プログラミングスクール比較サイト

ピーエスワン

転職

転職に強いプログラミングスクール【体験談・事例紹介】これが現実

投稿日:2019年3月5日 更新日:

プログラミングスクールに通うとIT業界に就職できるの?

実際に転職できた人はいるの?

転職でオススメのスクールを教えて。

このような疑問を持っている人、情報を欲している人に向けて記事を書きました。

スクールからの転職・就職状況、オススメのプログラミングスクールについて解説していきたいと思います。

目次

IT転職に強いプログラミングスクール比較一覧

最初にエンジニア転職に強いプログラミングスクールを一覧で紹介します。

テックエキスパート
・受講形式: 通学 or オンライン
・料金: 598,000円(分割払い24,000円〜)
・場所: 渋谷校(東京)、心斎橋校(大阪)、名古屋校
・公式サイト: テックエキスパート | 公式サイト
DMM WEBCAMP
・受講形式: 通学
・料金: 598,000円
・場所: 渋谷校(東京)
・公式サイト: DMM WEBCAMP | 公式サイト
プログラマカレッジ
・受講形式: 通学
・料金: 無料
・場所: 東京都千代田区三番町1-1
・公式サイト: プログラマカレッジ | 公式サイト
Tech Academy 転職保証コース
・受講形式: オンライン
・料金: 298,000円
・公式サイト: Tech Academy | 公式サイト
・無料体験: Tech Academy 体験申し込みページ
Dive Into Code
・受講形式: 通学orオンライン
・料金: 498,000円 + 100,000円(入会金)
・場所: 東京都渋谷区円山町28−4
・公式サイト: Dive Into Code | 公式サイト

 

プログラミングスクールを利用するとIT転職に有利

プログラミングスクールはプログラミングを学ぶ以外にもメリットがあります。

その1つに『転職活動で有利』というメリットがあります。

なぜ転職活動で有利かというと、

  • プログラミングスクールの転職支援が受けられる
  • 開発実績を作ることができる
  • プログラミングの基礎はOKと判断してもらえる

という状況が作れるからです。

上の3点を簡単に解説したいと思います。

プログラミングスクールの転職支援が受けられる

現在はどのプログラミングスクールでも転職支援を行なっています。

受講生のほとんどは転職や就職が目的で受講しているわけですから当然ですね。

転職エージェント企業などと提携して、キャリアカウンセリングやお仕事の紹介などを行なっています。

ただ、支援にも限度があります。頼りすぎ・依存もよくないです。

調査したところ、ご自身でも転職エージェントなどを利用して積極的に転職活動している人が成功しています。

開発実績を作ることができる

プログラミングスクールでは各ポイントで課題があります。

中盤以降になると、Webアプリを作ったり、ご自身で考えたオリジナルアプリを作ったりする課題があります。

教材に沿ったまま作ったWebアプリは実績としてはイマイチかもしれません。ただ、ご自身で考えたWebアプリは開発実績になりますね。

開発実績を見せることで「現在できること」を明確に伝えることができます。

開発実績がないのに比べて面接の印象も良いでしょう。

プログラミングの基礎はOKと判断してもらえる

「3ヶ月間のスクールでHTML、CSS、Ruby on Railsの学習を修了しました。」

「3ヶ月間、独学でHTML、CSS、Ruby on Railsを学びました。」

プログラミングレベルという観点に絞ると、どちらが評価が高そうでしょうか。

大抵の人が前者の方を選ぶと思います。

面接の担当者からすると、独学の場合は何をどこまでやったのか把握しづらいです。

スクールのカリキュラムを修了したという実績自体が好評価のポイントに繋がりますね。

体系化されたカリキュラムを修了している訳ですので、「基礎的なところはOKだよな」と判断してもらえます。

評判のよいプログラミングスクールに実際の転職状況を聞いてみた

テックエキスパートを運営する株式会社divの社員に転職状況をインタビューしました。

本当に転職できるの?と思っている人はぜひ参考にしてください。

インタビュアー今日はよろしくお願いします!さっそく質問していきたいと思います。

テックエキスパートの転職コースは人気のコースですが、予約待ち・入会待ちになるケースはあるのでしょうか?

