プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

キャリア

30代未経験からWebデザイナーになるために実践すること

投稿日:

webdesign ウェブデザイン

華やかで自由な雰囲気があるWeb業界。個人で稼げるスキルも身に付けられるため魅力的な業界の1つでもあります。

「手に職をつけてWebデザイナーに転身したい!」そう思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、全くの未経験、ましてや30代の社会人が本当にキャリアチェンジできるのか不安に感じる方もいるでしょう。

ITスキルのない未経験30代にとっては「何からすれば良いのか」すら分からないと思います。

漠然と「Webデザイナーになりたい」と思っていても、残念ながら前に進むことはできませんね。そこで、今回は30代未経験からWebデザイナーになりたい人に向けて、実践するべきことを紹介します。

これからWebデザイナーになってバリバリ働きたいという方は、ぜひ参考にしてはじめの一歩を踏み出してみてください。

未経験でWebデザイナーになるための必須知識

プログラミング言語 デザインツール 紹介

Webデザイナーとは、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインやレイアウトを担当するお仕事です。

クライアントがイメージするWebサイトになるように全体のレイアウトや配色などを構成していきます。

Webサイトの土台となるワイヤーフレームを作成し、クライアントからOKが出たら実際にコーディングしてWebサイトを完成させます。ちなみに企業によってはデザインとコーディングは別々に担当することもあります。

Webデザイナーに必要とされる主なスキルは以下の通りです。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • Photoshop/Illustrator

HTML/CSS

HTML/CSSはWebサイトやWebサービスを作るためのもっとも基本的な技術です。

HTMLはWebサイトに表示するテキストや画像などを設置し、土台を作るための言語です。CSSは、HTMLで記述したテキストなどに装飾を加えられるものです。レイアウトを整えたり、文字色を変えたりする際に使います。

前述した通り、企業によってWebデザイナーはデザインのみをする場合もあります。この場合、HTML/CSSのスキルは必要ないと思う方もいるでしょう。

しかし、このスキルがないと実装不可能なデザインを起こしてしまう可能性もあります。そのため、基礎スキルとして覚えておいた方が良いでしょう。

JavaScript

HTMLで作ったWebサイトに動きをつけることができるのがJavaScriptです。

例えば、Webサイトのあるボタンをクリックした時のみ表示を変化させる。トップページの写真をスライドさせる機能などに活用することができます。

単純なWebサイトの構築のみならJavaScriptを使わなくても作成できます。しかし、最近はほとんどのサイトでJavaScriptが使われています。

そのため、JavaScriptのスキルも身に着けておかないとWebデザイナーとして困る時があると言えます。

Photoshop/Illustrator

Photoshopは画像を編集するツールで、Illustratorはイラストの作成・編集を行うツールです。

WebデザイナーはWebサイトのバナーを作ったり、画像の編集を任されることが日常的にあります。そのため、この2つのツールを活用できるスキルは必須と言えるでしょう。

Photoshop/Illustratorは、定期的なアップデートにより年々使いやすくなってきています。

インターネット上に使い方に関する情報も沢山アップされているので比較的簡単にマスターできます。

未経験でもWebデザイナーに向いている人

受講生 人々

Webデザイナーに向いている人とはどんな人でしょうか?

「デザインセンスの良い人」「理系の人」など、様々な意見が聞こえてきそうですね。

しかし、Webデザイナーにもいろいろなバックボーンを持った人がいます。

文系出身。デザインセンスにまったく自身がなかった人。PCがの使い方すら分からなかった人でWebデザイナーとして活躍している人も沢山います。

大切なのは「Webデザイナーという仕事が好きかどうか」です。PCの画面と格闘しながら、黙々と作業できる人であれば、未経験からでも成長していくことができます。

初めは全くセンスのない人でも実務経験を積めばクライアントの希望に迅速に答えられるようになるでしょう。

逆にPCで作業することを辛いと感じる人や「Webデザイナーって稼げるって聞いたからやってみたい」という動機の方には、継続するのが難しいと言えるでしょう。

30代未経験でもWebデザイナー採用してくれる企業はあるのか?

「30代で未経験の人間を採用する企業なんてあるの?」

そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?求人情報を見て「未経験可」と書いてあるものもありますが「本当なの?」と思いますよね?

