プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

体験談

DMM WEBCAMP漬けだった3ヶ月間【賛否含めた感想】評判・口コミ

更新日:

転職保証付き、国から給付金がもらえる、CMにローランドさんを起用で話題のDMM WEBCAMP。

実際にサービスを受けた人の生の意見が気になるところですよね。

今回はそんなDMM WEBキャンプを受講したH・Kさんに感想・評判を書いてもらいました。

評判を理解したい人、DMM WEBCAMPの受講を考えている人はぜひ参考にしてください。

DMM WEBCAMPのサービス内容・料金・給付金の詳細は公式サイトで確認ください。

DMM WEBCAMP | 公式サイトへ

 

※ご自宅からのオンライン受講も可能になりました。転職サポートもオンラインで出来ます(転職保証あり)

 

dmm webcamp 受講生イメージ
 ITエンジニアのH・Kさん

【プロフィール】

RPAエンジニアのH・Kと申します。

DMM WEBCAMPを卒業して上場IT企業で働いています。

IT業界に転職してから半年が経ちます。一年前までは福祉施設の職員として障害を持つ子どもたちへの療育的支援を行っていました。

今回はそんな畑違いな環境から、DMM WEBCAMPに通い、転職成功するまでのお話しが出来ればと思います。

DMM WEBCAMPの総評|評判・口コミを聞いてみました

インタビュアー DMM WEBCAMPを受講して正解だったでしょうか?

 正解だったと思います。Webアプリを作れるようになりましたし、何より転職支援サービスが良かったです。他の転職サービスと比較してもここまで質の高い支援をしてくださる会社はないのかなと思います。

それだけDMM WEBCAMPで受けた支援は今後のキャリアに繋がり、自身成長させてくれる環境だったと思います。

インタビュアー 大絶賛ですね。ただ「DMM WEBCAMPの料金は高い」と口コミであったりしますが、サービス内容に対して料金は妥当だと思いますでしょうか?

 正直な話、転職支援サポートを行っている他のスクールと比較して「高いな…」といった印象はありましたが、3ヶ月間のプログラミング学習と3ヶ月間の転職支援を実際に受けてみると、思っている以上に学んだことが役に立っていると感じています。

目標であったエンジニアへの転職も出来ましたので、僕は「妥当である」と言えます。

僕自身はあの受講費を払い、満足した結果が得られていると思っています。

インタビュアー なるほど、「学習したことが今も活かせている」「目標も達成できて結果に満足」ということですね。ありがとうございました。

 

DMM WEBキャンプでみっちり勉強した僕の感想・評価

転職支援を行う企業は数多く存在します。その中で皆さんは「どこの転職支援を受けるべきなのだろうか?」と悩むことがありますよね。

その中でもDMM WEBCAMPへの入会を検討している人は受講者からの評判が気になると思います。

ここでは、受講を修了した私の率直な感想を書かせていただきますので、少しでも皆さんの転職支援機関探しのお手伝いが出来たらなと思います。

DMM WEBCAMPの良かったところ

メンターのレベルが高い

教室に常駐しているメンターのレベルが高いです。インターンで来ている学生さんも教育体制が整っているのか非常に教え方が丁寧かつ分かりやすく、初学者向けに最適な環境だと感じました。

3ヶ月目になると受講生はカリキュラム以上の技術に挑戦していきます。

その際に各メンターが受講者に合わせてポートフォリオ制作において「ヒント」となる技術を伝えてくれたりもします。

自らの力だけでは出来ないことも協力してくださるメンターの方々には今でも感謝しています。

学習コンテンツが実践に近い

DMM WEBCAMPの1ヶ月目は基礎学習の期間です。3つの課題クリアがゴールとなります。

各課題ごとに学んだことが定着しているのか確認するようなコンテンツとなっています。中でも3つ目の課題は簡単に合格が貰えず、2〜3回は再提出になることがほとんどです(ちなみに自分は全て一発合格しました 笑)

2ヶ月目はチーム開発のプロセスを学ぶ期間です。出された課題に対してチームで取り組んでいきます。ざっくりですが以下のようなことを決めて取り組んでいきます。

  • チームで開発の方向性を決める
  • チーム内での役割分担を決める
  • 仕様書を書く
  • 開発して動作テストする
  • メンターからレビューを受ける