 

男性 顔予約待ちや入会待ちになるケースは今のところ御座いません。

受講を決めて頂いた方は次の期から参加可能です。

 

インタビュアー入会したほぼ全ての人が転職に転職に成功されていますね。

逆に転職できなかった人はどのような理由で転職できなかったのでしょうか?

 

男性 顔入会後、途中で受講を辞めた方やエンジニア職以外をご希望になった場合等があります。

 

インタビュアー受講生は大体どれくらいの期間で転職しているのでしょうか?

だいたいで構いませんので転職活動の平均期間について教えてください。

 

男性 顔平均で1ヶ月ほど、長くても2ヶ月以内で転職を決められる方が多いですね。

 

インタビュアー転職サポートでは転職先の紹介も行なっているのでしょうか?

 

男性 顔はい、行っております。

その他にも、エンジニア就職に関するセミナー、面談でのキャリア相談、履歴書や職務経歴書の作成支援、ロープレによる面接対策があります。

また基本的にキャリアアドバイザーが教室にいつでもおりますし、Slack(チャットツール)で聞くこともできます。

 

インタビュアー転職サイトなどを使って自力で転職する人もいるのでしょうか?

 

男性 顔中にはいらっしゃいますが、苦戦されている人が多い印象です。

 

インタビュアースクールではWeb開発系の言語を学習しますよね。転職先もWeb系企業へ行く人が多いのでしょうか?

 

男性 顔ご認識の通りです。受託含め8割前後がweb系企業に転職されています。

 

インタビュアーインターネットでテックエキスパートの情報収集をしました。

人気のプログラミングスクールですね。最後に人気のスクールである理由を教えてください。

 

男性 顔他社様とは目指しているものが違うから、サポートの質も徹底的にこだわっている点が評判で良い評価を頂いている理由なのではと考えております。

「プログラミングを学習してエンジニアになってほしい」というのはあくまで手段です。

エンジニアという職を通して人生を楽しく、より豊かになってほしいという姿を実現するためにサービスを提供しております。

弊社には受講生をサポートするスタッフがいるのですが、「スタディコーチではなくライフコーチ」と言う考え方を大切にしております。

「何を成し遂げたくて、プログラミングを学ぶのか?」

「どんな人生をおくりたいのか?」

そういったことを一緒に考え、モチベーションを高めていきます。

プログラミングを学ぶだけなら他社でも学習することは可能です。

ただ、プログラミングを通じて人生を変えたいなら、TECH::EXPERTの受講を是非ともご検討頂きたいと考えております。

 

【テックエキスパート】

プログラミングスクールを卒業して実際に転職した人たちの体験談

このサイトではプログラミングスクールを実際に受講した人に体験談を寄稿頂いたりしています。

その中から、卒業後にエンジニア転職した人の事例を簡単にご紹介します。

飲食店のアルバイトからWeb制作企業へ転職

元々は飲食店でアルバイトをされていたY・Iさん。

TECH::CAMP(テックキャンプ)というプログラミングスクールを卒業して、現在はWebディレクターとしてお仕事をされています。

テックキャンプではWebアプリ開発が学べるコースを受講。1ヶ月間で基礎学習からオリジナルアプリ開発まで出来ました。

work computer
テックキャンプの評判・中身を受講者に全部聞きました【価値あり】

目次1 TECH CAMP(テックキャンプ )の評判・カリキュラムを実際の受講者にインタビューしました1.1 TECH CAMP(テックキャンプ)を受講したY.Iさんのプロフィール2 受講者にインタビ …