Webデザイナーの求人情報の現実ですが、実際には未経験可と書いてあっても経験者を優先して採用します。

企業は即戦力となる人間を求めています。そのため、未経験可の求人に経験者が募集してきたら、そちらを優先するのは当然と言えるでしょう。

また、20代の未経験者と30代の未経験者の応募があった場合、企業は将来性を考えて20代を選ぶ傾向にあります。

求人案件によっては「未経験の場合、30歳以下に限定」というものもあり、30歳の壁が厚いことが分かります。

しかし、Webデザイナーの世界では様々な年齢の方が活躍しています。簡単なことではありませんが、「私はWebデザイナーになりたい!」という強い気持ちを持っている人に企業は振り向くものです。

IT業界は、他の業種と比べて年齢のハードルは低いところが多いです。

なので、事前にしっかり準備を行って気になる企業の面接をどんどん受けていけば、30代未経験でもWebデザイナーに転職することができると言えます。

Webデザイナー未経験者が実践するべきこと

プログラミング学習 パソコン

求人情報には未経験可と書いてあっても、実際に採用されるのは厳しいとお話しました。

では、30代でWebデザイナーに転職したい未経験者はどのような行動を取ればいいのでしょうか?

ここからは、全くの未経験者が実践するべきことを紹介します。

基礎スキルを学習する

Webデザイナーとして基礎的なスキルを身につけることができれば、就職・転職の際も有利になります。

同じ30代でも、基礎スキルを理解している人とそうでない人では採用度合いも変わってくるでしょう。

基礎スキルはプログラミングスクールで習得することをおすすめします。Webデザイナーには複数のスキルが必要になります。

そのため、独学ではスキル習得までに時間がかかってしまいます。最速でWebデザイナーになりたい方はぜひ、活用してください。詳しくは下の章で解説します。

プログラミングスクールの章に移動する

ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、自分で作った作品集のことです。

ポートフォリオはWebデザイナーの名刺のようなもの。過去に自分が作った作品集があれば、企業での面接の際も有利になります。

特徴の異なるWebサイトをいくつかデザインしてポートフォリオにしておけばOKです。

面接の際に「あなたはWebデザイナーとしてどんなことができますか?」と尋ねられます。その際、「えぇ〜〇〇と〇〇が少しと…」と口で説明しても分かりにくいです。

それよりも「これが私のポートフォリオになります」と資料を見せた方が面接官も評価しやすいですね。

求人サイトに登録する

基礎スキルとポートフォリオができたら、最後に求人サイトに登録して企業を見つける作業です。

数多くの求人サイトがありますが、おすすめは以下の通りです。

  • Indeed
  • マイナビ転職
  • DODA
  • Green
  • MOREWORKS

上で紹介している求人サイトは、IT系の職種が充実しています。

各サイトによって、掲載されている企業が異なります。より採用率を上げたいなら、全ての求人サイトに登録することをおすすめします。

どの求人サイトも無料で登録できるのでぜひ活用してください。

プログラミングスクール経由で転職する

転職サービスを実施しているプログラミングスクールもあります。「ある一定のスキルを習得した」という実績が付くので普通に転職活動をするよりハードルは下がります。

スキルが身に付けられて転職もできるなら賢い選択とも言えます。

そんなプログラミングスクールを下の章で紹介します。

Webデザイナー未経験者におすすめのプログラミングスクール

プログラミング 男性

30代の未経験者がWebデザイナーとしてデビューしたいなら、事前にスキルを身につけるのがおすすめです。

基礎的なスキルを習得しておけば企業の即戦力になることができますね。

今回、紹介しているのはオンライン上で完結できるプログラミングスクールになっています。校舎に通わなくて済むオンラインスクールは、時間の取りづらい社会人や、地方在住の方にもぴったりです。

スクールによって特徴が異なるので、以下の情報を参考にしてみてください。

TechAcademy(テックアカデミー)

Tech Academy(テックアカデミー)| オンラインのプログラミングスクール

tech academy

TechAcademyは、場所を選ばずに学習することができるオンラインプログラミングスクールです。

実践に近いカリキュラムで期間内に4つのWebサイトリリースを目指します。作ったWebサイトはそのままポートフォリオに使うこともできますね。

全日15時〜23時までチャットサポートがついているので、自習中に分からないことも迅速に解決できます。

また、週2回行われるメンターとの面談では、ビデオチャットで画面を共有しながら作業ができます。

言葉だけでは伝えにくい不具合なども、画面を見ながら直接指導してくれるんです。

受講生限定の転職サポート「TechAcademyキャリア」では、スキルを登録することで企業からスカウトメールを受け取れます。

Webデザイナーにキャリアチェンジしたい人にとってはかなりおすすめのスクールです。

テックアカデミーについてもっと詳しく知りたい方は専属メンター付のオンラインスクール!Tech Academyの特徴・評判をご覧ください。

  • 主催: キラメックス株式会社
  • 期間: 4週間〜
  • 料金: 129,000円〜
  • 主な言語・技術: PHP、Ruby、Python、Java