自分のチームは体調不良でメンバーが1人欠けてしまいました。すぐにチーム内で会議をしましたが、マンパワーが不足した状態で開発に進むこととなったので、チーム開発の期間はもの凄く苦労しました。

苦労はしたものの、期限内には完了できました。「トラブル時の対応」「期限内に完了させるための方法」が学べましたので、現在の現場でもかなり役立っている経験かなと思います。

DMM WEBCAMP側もすぐにメンバーの情報を確認し、サポートに入れる準備もしていたので、とても心強かったですね。

3ヶ月目のカリキュラムはざっくり言うと『2ヶ月目に行ったチーム開発を一人で行う』です。

「どういった物を作るのか?」「どういった仕様にするのか?」などを自分で考えて進めていきます。「頭の中で考えて、とりあえずプログラミングする」じゃダメです。

方針を決めて、要件を決めて、仕様書を書いて、開発して、テストするまでを自分1人で行います。

この期間は楽しい部分もありますが、「自分が思い描いているモノが作れない…」という現実にも直面します。開発期間は毎日キツいと感じていました。

このキツイ期間を乗り超えられたのはメンターの方々のご協力とアドバイスのおかげです。どんな時でも自分の悩み相談に乗ってくれる上に、「大丈夫です!まだまだ開発する時間はありますので、焦らずにやっていきましょう!」と声がけしてくれました。

ポートフォリオ※発表会の日は「お世話になったこの人たちへの感謝も込めて、しっかりと発表しよう!」という強い想いで臨めました。

※自分が制作した成果物(Webサービス、アプリなど)

転職支援が充実している

DMM WEBCAMPでは、プログラミングの学習期間と並行して転職活動を行っていきます。

DMM WEBCAMPが提供する転職支援サービスは以下の通りです。

  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 面接対策、模擬面接
  • 書類提出の代行
  • 求人企業の紹介

履歴書・経歴書の記入 ⇒ 書類の添削 ⇒ 面接対策 ⇒ 求人企業への書類提出 ⇒ 書類審査が通った企業の紹介 ⇒ 面接

といった流れになります。確実にエンジニア転職するための準備とステップを踏みますので、通常の転職エージェントより手厚い対応だと感じました。

添削や面接対策はキャリアアドバイザー(以降はCAとします。)という人材サービスの専門家と一緒に行っていきます。プログラミングのメンターとは別に転職の専門家が在籍しているのも心強いですし好印象でした。

転職エージェントを利用された人ならご理解頂けるかと思いますが、転職支援を行っている企業でここまで手厚く支援をしてくれる環境はあまりないかなと思います。

僕もDMM WEBCAMP以外の転職支援(転職エージェント)を利用したことがあるので、一から比較していくと支援の差は圧倒的に優れていると感じました。

そして個人で付いてくれるCAの方が自分に対してどれだけ本気で取り組まれているのかがしっかり伝わってきました。

「この人がここまでやってくれるのなら、自分も頑張らなきゃいけない!」と奮い立たせてくれますし、一から自分のキャリアプランを一緒に考えてくださったCAの方には本当に感謝しています。

以前よりも仕事に対して取り組む姿勢も大きく変わりましたし、DMM WEBCAMPでキャリアチェンジ出来たことを嬉しく感じています。

>> DMM WEBCAMPのオンライン相談を予約する | 公式サイトへ ※オンライン受講も可能になりました

DMM WEBCAMPの悪いところ・改善して欲しいところ

メンターの数が少ない時がある

13〜20時くらいはメンターが多いのですが、夜にかけて人数が少なくなり、気づけば3人ほどしかいなくなります。

メンター全員が誰かの対応をしている時は離れることが出来ないため「後ほど向かいます!」と声を掛けてくれます。ただ、自分以外にも質問をしたい人がたくさんいる為、待ち時間が発生していまうんですね。分からない箇所がすぐ解決できないことが続くことが何度かあったと思います。