続きを見る

未経験からWebシステム開発の企業へ転職

プログラミングを学ぶ前は営業職をされていたH・Fさん。

Tech Academy(テックアカデミー)というオンラインスクールを卒業してWebシステム開発の企業に転職しています。

現在は転職した企業をやめてフリーランスとして活躍されているようです。

H・FさんはWebアプリ開発が学べるコースを受講。8週間の学習で『TwitterのようなSNSアプリ』『掲示板アプリ』などを開発することが出来ました。

手 光
テックアカデミーを受講した感想【メーカー営業職の人生が変わった話】

テックアカデミーに実際に通っていたフリーランスのH・Fさんに体験談を書いて頂きました。 H・Fさんはテックアカデミーを受講して人生がガラリと変わった貴重な経験の持ち主です。テックアカデミーを検討してい …

続きを見る

塾の先生からITベンチャーに転職

転職する前は塾の先生をされていたM・Fさん。

Tech Academy(テックアカデミー)を卒業したあとはITベンチャー企業でアルバイトとして働き始めました。

理由は「まずは現場で働くことが大事だ」と考えたからだそうです。結果的にそれが功を奏して、なんと1ヶ月後に正社員になることができました。

現在はWeb制作からマーケティングまで幅広い仕事を任されているようです。

Webデザイン ワイヤーフレーム
テックアカデミーの体験談。ITベンチャー企業に転職した事例を紹介

ITベンチャー企業でマーケターをしている男性にTech academy(テックアカデミー)の体験談を寄稿していただきました。 「テックアカデミーを受講したあとはどうなるの?」「転職先は?」と気になって …

続きを見る

プログラミングスクール経由で転職した人たちの口コミ・評判

 

 

 

 

プログラミングスクールの転職支援/保証の仕組み

プログラミングスクールの転職支援サービス

転職支援はキャリア相談や面接対策、転職先の紹介などが主な支援内容になります。

仕組みを解説するために、ここではスクールを運営する企業をざっくり3パターンに分けて解説します。

  • 教育サービスをメイン事業としている会社
  • 転職・人材紹介サービスをメイン事業としている会社
  • IT・Webサービスを提供している会社

『転職支援』というサービスを思い浮かべた時に、転職・人材紹介をメイン事業にしている会社は分かりやすいですね。自社のお客様(転職先)をスクール受講生に紹介する形になります。

残りの2パターンの会社は自社で転職案件を保有していません。なので外部の転職エージェントや人材サービス企業と提携して転職支援を実施しています。

平行して転職サイトなどを利用してご自身でも転職活動した方が良いでしょう。

転職候補になる企業は多い方が良いです。

プログラミングスクールの転職保証サービス

転職保証サービスの特徴は以下の2点です。

  • エンジニア育成のための濃密なカリキュラム
  • 転職できなかったら全額返金

転職保証サービスでは、エンジニアとして確実に転職するための濃密なカリキュラムを提供します。

カリキュラムと転職支援に自信があるため『転職できなかったら全額返金』という制度も設けています。

ただし、せっかくの良いカリキュラムもやらなければ意味がありません。

なので「この人は本気で転職する気があるか」「プログラミング学習するための時間が取れるか」などを確認するための面接があります。

その面接に合格したら入会という流れですね。

ちなみに転職保証サービスを提供しているテックエキスパートでは、転職成功率98.5%という実績があります。

転職保証サービスは本気でエンジニアを目指す人にはもってこいのサービスです。

 

【テックエキスパート】

【無料あり】転職にオススメなプログラミングスクール

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

未経験から技術で稼げるプロフェッショナル人材へ | テックエキスパート

テックエキスパート

テックエキスパートは転職保証サービスがあるプログラミングスクールです。

転職成功率は98.5%。ほぼ100%エンジニア転職しているという実績があります。

もし転職できなかったら全額返金する制度を設けています。

短期 集中スタイル(10週間)と夜間休日スタイル(6ヶ月)のどちらかを選択することができます。働いている人も夜間休日スタイルなら無理なく受講できそうですね。

HTML、CSS、Ruby on Railsと言ったWeb開発系の言語をメインに学びます。その他に設計方法やサーバーの扱い方など実務で必要な知識も学べます。

ちなみに保証なしのプログラミング学習サービスも提供しています。こちらはTECH::CAMP(テックキャンプ)という名称で運営しています。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP | 公式サイト

