プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

IT未経験の人向け|失敗しないIT企業の選び方【ブラック企業の特徴】

投稿日:

一言でIT業界といっても色んな会社があり、色んな職種があります。

それぞれ違うビジネスモデルの業界が混在しています。

「IT業界ならどこでも良い」という感じで転職活動してしまうと希望する仕事ができないこともあるかもしれません。

本記事では、IT業界にはどんな業種があるかを解説していきます。

それぞれの業種がどんな仕事を行っているのかについて1つずつ説明します。

加えてブラック企業、ホワイト企業とはどんな会社なのかについても説明しますので転職活動の際に参考にして下さいね。

IT業界の業種を解説

システム開発(SIer)企業

Sierとは、社会に必要なしくみを、システムを駆使して構築する情報サービス企業のことを言います。

お客様であるクライアントと打ち合わせを行い、課題解決にはどんなシステムが必要か分式し、システムの設計を行います。

設計が終われば、解説、運用、保守までも請い負うことになります。

ただSIer業界の中でも、システム設計のみ行う企業もあれば、開発のみを行う企業もあります。

システム設計のみを行う企業は、他の企業に開発を依頼します。

依頼された企業は更に他の会社に細かい部分の開発を依頼することもあります。

こうしてSIerはクライアントから企業へ、そのまた企業へと依頼が続くことがあり、ピラミッド構造が出来上がっていることが多いです。

代表的なSIer企業

代表的なSIer企業としては、以下のような企業があります。

  • NTTデータ
  • 野村総合研究所
  • 日立ソリューションズ

インターネット・Web系企業

Web業界とはインターネットを利用したサービスを提供している業界です。

例えばインターネット上で商品を売るためのシステム提供などがそれにあたります。

楽天市場やAmazonなどが代表的な例ですね。

SIerは発注した企業からシステム構築料を貰いますが、web業界はサービス使用料(手数料)を貰う、といった違いがあります。

サービスの企画から開発まで1つの会社が全部行うことがほとんどです。

大手企業に依存することができない分、シビアな業界ではあります。ただ、成功したときには莫大なリターンがあります。ベンチャー企業が多い業界でもあります。

代表的なWeb系企業

代表的なWeb系企業には以下のようなものがあります。

割とみなさんも知っている企業が多いのではないでしょうか。

  • 楽天株式会社
  • ヤフー株式会社
  • Facebook Inc

ソフトウェア開発企業

ソフトウェアとは、コンピュータ上の処理を実際に行っているプログラムのことを言います。

ソフトウェアは大きく分けて二種類あり、OSとアプリケーションです。

このようなプログラムを作成する企業をソフトウェア開発企業と言います。

アプリケーションには様々な種類があり、企業向けの経営管理ソフトであったり、個人が利用できるホームページ制作用ソフトなどがあります。

代表的なソフトウェア企業

代表的なソフトウェア企業は以下のようなものがあります。

ここでは有名企業を挙げておりますが、ベンチャー企業も数多く立ち上がっている業界です。

  • Oracle
  • サイボウズ
  • セールスフォース

ハードウェア開発企業

ハードウェアとは、電気機器や電化製品など目に見える機械のことを言います。

パソコンやスマートフォンもハードウェアに入ります。

企業によっては、ハードウェアとソフトウェアの両方を自社で開発している企業も存在します。Appleなんかが代表的な例ですね。

近年のハードウェア業界は、VR機器・IoT機器など製品の多様化が進んでおり、今度はニーズが高くなると予想されます。

ハードウェア自体は機械の分野になりますが、機械を制御するためのプログラミングなどはITの分野になります。

代表的なハードウェア企業

ハードウェア企業で有名なものは以下の企業です。

  • Apple
  • SONY