転職活動時に求人票が見られない

担当のキャリアアドバイザーが色んな企業に自分の履歴書とスキルシートを送り、書類審査が通ったら「審査が通りました!」という形で連絡をくれます。

「どういった企業を受けたいのか?」などをカウンセリングのときに話しあっています。なので、 一緒に求人票を見ながら応募先を決められない流れに少し疑問に感じました。

もちろん、企業リサーチをしているので、紹介してくれる企業はどれも良い環境で良い会社ではあります。事前に「受けるところを知りたい」という意味では少し残念でした。

卒業後の育成コース(上級コース)が無い

今では卒業生を対象とした親睦会やその他にもセミナーなどがありますが、最新技術やIT業界の動向に対応したサポートが不足している感じました。

DMM WEBCAMPに対しての依頼のような内容となってしまいますが、卒業生の更なる育成を目指した支援体制があるともっと良いスクールになると思います。「卒業生・中堅エンジニア向けのカリキュラム」といったサービスがあってもいいのかなと思いました。

例えば、流行りのAI学習のプログラミング学習コースがあったりしたら魅力的ですよね。

>> DMM WEBCAMPのオンライン相談を予約する | 公式サイトへ ※オンライン受講も可能になりました

DMM WEBCAMP受講中の体験談・僕が勉強した内容をお話します

ここからは『DMM WEBCAMP受講中に学習したこと』『転職支援の内容』をお話しさせていただきます。

実際に皆さんも転職活動に移っていく中で自分がやっていたことを参考にしていただけれなと思います。

プログラミングスクールに通おうと思った理由

初回カウンセリングのときに、僕が不安に感じていた点を全て解消してくれたからですね。

「ここは信頼できる!」と思えたのがDMM WEBCAMPに通おうと思ったきっかけです。

「初学者でもついていけるのか?」「転職活動の際に受ける支援は具体的にどういったものなのか?」など、不安に思っていた内容は全て回答頂けました。

カウンセリングは無料ですし、実際にどんな環境なのか知りたい人はカウンセリングを受けてみるべきだと思います。他社と比較した際に、DMM WEBCAMPは自分と向き合ってくれる姿勢が見えたので、その人を信頼して入校を決意しました。

DMM WEBCAMPに正式入会するまでにやったこと

僕は前職の仕事をギリギリまでやっていたので、事前学習をする時間はほとんどありませんでした。

無料のプログラミング学習サイトで軽くプログラミング学習をした程度でした。もし時間があったとしたら「無料サイトだけでなく様々なプログラミング言語に触れてみる」「プログラミングへの慣れを作っておきたかった」というのが正直な感想ですかね。

受講開始 〜 カリキュラムの流れ&DMM WEBCAMPで僕が学習したこと〜

DMM WEBCAMPで学べる言語はHTML、CSS、Ruby、JavaScriptです。基礎学習からWebサービス開発まで実践に近い形で学ぶことが出来ます。

その他にGit(管理ツール)やAWS(クラウドサーバー)などの周辺技術についても学習することができます。

概要は先ほどお話しましたので、ここではもうちょっと突っ込んだ話しをしていきますね。

1ヶ月目のカリキュラム

DMM WEBCAMPの1ヶ月目は基礎学習期間となります。エンジニアになる上で必要なプログラミング技術を学んでいきます。

1ヶ月目は1つの課題が用意されていて、一つ一つが復習と応用を兼ねたものになっています。1つ目の最終課題に関してはほとんどの方が再提出になるほどの難易度です。実際に課題を全て完了することが出来ずに、延長契約になった人が4割ほどもいました。

2ヶ月目のカリキュラム

2ヶ月目はチーム開発の期間です。チームごとに分かれて開発を進めていきます。最初の1週間は今まで話したことのない人と話して楽しい雰囲気で進められます。

ただ、今までやったことのない内容に思いのほか時間を取られることがあります。「1ヶ月」という期限があるので開発フェーズに入れないことから焦りが生まれ、チーム内で様々な動きが出てきます。

チーム開発で僕が感じたことは「どのようなことがあってもチームは崩れてはいけない」「ツラくても最後までやり切る」ということです。キツい期間でしたが、成果物の出来は良かったように感じましたね。

