プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

IT業界の転職に強いワークポートの口コミ・評判を調査

投稿日:

ワークポート

IT業界に強い転職エージェント『ワークポート』の特徴・口コミ・評判を調査しました。

結論を言うと、ワークポートは良い評判、悪い評判のどちらも多いという印象を受けました。ただ、それもそのはずで、多くの転職希望者が利用されているからですね。

業界が主催するアワードで『転職決定人数No1』にも輝いています。

利用者が多いということは口コミも多くなります。

転職エージェントによって特徴・得意分野は違います。事務職を希望してるのにITエンジニアに強いエージェントに相談したらいい思いはしないでしょう。

申し込みは「よく情報収集してから」ですね。

>> 転職決定人数No1の転職コンシェルジュ『ワークポート』 | 公式HPへ

ワークポートの特徴

まず始めにワークポートの特徴について紹介します。

各転職エージェントはそれぞれに特徴・良さがあります。例えば「求人数が多い」「大手企業に強い」などですね。

ご自身が希望するキャリア・人生を実現するための転職だと思います。方向性を間違えないためにも、転職エージェントの特徴

を把握する事はとても大事なことなんです。

それでは、ワークポートの特徴を見ていきましょう。

転職決定人数No.1の実績

  • リクナビNEXTの「GOOD AGENT RANKING」
  • パーソルキャリアの「DODA Valuable Partner Award2017」

ワークポートは上の2つで「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれました。

転職において何を重視するかは人それぞれですが、やはり実績は嘘をつきません。

信頼できるエージェントを選ぶという意味でも、実績がある転職エージェントを選ぶのも1つの手と言えます。

未経験者への手厚いサポート

未経験から違う業種への転職はハードルが高いイメージがあるかもしれません。

しかしワークポートでは、未経験者でも手厚いサポートを受けることができます。

例えばIT業界でプログラマーになりたい人向けの無料エンジニアスクールを開催しているんですね。

無料でスクールに通いつつ、転職サポートを受けながら転職活動をすることができます。

至れり尽くせりですね。

 IT・Web業界に強い

ワークポートはIT・Web業界強いのも特徴の1つです。

恐らくここで多くの人が「各分野に強いのはどの転職エージェントも同じじゃない?」と思うかもしれません。

しかし、ワークポートのコンシェルジュはもともとIT・Web業界に携わっていたという人が多いんです。

IT業界に関する知識量やコネクションが他のエージェントと比べて群を抜いています。

もしIT・Web業界に志望企業を絞っているという人がいたら、ワークポートはおすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

ワークポートの口コミ・評判

次にワークポートの口コミや評判を見ていきましょう。

全ての口コミが正しい情報とは限りませんが、転職エージェントを選ぶ上での判断材料にはなります。

「口コミはあくまで一個人の意見です。参考程度にとどめて、実際に自分で利用してみた方がよいでしょう。

良い口コミ・評判

良い口コミを見てみると、「対応が親切だった」というものが多く見受けられます。

やはり対応の丁寧さを売りにしているだけあり、サポートの評価は高い印象を受けますね。

他にも「転職はワークポートがオススメです」という口コミが多いです。口コミを見てワークポートを選んでいるという人も多いのではないでしょうか。

悪い口コミ・評判

次に悪い口コミを見てみると、「紹介される求人の質が低い」というものがいくつか見られました。

どうやら自分の経歴や希望とマッチしない求人を紹介されるというケースもあるようですね。他にも「対応が不親切なものだった」という口コミもいくつか見られました。

ワークポートの対応の良さは評価が高いようですが、このようなケースもあるということを想定しておいた方が良さそうですね。

ワークポートを利用するメリット

対応の丁寧さ

はじめに「ワークポートのコンシェルジュは~」と聞いて不思議に思った人は少なくないはずです。

というのも、通常の転職エージェントのスタッフは「カウンセラー」や「キャリアアドバイザー」などと呼ばれるのが普通だからです。

ではなぜワークポートでは「コンシェルジュ」などと呼ばれるのでしょうか。実はこの呼び方がワークポートの対応の丁寧さを象徴しているのです。

コンシェルジュというとホテルなどの「一流のサービス」というイメージがあると思います。

ワークポートのコンシェルジュもそれと同じで、より質の高い丁寧なサポートを提供したいという想いが込められています。

このような企業理念を知っておくのも、転職エージェント選びではとても大切なので覚えておきましょう。

最強ツール「eコンシェル」

ワークポートではみなさんの転職をサポートする「eコンシェル」というツールを使うことができます。

eコンシェルでは主に「面接や選考などのスケジュール管理」や「応募企業の選考状況の確認」、「求人検索やブックマーク」そして「担当コンシェルジュとのメッセージのやり取り」といった機能を使うことができます。