  • 富士通

ブラック企業の特徴

ここからはブラック企業の特徴について挙げていきます。

ブラック企業の特徴を知っておけば、入社前の段階でブラックかどうかをある程度判別することができます。

転職サイトや企業口コミサイトには社員だった人の口コミが書かれているものもあります。

それらも参考にしてこれから挙げる特徴と合致していないか調べてみて下さい。

転職サイトに年中掲載している

転職サイトに年中掲載しているような企業は怪しいと見た方が良いでしょう。

年中掲載しているということは、人の入れ替わりが激しいということです。

どんどん人が辞めていくような会社はブラックである確率が非常に高いでしょう。

取引先が中堅のSIer企業

SIer業界は多重下請け構造です。

多重下請け構造を簡単に説明しますね。

  1. 大手SIer企業が官公庁や大企業から開発案件を受注する
  2. 大手SIerは下請け企業に作業依頼する
  3. 大手SIerの下請け企業は更に下の会社に作業依頼する
  4. 更に下の会社は更に下の会社に作業依頼する

仕事を発注する企業から直接仕事を請ける元請け企業(上で言うところの「大手SIer企業」)なら良いです。

ただ、2次請け・3次請けと経由する会社が多いほど売上が少なくなっていっていきます。仲介手数料みたいなものですね。

報酬額が少なくなると、社員の給料にも影響してきます。

取引先がSIer企業の場合、納期を取引先が決めている場合が多く、2次請け以降の企業はブラックな働き方を強いられていることもあります。

給料少ないのに労働がキツいといった感じです。

元請け企業(大手SIer)と取引があるならまだマシです。上の番号で言うところの2番・3番あたりの会社としか取引のない企業はやめておいた方が良いでしょう。

労基法が遵守されていない

経営層が違法だと分かっていて長時間労働させたり、労働制度を勝手に解釈して悪用しているのは問題です。

例えばみなし残業制度。

みなし残業制度とは『月に発生するであろう残業時間』を見越して固定残業代などで支払う制度です。

例えば、45時間残業しなくても45時間残業した分の給料が貰えるのです。逆に45時間以上残業した場合は残業代を支給するのが正しい制度運用です。

ただ、労働者の無知を利用してみなし残業制を悪用する企業が存在します。

50時間以上残業させているのに「みなし残業制だからね」と言って45時間分しか給料を払わない会社があります。

みなし労働時間と比べて労働時間が長い場合、追加で残業代を支払わないと違法です。

裁量労働の場合も同じです。法律で決まった上限を超えた場合、深夜や休日出勤分は支給しなければなりません。

とはいえ、労基法がちゃんと遵守されているか?というお話を面接で議論するのもイヤですよね。

なので募集欄に『裁量労働制』『固定残業代支給』などの会社は避けておいた方が無難でしょう。

研修制度が不明確

研修制度が不明確な企業も避けておいた方が良いです。

ブラック企業の研修には、大声で社訓を暗唱させられたり、人格を否定されたりするようなものが存在します。

IT企業なのでそこまで体育会系の企業はないかもしれませんが、研修制度を明確にしている方がホワイト企業である確率が高まります。

書籍を渡して延々と自習させる行為を『研修制度あり』とうたっている会社もあります。

研修制度が不明確な場合、何か裏があるのではないかと睨んでおきましょう。

ホワイト企業の特徴

続いて、今度は逆にホワイト企業の特徴について述べていきます。

ホワイト企業は働く社員のことを考えた優良企業ですので、これらの特徴に該当する会社を選ぶようにしたい所です。

事業内容が明確である

事業内容が明確である会社はホワイト企業の確率が高いです。

企業のホームページを見て、何をしている会社なのかが明確だと良いでしょう。

「誰向けに何を提供しているのか?」という視点で見てみてください。

ブラックなSIer企業の場合、このあたりを不明確にしている企業が多いです。『雇って現場に派遣する』ような派遣業で成り立っている企業がほとんどですので、何をやっているのか分からない企業が多いです。