実務ではチームで開発をするのが普通です。プログラミングだけでなく、『開発時のコミュニケーション』も学んでいるんだ、と考えて受講するといいかもしれないですね。

3ヶ月目のカリキュラム

最後の3ヶ月目は1人で一から開発を行う期間です。

2ヶ月目のチーム開発は方針決め、要件決め、開発を3〜5人で行っていました。3ヶ月目はこれらを1人で行っていきます。

今まではチームの誰かがやっていた部分を全て自分一人がやらなければならないといけません。受講生ごとに開発するものが異なるので、自分が開発するものを理解しなければいけません。

なので、開発に行き詰まったときでも、他の人と開発している内容が異なるのでリスケをするにしても全て自分で判断しなければならないということです。

ただ、苦労を乗り越えて開発したWebアプリは愛着も湧きますし、ちゃんと頑張れば創り上げることが出来るという自信にも繋がります。この期間を乗り越えた際には、一番自分を成長させられる期間だと思って取り組んでほしいです。

>> DMM WEBCAMPのオンライン相談を予約する | 公式サイトへ ※オンライン受講も可能になりました

DMM WEBCAMP受講時のスケジュール・1日の生活

ここでは、僕がDMM WEBCAMPに通っていた時の1日のスケジュールをお伝えします。

DMM WEBCAMPは金曜日が休校日で、それ以外の日は11時〜22時まで開校しています。人によると思いますが、僕の場合は毎日10時間ほどプログラミングをしていました。

<登校日のスケジュール>

  • 8:00 起床
  • 8:15 朝食
  • 8:30 支度
  • 9:00 出発
  • 10:30 カフェで学習
  • 11:00 教室に到着
  • 14:00 お昼休み
  • 20:00 夕食
  • 22:00 下校
  • 翌1:00 就寝

<休校日のスケジュール>

  • 7:00 起床
  • 7:15 朝食
  • 7:30 支度
  • 8:00 出発
  • 8:30 カフェで学習(1店舗目)
  • 12:00 お昼休み(2店舗目)
  • 13:00 学習再開
  • 15:00 学習終了
  • 17:00 ジムで筋トレ
  • 19:00 帰宅
  • 20:00 夕食
  • 22:00 就寝

DMM WEBCAMPで受けた転職支援の中身をお伝えします(受講修了後 〜 転職活動)

3ヶ月の学習を終えた後は本格的な転職活動に入ります。

転職活動とプログラミング学習の期間が完全に分かれている訳ではなく、2ヶ月目から学習と並行して面談などを行います。

初回面談 〜 自己分析 〜 転職準備 〜 経歴対策 〜 模擬面接 〜 転職活動という流れとなります。この中で自己分析は転職をする際の重要なポイントです。

どのスクールでもそうですが、未経験からIT業界へ転職したい人がほとんどですよね。今後のキャリアプランをしっかり作った上で転職活動に臨む方が良いです。

自分が今後どうしたいのか明確化できますし、ここまで深く人生を振り返るチャンスはありません。

DMM WEBCAMPでは『Will Can Mustシート』というものを作成します。簡単に言うと『できること』「やりたいこと」「やるべきこと」を整理するシートです。個人的にはWill Can Mustシートを利用して、自分と対話したことが、今の人生にも深く関わっていると思います。

あと職務経歴書の対策は大事です。やはり、ほとんどの人が未経験からIT業界へチャレンジする訳ですので、職務経歴書は気合いを入れて作成する必要があります。

キャリアアドバイザーが今までの経歴を見返し、企業の方が聞こうとするポイントを見極めて、選考のポイントになる部分に対して対策を練ってくれます。

どういった方向性で企業に転職していくのか把握することが出来るので、DMM WEBCAMPの転職支援は、他の支援を行う企業(転職エージェントなど)に比べて圧倒的に優れていた部分だと思います。

もう一度DMM WEBCAMPでプログラミングを学ぶならどう学習するか?