CodeCamp(コードキャンプ)

オンラインレッスンNo1 | CodeCamp(コードキャンプ)

code camp

CodeCampは、完全マンツーマンの授業が魅力のオンラインプログラミングスクールです。

授業はビデオチャットを使って講師とマンツーマンで進めていきます。常に講師が見ていてくれるので、分からないこともその場で解決することができます。

授業は全日7時〜23時40分まで予約可能なので、仕事終わりのスキマ時間でスキルを習得することができます。

最短2ヶ月〜6ヶ月まで学習期間が選べるようになっているので、自分のペースで学べるのも魅力です。

「デザインマスターコース」では、Webデザイナーとして必要な基礎スキルを効率的に学習できるようになっています。

マンツーマンだからこそ実現できる習得率の速さも評判で、受講生の満足度94.2%の信頼できるスクールです。

CodeCampが気になる方はマンツーマンが魅力のオンラインスクール!CodeCamp(コードキャンプ)の特徴・評判をご覧ください。

  • 主催: コードキャンプ株式会社
  • 期間: 2ヶ月〜
  • 料金: 148,000円〜
  • 主な言語・技術: PHP、Ruby

TECH::CAMP(テックキャンプ )

人生を変えるテクノロジースクール | TECH::CAMP(テックキャンプ )

tech camp

満足度と知名度が急上昇中のプログラミングスクール「TECH::CAMP(テックキャンプ )」。

入会金128,000円、月額12,800円と大変お得な料金設定となっています。

テックキャンプの特徴は何と言っても5000回もの改善を重ねた独自の教材。誰もがつまずかずに学習できることをコンセプトに現在もブラッシュアップを続けています。

教室に常駐しているメンター、オンラインチャット用に待機しているメンターへの質問も自由です。回数制限はありません。開校中であれば好きなだけ質問ができるのは嬉しいサービスですね。

料金・サービスともに満足度の高いプログラミングスクールです。

テックキャンプについては全カリキュラム学び放題!TECH CAMP(テックキャンプ)の特徴・評判で詳しく解説しています。1ページで理解できますので是非ご覧ください。

  • 主催: 株式会社div
  • 期間: 1ヶ月〜
  • 料金: 月額12,800円(入会金128,000円)
  • 主な言語・技術: PHP、 Java、Python

オンラインスクールの無料体験を利用する

上記で紹介したオンラインプログラミングスクールは、どちらも無料体験を実施しています。

スクールによって授業内容や講師が異なります。そのため、適当に選んでしまうと「授業についていけない…」なんてことにもなりかねません。

2つのスクールを比較した時に「これなら完全マンツーマンのCodeCampの方が良いんじゃない?」と思う方も多いでしょう。しかし、人によっては自習をメインに反復練習を重ねた方が良い場合もあります。

カリキュラムの読みやすさもスクールによって異なるので、失敗しないためにも無料体験をおすすめします。

具体的な授業内容を体験すれば、その後もイメージしやすいですね。スムーズにスキルを習得するためにも、ぜひ参加してみてくださいね。

まとめ

今回は、30代未経験の方がWebデザイナーになるために実践するべきことを紹介しました。

手に職をつけてキャリアチェンジを成功させるには、それなりの準備が必要です。特に30代からの転職なら事前に基礎スキルを習得するなどの対策が大切になります。

ビジネスの世界は「未経験可」とあっても、そこまで甘い物ではありません。企業にとって価値のある人間になるには、それなりの努力が必要なんですね。

効率的にスキルを身につけるなら、やはりプログラミングスクールでスキルを習得するのがおすすめです。

30代未経験でも目標を持って具体的な行動を積み重ねればWebデザイナーとしてデビューできます。

キャリアチェンジをスムーズに行うためにも、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください!

-キャリア

Copyright© ピーエスワン , 2018 All Rights Reserved.