そういう意味でも、明確な自社サービス・製品を持っている会社が良いと思います。

業績が良い・伸びている

業績が伸びている企業の方がホワイト企業の可能性が高いです。

ブラック企業は社員に無理な労働を強いているものの、働き方が合理的でない場合が多く、利益は出ていないことがほとんどです。

むしろホワイト企業の方が業績が伸びている傾向が強いです。

福利厚生が充実している

福利厚生の充実度も見逃さないようにして下さい。

住宅手当や社員食堂の有無など、社員のことを考えた制度があるかどうかは大事です。

給料の高さも大事ですが、福利厚生の有無も大事ですね。

ただ、福利厚生を目当てに就職しないでくださいね。あくまで職務・仕事内容で選んでください。

オフィスがきれい

オフィスやトイレが汚い場合、そこまで気を配れる余裕がない会社ということです。

逆にそれらの空間が綺麗な場合、掃除するための人手がしっかりと行き渡っている証拠です。

オフィスの見学はできる場合と出来ない場合がありますが、トイレの様子は面接時に見ることが可能なので、しっかりとチェックしておきましょう。

未経験からIT業界への転職を成功させるには勉強が必要

SEを目指すなら

SEを目指すならITの基礎知識の勉強をすることが何よりも肝心です。

業務システム構築に適したプログラミングも学ぶ必要があります。

ITの基礎知識に関しては『基本情報技術者試験』などの資格の勉強をすることによって蓄えることが可能です。

プログラミング技術は、プログラミングスクールなので勉強するのがおすすめです。独学だと挫折しやすいですからね。

まずはJavaなどの基礎的なプログラミング言語から学んでいくのが良いでしょう。

Web・ソフトウェア系のエンジニアを目指すなら

WEB業界のエンジニアを目指すなら、PHPやRudyと言ったプログラミング言語の勉強をするのがおすすめです。

特にPHP言語はWeb業界の中でも求人がとても多くあります。

PHPやRudyはスクリプト言語と呼ばれ、Javaなどに比べると習得時間が短くて済むのが特徴です。

プログラミングスクールを活用して、いっきに学んでしまうのがおすすめです。

ハードウェアのエンジニアを目指すなら

ハードウェアのエンジニアを目指すなら、ハードウェア制御に適したプログラミング言語を学んで下さい。

具体的にはC言語やC++などがおすすめです。

他の言語に比べてかなり難易度が高いです。

じっくりと勉強していく必要があるでしょう。

未経験からIT業界への転職に失敗する行動

未経験からIT業界へ転職する際に、スキルがない状態で転職活動すると失敗する可能性が高くなります。

『未経験可』という求人は確かに存在はします。

ですが、それらの仕事は基本的に誰でもできるような事務仕事であることが多いです。

またIT業界には客先常駐と言って、正社員として雇われながらも、他の会社に派遣されて働くというタイプのものがあります。

これは事務派遣とそこまで変わりませんよね。

ノンスキルOK・未経験可といった求人には、こう言ったものも混ざっていますので注意が必要です。

ただ、『どうしても早く転職しなければいけない事情がある方』『スキルがないけどIT業界に憧れがある』という方には良いかもしれません。

いったんIT業界に入って、それから勉強していく。という方法ですね。

まとめ: まずは成長性・将来性のあるIT業種を選ぼう

企業が成長するために、あからさまに従業員に長時間労働や無理を強いている会社はブラックです。

ただ、そうでない場合はやっぱり成長性・将来性のある企業を選ぶべきです。停滞・下がり気味の会社は職場もなんだか暗いですからね。

会社の業績が上がらない、給料も上がらない状態だといずれ「失敗した!」と後悔してしまうでしょう。

そうならないためにも、まずはIT業界の中での業種選びが大事です。

オススメはインターネット・Web系の業界です。ノンスキル・未経験可の状態での転職は厳しいですが、入れたときのメリットはデカイです。

  • 成長産業の中に入れる
  • 個人で稼げるスキルが身に付く
  • 次の転職もしやすい

転職組は即戦力性を期待されるため、ある程度のプログラミングスキルが必要です。

そう難しく考える必要はありません。

以下の体験談の筆者のように、全くスキル・知識が無い状態からIT企業に転職できています。

「気軽に何でもやってみるフットワークの軽さ」が大事だったりしますね。

「とりあえずやってみよう」と思った人は以下のスクールのプログラミング体験がオススメです。

無料で講師付きで7日間のプログラミング体験が出来ますよ。

 

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.