事をしても目立ちづらい可能性があるのです。

はじめのうちは、大きなプロジェクトの歯車の一つとして働くことになります。そのため、大きなプロジェクトのなかで良い仕事をしても目立ちづらく、大きな評価を得られるような仕事の達成は難しいでしょう。

常に優秀な人材との競争になるため、あなただけの「武器」を身につけることが重要です。特定分野・技術に関する高度な知識やスキル、マネジメント能力などの突出した武器を身に付けましょう。

プロジェクトの歯車の一つとしてしっかりと対応し、成果を出し続けながら、あなただけの武器を身に付けることが求められます。

 

【関連記事】

パソコン スマホ Webサービス イラスト
IT業界の自社サービスを持つ企業に転職したい|デメリット・注意点を解説

「SIerより自社サービス保有のIT企業に転職したい」 「新規事業を作りたい」 上記のような人に向けて、自社サービス展開しているIT企業に転職するための情報をまとめました。 メリット・デメリットを把握 ...

続きを見る

startup ベンチャー
ITベンチャー企業へ転職する際のポイント・心構えを解説

目次1 ベンチャー企業と中小企業の違い1.1 ベンチャー企業の定義は曖昧1.2 中小企業は定義がある2 ITベンチャー企業に転職するなら3 ITベンチャー企業に転職するメリット3.1 個人のスキル・ビ ...

続きを見る

IT 転職 年齢
IT転職に年齢の限界はあるのか【答え: 求人次第】未経験もOK

IT業界って将来性ありそう でも年齢的にちょっと無理があるのかな? こんな風に転職したいけど年齢を気にしている人に向けて『IT転職での年齢の限界』について回答したいと思います。   既にIT ...

続きを見る

大手のIT企業の特徴とメリット

ここからは大手IT企業の特徴・メリットについて解説していきます。

大手IT企業ならでは特徴・メリットを把握した上で転職活動を実行してください。

高年収が期待できる

中小IT企業から大手IT企業への転職で最も大きなメリットは高い年収が期待できる点です。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」から、産業・企業規模別の平均年収を算出しました。

企業規模 / 平均年収 / 平均月収(中央値)

  • 大企業 / 603.5万円 / 37.7万円
  • 中企業 / 514.1万円 / 32.1万円
  • 小企業 / 512.7万円 / 32.0万円

※産業・・・情報通信業/年収=月収中央値*12+(月収中央値*2)*2

年収には賞与を含んでおり、賞与は月収の2ヶ月分を2回もらえるものとして算出しています。

企業別に20代~40代の年収を算出していますが、大企業と中小企業では約90万円も年収に差があるのです。

あくまでも平均・中央値による結果となりますが、中小企業と比べて大企業が高い年収を得られることがわかります。

福利厚生が充実している

年収面だけでなく、福利厚生面でも大企業は充実しています。

新入社員でも有給休暇はしっかりと付与され、残業代などもしっかりと支払われます。その他にも、女性が働きやすい環境づくりとして、育児休暇・産休や時短勤務などの制度も充実しています。

もちろん、近年では男性でも育休が取れるようになっているものです。

うつ病対策として産業医に相談できる環境を用意されていたり、教育・研修制度が充実していたりと、福利厚生が非常に充実している点は、大企業の大きなメリットの一つでしょう。

福利厚生は企業によってさまざまですが、ほとんどの大企業は福利厚生が充実しています。

大規模なプロジェクトに関われる

大規模なプロジェクトに関われる点もメリットの一つです。

中小IT企業でも、下請け企業として規模の大きなプロジェクトに参画することはありますが、元請け企業として大規模プロジェクトを担当することとは大きく異なります。

大手IT企業では、大規模プロジェクトを企画・推進する立場になることが多く、数千万円~数億円規模のプロジェクトを担当することもあります。

このような大規模プロジェクトでの業務経験は、社内での評価だけでなく、次の転職を考える場合にも大いに役立ちます。

大手IT企業で大規模プロジェクトに参画した経験は、あなたの後のキャリアに役立てることができ、この点もメリットの一つといえるでしょう。

IT・Web業界の大企業・メガベンチャーを紹介

大手SIer企業の紹介

大手SIer企業には、どのような企業があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、大手SIer企業の例を2社紹介します。

TIS株式会社

企業サイト: https://www.tis.co.jp/

事業内容
  • 事業戦略コンサルティング
  • ペイメント・ソリューション(キャッシュレス決済事業)
  • デジタルマーケティングソリューション
  • エンタープライズ・ソリューション
  • ITプラットフォーム・セキュリティソリューション
  • AI・ロボティクス
  • R&D(研究開発)

日本ユニシス株式会社

https://www.unisys.co.jp/index.html

事業内容
  • クラウドやアウトソーシングなどのサービスビジネス
  • コンピュータシステムやネットワークシステムの販売、賃貸
  • ソフトウェアの開発、販売および各種システムサービス

