プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

Python

【Pythonの始め方】Pythonのリストの使い方・リストの関数について学ぼう

投稿日:2019年5月29日 更新日:

Pythonで複数のデータを同時に使えるようになる『リスト』を紹介しましょう。

リストを使いこなせるようになればプログラムのコード量が減ります。

リストは基礎的な文法なのでpythonを勉強している方は必ず習得するようにしましょう。

本記事では、リストの基本的な使い方及び、リストの操作方法について勉強します。

リストを自由自在に操作できるようになればプログラマーとして一歩上達したと言っても良いでしょう。

Pythonのリストを学ぶ

Pythonのリストについて勉強していきましょう。

初心者でもわかるように1つずつ順を追って丁寧に説明していきます。

リストとは?

リストとは、複数の要素を含むデータの纏まりのことを言います。

複数のデータをリストに格納することで、それらのデータを同時に扱ったりすることができます。

もしリストがなかったら、データを1つずつ持っていないといけません。

それではプログラムとして効率が悪くなってしまうし、変数をたくさん使うことになってソースの見た目も悪くなってしまいます。

また、リストに格納したデータは並び変えたり、追加・削除したり、自由に扱うことができます。

リストの作り方

リストの作り方はとても簡単です。

下記のコードのように[ ] の中にカンマ区切りでデータを入れていけば、リストが完成します。

list1 = [1,2,3,4,5]
list2 = ['aaa','bbb','ccc']

これらのデータを出力するには通常どおりprintを使います。

list1 = [1,2,3,4,5]
list2 = ['aaa','bbb','ccc']</p>
<p>print(list1)
print(list2)

py-list1

リストの中から特定のデータのみを出力したい場合は以下のようにします。

list1 = [1,2,3,4,5]
list2 = ['aaa','bbb','ccc']</p>
<p>print(list1[0])
print(list2[1])

リスト名[リストの番号]と書くことで、そのデータのみが出力できます。

py-list2

リストの番号は0からカウントしますので注意して下さい。

上記の例だと、0番目のデータと1番目のデータが出力されますね。

Pythonのリストを操作する関数を学ぶ

リストについて分かった所で、お次はリストの操作方法について学んでいきましょう。

リストを操作するにはPythonの「メソッド」を使うことが多いです。

メソッドとは「対象における操作を定義したもの」です。

ここではリストに対して以下の操作を行います。

  1. リストに要素を追加
  2. リストから要素を削除
  3. リストから要素を検索
  4. リストを結合させる
  5. リストをソートする

それでは1つずつやり方を見ていきましょう。

リストに要素を追加

リストの要素を追加するには「append」というメソッドを使います。

メソッドを使うには、

変数名.append(要素)

のように書きます。

具体的にどう書くか見ていきましょう。

list = [1,2,3,4,5]
list.append(6)
print(list)

こちらを実行すると、以下のように表示されます。

py-list3

リストに6が追加されているのがお分かりでしょうか。

このようにappendメソットは、リストの1番最後に指定した要素を追加してくれます。

リストから要素を削除

リストから要素を削除するには「remove」というメソッドを使います。

使い方はappendとほとんど同じです。

以下のような記述にすればremoveが使えます。

removeメソッドで要素を削除

list = [1,2,3,4,5]
list.remove(2)
print(list)

リストから2が消えるようになりました。

py-list4

リストから要素を検索

続いて「とある要素がリストの中にあるかどうかを確認する」方法を覚えましょう。

リストから要素を検索するときは、「in演算子」を使います。

list = ['たまねぎ','トマト','きゅうり']
print('トマト' in list)

in演算子はこのように記述します。

この場合、トマトはリストの中にありますので、Trueが出力されます。

py-list5

list = ['たまねぎ','トマト','きゅうり']
print('ピーマン' in list)

この場合、ピーマンはリストの中にないため、Falseが出力されます。

py-list6

in演算子は基本的に

「要素名 in リスト名」

という風に記述します。

少し覚えにくいかもしれないですが、実際にコードを打ってみて慣れていきましょう。

また、in演算子は戻り値がTrueかFalseのいずれかです。

リストの中に要素が存在する場合はTrueを返し、存在しない場合はFalseを返します。

リストを結合させる

複数のリストを結合させるためには、「extend」というメソッドを使います。

extendの使い方も他のメソッド同様です。

以下のように記述してみて下さい。

list1 = ['たまねぎ','トマト','きゅうり']
list2 = ['ナス','にんじん','キャベツ']
list1.extend(list2)
print(list1)

list1とlist2の中身が結合されています。

py-list7

注意点としては、この処理は「list1にlist2の要素をコピーした」ということです。

つまりlist2の方にはlist1のデータは入っておりません。

list1 = ['たまねぎ','トマト','きゅうり']
list2 = ['ナス','にんじん','キャベツ']
list1.extend(list2)
print(list2)

上記のようにlist2を出力してもlist1のデータは入っていないことがわかります。

py-list8

リストをソートする

最後にリストをソースするやり方を教えましょう。

リストをソートするには「sort」というメソッドを使います。

list = [3,5,4,2]
list.sort()
print(list)

sortを使う場合は()の中に何も書かず空欄にしておきます。

上記のコードを実行すると、リストの要素が番号順に並び変えられています。

 

数値ではなく、文字列の場合は、アルファベット順に並べ替えられます。

list = ['たまねぎ','きゅうり','トマト']
list.sort()
print(list)

py-list10

 

まとめ

Pythonのリストの使い方について解説しました。

リストの操作方法が分かると、ソースコードを効率的に書けるようになってきます。

始めはお手本のコードを見ながら書いていって良いので、少しずつ覚えていきましょう。

-Python

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.