そうですね。仕事で時間がなかったとは言え、受講前の事前学習をもっと入念にしておきたかったですね。

今は独学でもそれなりに学習することが出来るので、入校する2週間から4週間前から準備が出来ていたら良かったです。事前学習をしていたら、もっと1ヶ月目の吸収が早くなったのかなと思います。

僕は1ヶ月目は復習を徹底することで学習の定着率を上げていました。ただ、補足カリキュラムの中にある、JavaScriptのコンテンツについてはもっと学習を深めておきたかったなというのがあります。

他にもAWSやGitなど様々な知識を学べる内容になっていたので、もっともっと学んでおきたかったという後悔があります。プログラミング以外の周辺技術に気をつけて学習したいですね。

DMM WEBCAMPの受講に必要なもの

個人的には「本気で転職活動をする意志」ですかね。

正直言って本気でこのカリキュラムに対して本気で向き合えない人間は脱落していくと思います。

というか脱落してました(笑)

でも、本気になってやり切らないと未経験からエンジニアになれないということです。1ヶ月目の基礎学習でさえもそれなりにキツいです。チーム開発とポートフォリオ制作はもっと厳しいです。

泣き出す人もいましたし、精神的に苦しんでいる人もいました。でも、それを乗り越えた人は必ず転職成功しています。

DMM WEBCAMPでは「本気で転職をしよう」としている人に対して本気で向き合ってくれます。まずは自分がエンジニア転職する事に対して「本気で向き合えるのか?」を明確にする必要があります。

私が『DMM WEBCAMPを選んで良かった!』と思えたのは、関係者の全員が本気で自分と向き合ってくれたからです。

学習コンテンツがどうとかよりも、相手が本気で自分の想いを汲んでサポートしてくれます。本気で転職を考えているのであれば、本気で自分と向き合ってくれる人達を選んだ方が良いですし、ご自身も一緒にやり遂げる覚悟・決意が必要だと思います。

受講する前にはしっかりと心の準備をしておくことをオススメします。

>> DMM WEBCAMPのオンライン相談を予約する | 公式サイトへ ※オンライン受講も可能になりました

まとめ: 本気でエンジニア転職したいならDMM WEBCAMP

今回はDMM WEBCAMPを受講してエンジニア転職されたH・Kさんに感想・評判を書いて頂きました。

H・Kさんの感想・評判から、DMM WEBCAMPは「本気な人を本気で支援してくれるプログラミングスクール」という印象を受けました。

メンターもキャリアアドバイザーも目標達成に本気で向き合ってくれます。そんな熱い人たちに囲まれて3ヶ月を過ごしたら、誰もが変わることが出来そうですね。

現在は国からの給付金が利用できたりしますので、費用面でのハードルは下がっていると言えるでしょう。とはいえ、本気で取り組まないとキャリアチェンジという目標は達成できません。

「絶対にエンジニア転職する!」という意気込みと決意がある人には最高のサービス・環境の整ったプログラミングスクールと言えます。

>> DMM WEBCAMPのオンライン相談を予約する | 公式サイトへ ※オンライン受講も可能になりました

 

【PR】

DMM WEBCAMP

  • 特記事項: オンライン受講も可能です
  • 主催: 株式会社Infratop(DMMグループ)
  • 期間: 3ヶ月〜
  • 料金: 26,000円〜(分割払い)
  • 主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

DMM WEBCAMPは転職保証付きのプログラミングスクールです。3ヶ月間のプログラミング学習と転職を支援するキャリアサポートで未経験からのエンジニア転職を実現します。HTMLからRubyまでWeb系開発に必要なプログラミング言語を総合的に学ぶことができるカリキュラムです。キャリアチェンジしたい人にオススメのスクールです。


RaiseTech(レイズテック)

  • 主催: 株式会社RaiseTech
  • 期間: 4ヶ月
  • 料金: 261,800円〜
  • 主な言語・技術: Java、PHP、AWS、WordPress

RaiseTech(レイズテック)はオンラインのプログラミングスクールです。週に1度(2時間程度)のビデオチャット講座、自習課題の取り組み、不明点のオンラインサポートでカリキュラムを進めていきます。「習得する」でなく「エンジニアになる」ことを目標とした講座内容です。プログラミングの他に現場で必要な周辺技術も同時に学ぶことができます。プログラミングを職業にしたい人のためのオンラインスクールです。

 

-体験談

Copyright© ピーエスワン , 2020 All Rights Reserved.