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPも転職保証サービスを提供しているプログラミングスクールです。

転職成功率は98%という実績があり、ほぼ100%の受講生がエンジニア転職に成功しています。

受講完了して3ヶ月以内に転職できない場合は全額返金する制度を設けています。万が一転職出来なくてもお金面での損はないですね。

学習期間は3ヶ月で、HTML、CSS、RubyなどのWeb開発系の言語を学びます。学習後の3ヶ月間は転職サポートがあります。

転職保証の無い『ビジネス教養コース』も提供していて、こちらは1ヶ月単位での受講が可能です。

プログラマカレッジ(プロエンジニア)

20代のエンジニア転職ならプログラマカレッジ | プロエンジニア

ProEnginner プログラマカレッジ

プログラマカレッジは無料でプログラミングが学べるスクールです。

無料と聞くと「何か裏があるんじゃないか?」「あやしい」と思ってしまいますよね。

プログラマカレッジは提携するIT企業の協賛金で運営しています。無料の代わりタダ働きが待っているなんてことはありませんのでご安心ください。

ただし、受講するための条件が3つあります。

  • 転職・就職の意思があること
  • 30歳未満であること
  • 関東圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)に住んでいること

この条件をクリアした人なら受講することができます。

受講期間は2〜6ヶ月ほどで、Javaという言語メインに学びます。

興味のある人は以下の記事もご参照ください。

business-5-tn
プログラマカレッジの就職先を調査【ブラック企業はあるの?】

「未経験からプログラミングを学んで就職・転職をしたいけど、スクールの料金が高すぎて負担に感じてしまう。。」 「プログラマカレッジは完全無料で受講出来るらしいけど、ブラック企業へ強制的に就職されられるん …

続きを見る

Tech Academy 転職保証コース

TechAcademyエンジニア転職保証コース | 公式サイト

テックアカデミーの無料体験ページはこちら

テックアカデミー 転職保証コース

Tech Academy(テックアカデミー)は完全オンラインのプログラミングスクールです。

教室に通う必要がありませんので『近くにスクールが無い人』、『通える時間が取れない人』にピッタリのスクールと言えるでしょう。

受講後6ヶ月間の転職サポート期間があり、この期間に転職できなかったら全額返金されます。

テックアカデミーでは転職保証を受けるための条件があります。以下の条件をクリアできる人が保証を受けることができます。

  • 30歳以下であること
  • 受講後は東京勤務が可能であること
  • 300時間の学習時間が確保できること

などがあります。その他にも2〜3つほど細かい条件がありますので、詳しくはTech Academy公式サイトを参照ください。

学習時間は12週間で、JavaをメインにWebアプリ開発の手法を学びます。

 

【テックアカデミー】

Dive Into Code

DIVE INTO CODE | 公式サイト

DIVE INTO CODE

Dive Into Codeはキャリア支援に手厚く、転職・起業サポートに力を入れているスクールです。

コースは以下の3つがあります。

  • Webエンジニアコース(就職達成プログラム)
  • Webエンジニアコース(新規事業創造プログラム)
  • 機械学習エンジニアコース

「就職達成プログラム」と明記している通り、就職・転職に対して責任の持ち方が高いスクールです。実際に「プロとして羽ばたくことができるまで、私たちは向き合い続けます。」と名言しています。