スケジュールやメッセージのやり取りなど、全て一括管理できてしまうのは助かりますよね。転職活動もより効率的に進められること間違いありません。

パソナキャリアのデメリット・弱み

コンシェルジュにアタリ・ハズレがある

どの転職エージェントでも、担当者にアタリ・ハズレがあるのは仕方ありません。というのも、人にはそれぞれ相性というものがあります。

どんなにいい人でも「自分にはちょっと合わない」「この人苦手だなぁ」と思うことは必ずあります。

「満足度100%の転職エージェント」などあり得ません。だからこそワークポートの利用者の中には、コンシェルジュがハズレだったと感じてしまう人もいます。

そのようなリスクがあるということと、コンシェルジュが合わなければ代わりのひとをお願いすることもできるということを覚えておきましょう。

転職を急かされることもある

ワークポートはスピーディーな転職活動が売りです。

しかしそのスピーディーなサポートをデメリットに感じてしまう人も少なくありません。

どういうことかというと、求職者の中にはスピードより質を重視している人がたくさんいるからです。

もちろんスピードを重視することがいけないと言っているわけではありません。

転職のやり方は人それぞれ違いますし、正解は存在しません。

しかしワークポートはスピードを重視する傾向があるため、質を求めている人にとっては転職活動が苦痛なものになってしまう可能性があります。

自分がどのようなやり方を好んでいるかをよく考えた上で、ワークポートが自分に合うかどうか考えてみましょう。

ワークポートの登録から内定までの流れ

申し込み・登録

ワークポートの公式サイトにアクセスして、会員登録の画面に進みます。

サポートに必要な情報を入力したら、あとは案内を待つだけで会員登録は完了です。

わずか数分で会員登録はできてしまうので、めんどくさがりな方や、会員登録が苦手な方でも心配ありません。

カウンセリング

会員登録が完了すると、当日~3営業日程度の間にカウンセリングの日程について、コンシェルジュからメールで案内が届きます。

案内にしたがってカウンセリングの日程を予約しましょう。

面談当日は来社して、コンシェルジュとカウンセリングを行います。会員登録を行ったときの情報に基づいて選任されたコンシェルジュが、みなさんの希望条件や経歴に基づいてキャリアプランを固めていきます。

カウンセリングは面接でなく面談なので、リラックスして話してみましょう。

求人紹介

カウンセリングで話した内容に基づいて、コンシェルジュがあなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

求人は基本的にはカウンセリングの数日後に紹介されますが、カウンセリング中に紹介されるというケースもあります。

ワークポートの求人数は非公開のものも含めて、3万件を超えています。みなさんのいかなる希望条件にも見合った求人が見つかること間違いなしです。

また、求人情報だけでなく最近の採用傾向や一般では手に入らない企業の情報も提供してくれます。

たくさんの企業とコネクションがあるワークポートならではのサービスと言えるでしょう。

書類応募

コンシェルジュから紹介してもらった求人から良さそうなものが見つかったら、次は書類応募に進みましょう。

応募書類の書き方のコツは企業ごとに異なります。

各業界に精通したコンシェルジュから、志望企業に合わせた書類の書き方のコツを伝授してもらいましょう。

面接

書類選考を突破したら、いよいよ面接のステップです。

書類選考と同じように、コンシェルジュが志望企業に合わせた面接対策を行ってくれます。

どのような人が評価されるか、どのようなことをアピールすると良いかは企業によって様々です。

面接のイメージトレーニングとして、何をアピールするかなど、この時点で固めておけると良いですね。

内定

無事内定をもらうことができても、それで終わりではありません。

内定をもらった後も、やるべきことはたくさんあります。

まず入社後の給与条件の確認や入社日の調整など、全てコンシェルジュが取りまとめてくれます。

円満退社のアドバイスや入社後のアドバイスや相談もしてもらえるので、転職活動を隅から隅までサポートしてもらうことができます。

ワークポートが向いている人・オススメな人

さて、ここまでワークポートの特徴やメリット・デメリットなどについて見てきました。

ここでワークポートにはどのような人が向いているのかご紹介していきます。

まずワークポートの特徴として、「スピード重視」「IT・Web業界に強い」という特徴が挙げられることはお話ししましたね 。

以上のことから「なるべく早く・短期で転職したい!」「IT業界に転職したい!」という方は、ワークポートがオススメです。

ワークポートは求人数が豊富で、エージェントは惜しみなく求人を紹介してくれます。

登録→相談→紹介

という流れなので、紹介までに大した労力はかかりません。

ワークポートはスピード重視ですからね。

登録したら求人をいっぱい紹介してもらいましょう。

「入社したい!」と思えるような求人が必ず見つかりますよ。

まずは求人を見るところから、キャリア形成の第一歩を踏み出しましょう。

 

【ワークポート】

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.