大手(メガ)ベンチャー企業の紹介

大手(メガ)ITベンチャーを2社紹介します。

エンジニアとしてのスキルを磨きつつ、さまざまな業務に携わりたい方におすすめです。

株式会社サイバーエージェント

https://www.cyberagent.co.jp/

事業内容
  • メディア事業
  • インターネット広告事業
  • ゲーム事業
  • 投資育成事業

LINE株式会社

https://linecorp.com/ja/

事業内容
  • モバイルメッセンジャープラットフォーム「LINE」に関する事業
  • 無料通話、国内外の携帯・固定電話への通話「LINE Out」(コミュニケーション)
  • 「LINE Game」「LINE Music」などのコンテンツ配信
  • モバイル決済サービス「LINE Pay」などの決済サービス

大手の外資系IT企業の紹介

大手の外資系IT企業を3社紹介します。

インターネット関連ビジネスは、外資の大手IT企業が強いです。インターネット関連で大きな仕事に携わりたい人におすすめです。

Google合同会社

https://about.google/intl/ALL_jp/

事業内容
  • 検索エンジン事業
  • オンライン広告プラットフォーム事業
  • クラウドコンピューティング事業
  • ソフトウェア、ハードウェア事業

日本オラクル株式会社

https://www.oracle.com/jp/index.html

事業内容
  • 企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェア、クラウドサービス
  • 上記の利用を支援する各種サービスの提供

株式会社セールスフォース・ドットコム

https://www.salesforce.com/jp/

事業内容
  • クラウドアプリケーションおよびクラウドプラットフォームの提供
  • eコマースプラットフォームの提供
  • デジタルマーケティングプラットフォームの提供
  • オンライントレーニングを中心とした教育プラットフォームの提供

大手IT企業の求人情報は転職エージェントがおすすめ

「良い求人があったら動きたいな」と思っている人は少なくありません。

ただ、「良い求人ないかな?」と思って転職サイトを見ても良い求人がなかなか見つからないのが本音ではないでしょうか。

良い求人を見つけたい場合は転職エージェントも利用しましょう。転職エージェントの求人案件はネットに公開されていません。エージェントからの紹介で得ることができます。

転職エージェントは公開情報の2〜4倍の非公開情報を保有しています。大手IT企業の求人など、母数の少ない求人を探しているときに効果的です。

大手IT企業を探されている場合は、リクルートエージェントまたはワークポートがおすすめです。どちらも求人保有数に強みがあります。

たくさんのIT企業を紹介してもらうことで、転職先の選択肢を増やすことができます。独自調査した結果、転職成功した人は平均で2.33社の転職エージェントを利用していました。

損することはありませんので、複数のエージェントに登録しておいてもよいでしょう。

>> リクルートエージェントに登録する | 公式サイトへ

>> ワークポートに登録する | 公式サイトへ

まとめ

大手IT企業への転職では大きなメリットを得られる反面、いくつか注意しなければならない点があります。

大手IT企業への転職で注意すべき点、心構えとしては次のとおりです。

・SIer大手はエンジニアとしてのスキルが伸びない
・幅広い業務スキルは身に付けづらい
・やりたい仕事をすぐにできるとは限らない
・物事を進めるのに時間がかかる、調整能力も必要
・評価では優秀な人材との競争になる

大手IT企業では高収入が期待できることや、福利厚生が充実していることなどのメリットがありますが、これらの注意点・心構えは忘れないようにしましょう。

そのうえで「大手IT企業へ転職したい!」というあなたには、SIer・ベンチャー・外資系といくつかの代表的な企業を紹介しましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【PR】

DMM WEBCAMP

  • 特記事項: オンライン受講も可能です
  • 主催: 株式会社Infratop(DMMグループ)
  • 期間: 3ヶ月〜
  • 料金: 26,000円〜(分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

DMM WEBCAMPは転職保証付きのプログラミングスクールです。3ヶ月間のプログラミング学習と転職を支援するキャリアサポートで未経験からのエンジニア転職を実現します。HTMLからRubyまでWeb系開発に必要なプログラミング言語を総合的に学ぶことができるカリキュラムです。キャリアチェンジしたい人にオススメのスクールです。


RaiseTech(レイズテック)

  • 主催: 株式会社RaiseTech
  • 期間: 4ヶ月
  • 料金: 261,800円〜
  • 主な言語・技術: Java、PHP、AWS、WordPress

RaiseTech(レイズテック)はオンラインのプログラミングスクールです。週に1度(2時間程度)のビデオチャット講座、自習課題の取り組み、不明点のオンラインサポートでカリキュラムを進めていきます。「習得する」でなく「エンジニアになる」ことを目標とした講座内容です。プログラミングの他に現場で必要な周辺技術も同時に学ぶことができます。プログラミングを職業にしたい人のためのオンラインスクールです。

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2020 All Rights Reserved.