かっこいいですね。

『就職達成プログラム』の期間はフルタイム(4ヶ月)とパートタイム(10ヶ月)のどちらかを選ぶことができます。

フルタイムの方は日中の時間帯に勉強するので社会人や学生の方は難しいでしょう。

学べる言語はHTML、CSS、RubyなどのWeb開発系の言語です。実際の開発に必要なツールの使い方も学ぶことができます。

受講スタイルの基本は自習形式で、隔週(土曜or日曜)に講義形式の授業があります。チーム開発も経験できるため実際の仕事に近い体験をすることができます。

プログラミングをしっかり学んで、長期目線で転職を考えている人にはオススメのプログラミングスクールです。

 

【Dive Into Code】

転職時のプログラミングスクールの選び方

確実にエンジニア転職したい人は転職保証のプログラミングスクールがオススメ

本気でITエンジニアになりたい人は転職保証のプログラミングスクールがオススメです。

先ほど紹介したテックエキスパート、DMM WEBCAMP、Tech Academy転職保証コースですね。

プロのITエンジニアになるために結構ハードなカリキュラムをこなします。その分、スキルと実力が付きますので転職先でも通用する力を付けることができます。

転職成功率もほぼ100%ですので、カリキュラムを修了することができれば間違いなくエンジニア転職できるでしょう。

費用を抑えて転職したい人は無料のプログラミングスクールがオススメ

転職保証のプログラミングスクールは上で提示した通り料金が高いです。

「カリキュラムとサービスがしっかりしている」「実績がある」「保証がある」ため上のような料金体系です。

とはいえ高いですよね。

ギリギリで生活している人には厳しい金額です。そんな人には無料のプログラミングスクールをオススメします。

先ほど書いた通り、条件を満たしていれば特に大きなデメリットが見当たりません。しいて言えば学べる言語が限られていることでしょうか。

お金はないけど勉強してエンジニアになりたいという人にはオススメの選択肢です。

就職活動する前の学生にもオススメです。

近くに納得のいくスクールがない人はオンラインスクールがオススメ

ITエンジニア需要の高まりもあって、都内では乱立状態です。

ただ、「エンジニアになりたい」という人も増えてきているため、どのプログラミングスクールも活況のようですね。

一方で、地方ではプログラミングスクールは不足していて、大手企業のフランチャイズや大学などでしか学べないのが現状です。

「現役エンジニアから学べるスクールっていいよな」

「けど東京にしかないんだよな。。」

こんな感じで納得のいくスクールが見つからない人も多いかと思います。

そんな人にはオンラインスクールがオススメです。オンラインスクールのいくつかは現役エンジニアが講師になってサポートしてくれます。

現役エンジニアなのでスキルがあって開発ノウハウも豊富です。

実務で役立つ知識も一緒に学ぶことができるでしょう。

 

プログラミング言語で考える転職市場(人気の言語は?)

この記事の読者は転職・キャリアチェンジを目的にプログラミング言語を学びたいと思っている人が多いと思います。

転職が目的なので転職しやすい言語を把握しておきたいところですよね。

ここでは、転職とプログラミング言語の関係性についてご説明したいと思います。

企業でよく利用されている言語は就職しやすい

世の中であまり利用されていないプログラミング言語は転職・就職に不利です。

利用されていないので求人募集の数が少ないからですね。

よく利用されている言語を学んでおくと更に次の転職でも役立ちます。求人の母数が多いですし、そもそも世の中で需要のある言語です。言い方はあれですが「潰しが効く」という状況が作れます。

「希少性の高いプログラマーを目指したい」と思う人もいるかもしれませんが、よく利用されている言語の中で差別化を図りましょう。

『Javaが得意だけどその中でもスマホアプリ開発が得意』といった感じですね。

参考: 日本のプログラミング言語ランキング

以下はビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」が調査した情報です。

プログラミング言語別の年収ランキングです。

ただ、年収はちょっと横に置いて『求人数』に着目して欲しいと思います。

年収が高くても求人数が少ないと転職しづらいですからね。

参考: 求人検索エンジン「スタンバイ」調べ

1位: GO
・平均年収: 600万円
・最大年収: 1,600万円
求人数: 2,202件
2位: Scala
・平均年収: 600万円
・最大年収: 1,300万円
求人数: 1,489件
3位: Python
・平均年収: 575.1万円
・最大年収: 1,499万円
求人数: 9,344件
4位: Kotlin
・平均年収: 575万円
・最大年収: 1,200万円
求人数: 961件
5位: TypeScript
・平均年収: 575万円
・最大年収: 1,200万円
求人数: 667件
6位: R
・平均年収: 574.8万円
・最大年収: 1,000万円
求人数: 220件
7位: Ruby
・平均年収: 550万円
・最大年収: 1,200万円
求人数: 11,676件
8位: Swift
・平均年収: 550万円
・最大年収: 1,200万円
求人数: 3,353件
9位: Perl
・平均年収: 525万円
・最大年収: 1,200万円
求人数: 4,509件
10位: C
・平均年収: 525万円
・最大年収: 1,000万円
求人数: 9,347件
14位: Java
・平均年収: 500万円
求人数: 34,000件

 

日本で大人気のJavaは年収ランキングでは14位で10位以内に入ることができませんでした。

ただ、求人数はぶっちぎりの1位ですね。

最初のエンジニア転職時は年収に惑わされず言語を選んでみてください。

エンジニア転職では自社開発サービス・製品がある会社を狙おう

IT企業をザックリ分類すると3つパターンにわかれる

IT企業と一言で言っても、『お客様から依頼されたシステムを作る企業』『自社開発したアプリやサービスを販売する企業』などいろんな業態があります。

ここでは、IT企業の業態をザックリ3つに分類して説明したいと思います。

システム開発企業

システム開発企業は企業の業務システムを構築するのが主な仕事です。

業務システムというのは、『給与計算システム』『物流管理システム』『銀行の取引システム』のようなシステムのことですね。

いわゆるSEと呼ばれている人たちはこちらの業態に入ります。

基本的に顧客先に常駐して仕事をします。顧客の要件・運用に合わせてシステムを構築する必要があるため、個人のアイディアや自由度は低いです。

ビジネスモデルは『顧客のために働いた時間 × 時給』です。とても分かりやすいですね。

ただ、『人を集めて現場に送り出してしまえばお金が入ってくる』ので人材派遣のようなことをしている会社も多いです。

とはいえ『チームで仕事ができる』『SES※なら転職しやすい』というメリットがあります。スキルアップする・経験を積むという目的なら良い環境だと思います。

※SES(システムエンジニアリングサービス): 技術者の労働力を提供する業務委託契約の一種

Web系企業

Web系企業は自社開発したアプリやサービスをインターネット上で提供する企業です。

LINEや楽天を思い浮かべるとイメージしやすそうですね。

いわゆるベンチャー企業に多い業態です。作ったサービスが当たれば大きな売上を獲得できますが、軌道に乗るまでは安定性がないんですね。

システム開発企業は『顧客のために働いた時間』が企業の売上になりますが、Web系企業は働いた時間に対して顧客はお金を払ってくれません。

作ったサービスを利用し続けてもらうことでお金が入ってきます。

いっけん華やかな業界に見えますが結果にシビアな業界でもあります。

とはいえエンジニアとして任される範囲も広く、働きやすく自由な雰囲気がある企業が多いです。

前述の通り結果を出し続けないといけないため、自然と鍛えられることが出来ます。

サーバー提供/保守運用

企業や個人向けに『サーバーの提供』『サーバーの維持保守サービス』を提供する企業です。

ホームページのレンタルサーバーというとイメージしやすいと思います。

現在はクラウド上にアプリケーションを入れて業務に必要な機能を提供する企業も増えてきました。

システムやサイトを開発するというよりもサーバーの運用や保守が中心となります。

エンジニア転職で自社サービス・製品がある企業をオススメする理由

『エンジニアとして成長できる』

自社サービス・製品がある企業をオススメする一番の理由です。

もちろんSESでも成長できる環境はあります。ただ、開発できる・コーディングできる範囲が限られていて、裁量度が低いです。

ある機能を考えて、開発して、世の中に提供するところまで経験できるのは自社サービスがある会社です。

ただ、その分エンジニアとして求められるスキルも高いですので『転職するためのハードルが高い』とも言えます。

転職でプログラミングスクールを受講するときに気をつけること

プログラミングスクールに依存しない・甘えない

プログラミングスクールは教育サービスです。

英会話スクール、もっと言うと高校や大学と同じです。勉強した人は力が付きますし、サボった人はスキルが身につきません。

「お金を払ったんだから転職させてくれるんでしょ」

「お金払えばスキルを身に付けさせてくれるんでしょ」

というような感じで依存的になると失敗しますし、悪い思い出しか残りません。

自分が主体になって率先して動いていきましょう。

ただし、『チャット質問のレスが悪い』『講師の態度が悪い』などの意見は運営側にガンガンあげて行きましょう。

申し込み〜受講開始の間に独学でプログラミングをやってみる

申し込みして即開始になるスクールは少なく、受講開始までに間が空くケースが多いです。

この間の期間に独学で予習しておくことをオススメします。

なぜ予習がオススメかと言うとスタートダッシュが切りやすいからですね。講師に質問したいことも明確になります。

スクールによっては受講の開始前でもカリキュラムを解放しているところがあります。そうでない場合はProgateドットインストールでの予習をオススメします。

どちらも「これ無料でいいの?」と思えるコンテンツです※。

自習・予習にぜひ活用ください。

※有料版もあります。

30代のIT未経験者がプログラミングスクール経由で転職するには

30代になるとキャリアチェンジの転職が難しいと言われています。

同じ未経験なら20代を採用しますし、会社が30代に求める能力・職務があるからですね。

無料のプログラミングは30歳未満を必須条件にしています。転職保証のスクールも30歳未満を条件にしているところが多いです。

そんな中、テックエキスパートは30歳以上でも受講可能な転職保証付きのスクールです。

「入会するための選考は厳しくなる」と明記していますがそこは意気込み次第。

「学習時間がちゃんと確保できる」「本気でエンジニア転職したい」という熱意があれば入会できる可能性はぐんと上がると思います。

それ以外の方法でオススメなのは正攻法で転職することです。

プログラミングスクールでみっちり学んで、転職サイト・エージェントを利用して自力で転職する方法ですね。

というのもIT業界は空前の人手不足です。どの企業も人材を欲しがっているという人材市場でのメリットがあります。

ポートフォリオ(自分で開発したサービス・サイト)をブラッシュアップしつつ、自分の能力や経験をアピールしましょう。

この記事で紹介した転職に強いプログラミングスクール

 

テックエキスパート
・受講形式: 通学 or オンライン
・料金: 598,000円
・場所: 渋谷校(東京)、心斎橋校(大阪)、名古屋校
・公式サイト: テックエキスパート | 公式サイト
DMM WEBCAMP
・受講形式: 通学
・料金: 598,000円
・場所: 渋谷校(東京)
・公式サイト: DMM WEBCAMP | 公式サイト
プログラマカレッジ
・受講形式: 通学
・料金: 無料
・場所: 東京都千代田区三番町1-1
・公式サイト: プログラマカレッジ | 公式サイト
Tech Academy 転職保証コース
・受講形式: オンライン
・料金: 298,000円
・公式サイト: Tech Academy | 公式サイト
・無料体験: Tech Academy 体験申し込みページ
Dive Into Code
・受講形式: 通学orオンライン
・料金: 498,000円 + 100,000円(入会金)
・場所: 東京都渋谷区円山町28−4
・公式サイト: Dive Into Code | 公式サイト

 

-転職

Copyright© ピーエスワン , 2019 All Rights Reserved.